ピクシブ百科事典

クーラ・ダイアモンド

くーらだいあもんど

SNKの対戦型格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS』のキャラクター。
目次[非表示]

概容

『2000』から登場した【ネスツ編】におけるヒロイン的存在。K'と同様にネスツによって改造された強化人間であり、偶発的に生まれた氷の力を操る少女。美しい容姿とは裏腹に、精神は改造の影響で幼いままとなっている。シリーズを通して安定した操作性能と、ファンからの根強い人気を獲得している『KOF』シリーズのアイドル。

プロフィール

格闘スタイルアンチK'アーツ
出身地不明
誕生日5月29日
年齢14歳 (※1)
身長169cm (※2)
体重48kg (※2)
スリーサイズB81/W57/H83
血液型不明
趣味(2000,XI)キャンディー(※3)に落書き
  (2001,2002,MI2)キャンディー(※3)修復のパーツ集め
大切なものキャンディー(※3)
好きな食べ物いちごシャーベットペロペロキャンディー
嫌いなもの人ごみ、
得意スポーツスケート
cvかかずゆみ


家族構成

保護者フォクシーダイアナ
トモダチキャンディー(※3)
同行者K'ウィップ(セーラ)、マキシマ


(※1)KOFにおける年齢は14歳だが、恋愛SLG『Days of Memories 〜僕と彼女と古都の恋〜』(DoM7作目)では18歳である(身長は同じ)。
(※2)KOFにおける身長は169cmだが、恋愛SLG『Days of Memories〜僕と彼女の熱い夏〜』(DoM1作目)では身長が159cmと、KOF本編より10cm低く設定されている。しかし、体重は49kgと1kg増えている。
(※3)『』のことではなく、彼女のボディガードとして製造された女性型のアンドロイドのこと。初出の『2000』で、クーラの身代わりとなって壊れてしまい、『XI』で復活を果たす。しかし、『MI2』で再度趣味が変更されていることから、ハイデルンからの任務中に再び壊れてしまったと推察される。

人物

「ネスツ編」(『'99』 - 『2001』)におけるヒロイン的存在。
『2001』が初出と思われがちだが、『2000』で隠れ中ボス隠しキャラとして参戦している。

秘密組織ネスツによって生み出された改造人間。
ネスツ編における主人公であるK'に対するの能力を用いた「アンチK'アーツ」で戦う。
本来は『対K'』のために投入される予定だったが、組織から逸脱したクローンゼロの叛逆を収めるべく、クローンゼロ抹殺のために先んじて活動を開始させられる。
『2001』までは組織ネスツに従属していた(正確には保護者であるネスツ上級幹部のダイアナ・フォクシーの言いつけで戦っていただけ)が、組織の壊滅に伴いK'とマキシマと行動をともにしている。この辺りついては、裏でウィップが動いてくれたことが大きい。その関係か、ウィップとは仲がいい。

CMアイキャッチ1
けーくー


最初はK'を嫌っていたが、『2001』において自分の命を救ってくれた恩もあってか、和解して以後は実ののように慕っている。

どういうわけか、鎮元斎とはメル友となっている。

クリスとは同い年でありに「クリスにお似合いの子を見つけた」と言われている。

容姿・性格

クーラにくらくら


普段は栗色の髪だが、能力を開放した時は髪の色が水色へと変化する(その際髪留めが外れ、小説版では瞳の色もからへと変化)。体格は特に身長が格ゲー業界の同年代の女性キャラと比較してかなり高めに設定されており、その関係でスタイルも良い。
戦闘時こそ寡黙で冷徹だが、普段は無邪気で活発な女の子である。ネスツの改造手術による副作用のため、精神部分に弊害が及んでおり、外見や実年齢よりも精神的に幼い。

能力

「ホントにしらないよ…」

アンチK'アーツ

ネスツ驚異の科学力により、『草薙の炎』を反転させた氷結の能力『アンチK'アーツ』を仕込まれている。
K'が右手からしか炎を操れないのに対し、クーラは両腕から冷気を放出することが可能であり、能力制御用のグローブも両腕に装着している。K'と違い、口から冷気を吐いたり、ダッシュ時に足元を凍らせてスケートのように移動したり、色々できるようだ。フルパワーなら周囲一帯を瞬時に極寒の空間へと変貌させることができる。


性能

典型的な波動昇龍タイプ。SNKでよくある『主役より脇役の方が使いやすい』現象の典型例といえるキャラでもある。
初心者から上級者まで一貫して扱いやすく、ほとんどの技が工夫次第でいくらでも化けるという良性能で統一されている。ほぼすべてのシリーズを通して、ダイアグラムでは強キャラ地位を保持し続ける、氷の女王様。

その他

ラ☆カチョーラ

そんな愛されまくりな彼女だが、やはりそこはSNK、訳の分らんことを彼女にもしでかしている。
その最たるものが『〜2002UM』と『NW』で登場した超必殺技『ラ☆カチョーラ』である。
投げ判定技で、まずクーラが相手の背中に乗っかりその場で膝立ち、さらにダイアナ、フォクシー、キャンディーが駆けつけて相手を取り囲む。そして…
(ク)「ハイハイハイハイ(∞)!!」(腕を振って大きく手拍子)
(他)「ラ☆カチョーラ!!(キリッ」(ビシッと決めポーズ)

ふしぎなおどりを披露する。

超必殺技にしてはダメージがかなり控えめだが、代わりに相手のパワーゲージを1本分削るという追加効果がある。
大将がお大尽キャラの場合など、状況によっては非常にうざったい技であり、クーラのゲージ溜め能力の高さのおかげで単純なゲージ1本交換以上の効果を持つ。
食らうとだいぶイラッとする。無論発動に際してのリスクも少なくは無いのだが…。

2002以外ではMAX超必殺技(ゲージ2本消費の上級超必殺技)扱いという仕様のせいで実用性に乏しいはずだったのだが、クーラの天真爛漫なキャラにハマったらしく狙ってみるクーラファンはいるとか。


関連タグ

KOF 
K' - 元・抹殺対象、現・お兄ちゃん
マキシマ - おいたん 
ウィップ - お姉ちゃん 
ダイアナ - 保護者 
フォクシー - 保護者
公式が病気 - ラ☆カチョーラに関して

関連イラスト

くーら


アンチK'アーツ
クーラ・ダイアモンド


クーラ♦ダイヤモンド
暑い...


ホントにしらないよ
クーラ、がんばる!

pixivに投稿された作品 pixivで「クーラ・ダイアモンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7035054

コメント