ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 最大限という意味を持つ英語の【maximum】の複数形。
  2. SNK対戦型格闘ゲームTHE KING OF FIGHTERS』のキャラクター。本項で解説。
  3. セガのRPG『シャイニング・ハーツ』のキャラクター「黒衣の導き手・マキシマ」
  4. 日産自動車が製造・販売する自動車→日産・マキシマ

『KOF』のマキシマ

「行くぜ相棒…」

概要

格闘スタイル“M式”格闘術
出身地カナダ
誕生日3月2日(29歳)
身長204cm
体重219kg
血液型A型
趣味バイクツーリング
大切なもの モミアゲ
好きな食べ物 甘いもの全般(イチオシはマンゴープリン、スフレロール)
嫌いなもの納豆、意見を求める人
得意スポーツ ラグビー
cv小西克幸

人物

『KOF』シリーズ『'99』から登場。本作より始まる「ネスツ編」の主人公、K'の相棒キャラ。


裏社会で暗躍する秘密組織「ネスツ」に友人を殺され、その復讐のためにネスツに潜入し、『プロジェクトK』以前に研究されていた『プロジェクト"M"』の被検体として自ら改造手術を受けてサイボーグとなる。

そして「KOF'99」でK'とともに大会に参戦し、自分たちを抹殺しようとしてきた幹部クリザリッドを返り討ちにして、組織から脱走する。その後、K'とともにネスツ壊滅のための活動を開始する。


本名は改造される前に捨て、現在の「マキシマ」というコードネームは体内に内蔵された動力炉「マキシマ・リアクター」 と、その開発者・巻島博士の苗字、MAXIMUMの複数形であるMAXIMAをかけた名を名乗っている。


K'とはネスツ時代からの良き相棒で、何かと短気で陰気で気難し屋な彼の行動を諌めたり愚痴を聞いてやるのが一番の役割でもある。その後、クーラ・ダイアモンドも加わり、二人に振り回されながらも、すっかり二人の保護者が板についてしまっている。

見た目が見た目なのでクーラから「おじさん」といわれ、さらには10歳上のラルフにまで「ごついオッサン」とまで言われる始末。クーラならわかるが年上のおっさんにおっさん呼ばわりされるなんて…


性格は理知的ながら義理堅い人情家でもあり、いざという時に頼りになる

KOFのノベライズ版を担当した嬉野秋彦いわく「マキシマがいないとK'たちは何も出来ないと言っていいくらいに便利な大男」「無骨そうだけど実はインテリってキャラは割と好きです」と評した。


大の甘党であり、横から見ていて胸焼けを起こしそうなほど甘いものを多量に摂取することもしばしば。実際大量のパフェを平らげて紅丸真吾を胸焼けにさせているだけでなく、その影響で相棒K'がとうとう甘いもの嫌いになってしまう

逆にはあまり好きではない…というかサイボーグゆえに酔いが回る前にアルコールが分解されてしまうという悩みをキングにこぼしている。

また、嫌いなものに納豆が挙げられているが、その理由は本人曰く『あんなもの貴族の食うもんじゃない!』。お前は何を言ってるんだ(そもそも貴族なのか?)。

ん? じゃ甘納豆はどうなんだって? 知らん。


趣味のバイクツーリングについては、公式イラストでもちょくちょくアメリカ製のSUPER-Xを乗り回す姿が確認できる。

明らかに適正な体重をぶっちぎってる気もするのだが、まあほぼ市販仕様のワルキューレルーンに乗ってる鬼(156kg)とかもいるのであんまり気にするな(見た目には分からん独自チューンが施されてるのかも…)。


ネスツ壊滅後は、ウィップとの縁でハイデルンからの依頼を受けたりして食いぶちを繋いでいる。

…が、銀行ハッキング等の裏街道まっしぐらな方法でも稼いでいるらしく、流石に『XIV』のエンディングではお叱りを喰らった。

『MI』では体の調子が悪くなってきており、自分を改造した巻島博士の行方も捜査している。


アメスポチームブライアン・バトラーと体格が似ているため、ブライアンがサイボーグ化した姿なんじゃないのかという声が挙がっていた。


能力

を除いた全身の8〜9割を機械に改造したサイボーグであり、全身の至る所に武器や計器を内蔵している。

目には測定器、腕にはキャノン砲、胴体にはビーム砲とミサイルなど、まさに全身重火器。


こんな状態でよく格闘大会に出場できたものだが、『大会の規定にサイボーグの出場禁止はない』という強引な手段を使って出場している。

ドス爆弾など使ってる連中は確かに少なからずいるが、その辺りとはレベルが違う、明らかに大量破壊兵器を使ってくるマキシマは本当に参加して大丈夫なんだろうか……

そもそもサイボーグである時点で防御力が生身の人間とは違わないか?という疑問もある。ゲーム上は生身の出場者と大差なくダメージを受けてはいるが。


サイボーグである事を棚に上げて、ビリー・カーンに「棒は反則」などと言っているが、「お前こそ反則じゃ!」と返されている。


性能

その巨体を生かした接近戦主体のパワーキャラであり、ガード効果のある当たり判定"ガードポイント"を盾にゴリ押しで攻めることができる。

その一方で変則的な動きも多いため、相手の出方で動きを変える必要性にも迫られる。

シリーズを通して扱いやすいキャラとして設定されるものの、決してお手軽強キャラとならないシビアな性能を持つ。


当初大門五郎と入れ替わりに登場した彼だが、コマンド投げの性能はそう高くなく、チャン・コーハンのようなパワーで押し切れるキャラでもないため、大門と共演した作品では全般的に低性能扱いを受ける。


『XIII』以降は技の構成や演出が大きく変化。

『マキシマリベンジャー』を始めとした投げ技関連がなくなったかわりに『ベイパーキャノン』のバリエーションが大量に追加され、よりサイボーグらしさを前面に押し出したスタイルとなった。

その他

モンゴリアン

一部の人達からモンゴリアン、モンゴリの愛称で知られている。


原因は特殊技の『モンゴリアン』。

発動すると、両手で相手の鎖骨をめがけてチョップを放つモンゴリアンチョップを放ち、同時に「モンゴリアン!!」の掛け声が入る。さらに、ここから超必殺技『マキシマリベンジャー』をキャンセル発動させるとセリフが被って「モンゴリベンジャー!!」となってしまう。

(なお、『KOF』では普通にコマンド投げが連続技に出来るので、ガチ運用でも十分使えるネタである)


ネタとしてはそれなりの認知度しかなかったのだが、突如出現したMADネタからモンゴリ中毒者が続出するという異常事態が発生。以後、瞬く間に彼はモンゴリとして認知されるに至った。さらに別方面でこれだけが独立してキャラクター化するまでになる。

昨今は当人も殴り込みをかけてしっかりと活躍しているため、ネタとしてはやや風化しつつある。

※これは公式ではなく二次ネタであり、その手のネタを嫌う人もいるので雰囲気を読むように心がけましょう


ちなみに近年のご本編では仕様の大幅変更に伴い、モンゴリアンは使用しなくなってしまっている。


パロディの宝石箱や〜

元ネタはSNKが過去に開発したベルトスクロールアクション「ロボアーミー」のキャラクター「マキシマ」。アテナや怒チームのように過去のSNK作品からのゲストキャラクターを出そうという意図だったのだが、試行錯誤の末に名前だけしか残らなかったという。

「友の仇を討つために、敢えて友の仇の組織に入って改造されて力を得る」というストーリーは『仮面ライダーストロンガー』のオマージュと思われる。

また、超必殺技の「マキシマリベンジャー」は『キン肉マン』に登場したキン肉王家三大奥義の一つである「マッスルリベンジャー」のオマージュであり、

さらに全身からミサイルと巨大ビームを撃つ『2002UM』からの新MAX2超必殺技「エンドオブワールド」は、名前もまんまに『仮面ライダー龍騎』の登場ライダーの一人である仮面ライダーゾルダファイナルベントと、

彼一人を見まわすだけでも相当のパロディに溢れている。


関連タグ

SNK KOF

サイボーグ

K' ウィップ クーラ・ダイアモンド

ブライアン・バトラー

ラルフ・ジョーンズ やたら絡みがある(『'99』でのSPエディットチームメイトでもある)

関連記事

親記事

ネスツ ねすつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1234667

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました