2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「アンヘル様はアンチェインなのにゃ~。誰もつなぎ止めておくことはできないもんネ!」

プロフィール

初出作品KOF2001
格闘スタイルてきとー♥
出身地メキシコ
誕生日3月6日
年齢19歳
身長168cm
体重書いたら×す
スリーサイズB:92 W:60 H:89
血液型O型
趣味50ccのバイクいじり、ライブ
大切なものヴィンテージB-3、デッキコート、P・Dシリーズの服
好きな食べ物テキーラ、サボテン刺し
嫌いなものギャンブル
得意スポーツサッカー(主にキーパー)
CV冨永みーな(2001)、新谷真弓(2002、PS2版NEOWAVE、2002UM、君はヒーロー)、小椋美輝(KOF XIV、XV)


人物

犯罪組織ネスツの改造人間。露出の多い戦闘服に身を包んだグラマラスな女性。
おちゃらけた性格で台詞はエロティックなものが多い。
同僚のK9999は相棒であり親友である。
名前はメキシコの公用語であるスペイン語で天使の意。

一見して何処を改造されたか判りづらいが、彼女の場合は筋組織をバイオテクノロジーで弄られており、常人以上の身体能力とパワーを有する。
反動で体重が外見よりかなり重いらしく、プロフィールの体重の項目に殺意剥き出しなのはコレが原因。乙女の秘密は命より重い。
小説版『2001』によると、その色香と幼児的な性格を女の武器として最大限利用し男性ターゲットに近づき、素手による要人暗殺任務を遂行していたという設定が述べられている(本人には自覚が薄かったが)。

主な活動

『KOF2001』ではK9999、クーラ・ダイアモンドフォクシーと「ネスツチーム」を組んで出場したが、他のチームストーリーでは中間デモでフォクシーとクーラを裏切りフォクシーに不意打ちで重傷を負わせている。ラスボス戦後は、自由の身となった二人は暴れ回りネスツ本拠地崩壊の混乱の中でK9999と共にネスツから離反して残党から追われる身となり消息不明となった。

『XIV』ではメキシコチームとして参戦。メンバーにはラモンキング・オブ・ダイナソーが加わる。ネスツ離脱後はK9999と別れて、残党組織の関係者から追われる身となっており、金を稼ぐために参加したプロレスの興行で共演したラモンに(駄目元で)チームに誘われ、退屈しのぎとして大会に参加した。本人の性格(『XIV』では性格がいくらか落ち着いているが)もあってか境遇に深刻さはなく、チームメイトの2人とも仲が良い。
対して元ネスツの構成員だったクーラとは現在も仲が悪く、シルヴィ・ポーラ・ポーラに対しては「ポンコツ」呼ばわりしている。

『XV』では既にラモン、ダイナソーが前大会の主催者・アントノフにスカウトされ『G.A.W.チーム』に出場することなったが、アントノフの下に2人が招集される前に既にメキシコを発っていたアンヘルはかつての顔馴染みだったクローネンと行動を共にしていた。更に不仲となっていたクーラを誘拐し、クローネンをリーダーとした『クローネンチーム』を結成する。賞金の使い道ついてはバイクの燃料代に回すつもりらしい。

その他の作品の扱い

小説版『KOF2001』(著・嬉野秋彦)ではK9999と共に行動しており、彼にあられもない姿を見せたりもしていた。しかし、K'達との戦闘中にK9999の変形する腕の暴走に巻き込まれて生死不明となる。
作者曰く「K9999の壊れっぷりを強調するために、彼にやられてありえない最期を迎えさせようかと思った」との事。

KOF XIVコミカライズ版『KOF A NEW BEGNINNIG』ではアンヘルは衛星要塞エイダスが墜落後、単独で各地のネスツの基地を壊滅していた旅の途中でラモンとダイナソーに出会った。
善玉プロレスラーがいないことに困っていたラモンが強引にベビーフェイスとしてチームに加入され「正義の天使」という二つ名をつけられた。本人はダサいといいながらも気に入っている。

また漫画版ではネスツ残党組織が登場し、改造人間の体内に埋め込まれた特殊なチップを利用しアンヘルにプログラム『70599』を発動するためにレオナとの試合中に基地から中継する虫型機械から電波を送ってアンヘルを洗脳した。
洗脳されたアンヘルは機械的な動きだが、全身のリミッターが解除されており、改造人間というべき本来の戦闘力を発揮し壁や甲板にクレーター状の亀裂を刻んだ。
アンヘルを止めるためにレオナはオロチの力を解放しストームブリンガーに似た吸収能力でパワーを低下させ追い込むが、観客席まで破壊の波が押し寄せ、アンヘルファンの子供達へ瓦礫が降り注いだ瞬間、レオナとの押し合いを止めて洗脳が解除されていないが、無理矢理肉体を動かして子供達へ降ってきた瓦礫を支えた。
その間に、レオナはイヤリング爆弾で虫型機械を破壊し洗脳解除、そしてアンヘルは観客の声援を受けて瓦礫を吹っ飛ばし子供達を救った。

アンチェイン

ほとんどのキャラクターが何らかの格闘技かスポーツなどを元に戦闘技術を確立しているのに対して、アンヘルの格闘スタイルは「てきとー♥」という異色のものである。特に「アンチェインサークル」と呼ばれるアンヘル特有だったシステム(後の『KOF XI』に登場する桃子に「ももこんぼ」として受け継がれた)は、実際に操作方法も変則的で、繰り出される技の性能にも癖のあるものが多く「てきとー」らしさが感じられる。ただし、いざ操作するとなると「てきとー」では決して勝てない、テクニカルな操作を要求される超ピーキーキャラ。

彼女の技名は全てソウル・フラワー・ユニオンの楽曲から取られているが、膨大な派生技の一つ一つにまでつけられた難解な技名を全部覚えているプレイヤーがいたら大したものである。『XIV』では権利上の問題か単に覚えにくいからか簡略化され、アンチェインサークル技については全て動作をそのまま表したものに変更されている。

また『2002』ではプロレスっぽい動きが散見されるようになり、中でも某最大手超人気選手のセリフや動きが多数含まれるようになった。

センシティブな作品


「とくと味わえーっ、アンヘル様の妙技をー!」
なお、スマートフォン向けアプリ『KOFALLSTAR』で限定イベントWWEコラボガチャで共演が可能となった(現在はイベント終了)

『XIV』では「アセンションタイム」という技が登場。その内容は、跳び踵落としでダウンした相手を相手を引き起こしてボコボコにした後に、相手の頭部を自らの胸に押しつけて からトドメを刺すいう少々過激なもの。

その他

  • 元々は没キャラであった(『'99』や『2000』の頃から案があった)が、担当デザイナーの熱意に押し切られ『2001』にて採用された。

キャラクターデザインは虫姫さま等でおなじみのコタニトモユキ氏。

  • MIシリーズの参戦候補にも挙がっていたらしい。
  • 『2002』では確実に某アニメ影響されたであろうスタッフにより、性格が変貌している。
  • 元同僚で初登場の際は嫌いなものに「天使」を挙げていたウィップとはいかにも因縁がありそうだが、描写された限りでは全くない。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

KOF ザ・キング・オブ・ファイターズ ネスツ編
巨乳 美女 女の子 改造人間

関連記事

親記事

ネスツ ねすつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8425840

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました