ピクシブ百科事典

クリザリッド

くりざりっど

クリザリッドとは、旧SNK(現SNKプレイモア)の格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS(通称KOF、キンターズ)』 シリーズの登場キャラクター。'99におけるラスボスである。
目次[非表示]

プロフィール

格闘スタイル収集した格闘データを、バトルスーツから肉体にフィードバックして闘う(99)、収集した格闘データをもとにしたもの(2001)
生年月日10月23日
年齢29歳
出身地アイルランド
血液型AB型
身長188cm
体重83kg
大切な物部下(99)、オリジナルのゼロ様(2001)
好きな食べ物ライフガード、バターサンドクラッカー(99)、スポーツ飲料(2001)
嫌いな物意味のない会議(99)、チョビヒゲの人(2001)
得意スポーツなし
趣味有名人のクローンコレクション
声優岩本義幸(99、2000、2002UM)、や乃えいじ(2001、2002UMストライカー時のみ)、川中子雅人(KOF ALLSTAR)


「目に焼き付けて・・・死ぬがいい!!」

概要

『KOF'99』のラスボスで、性能を変えて2連戦するタイプ。
『2001』では彼の上司であるキャラクター、オリジナルゼロのストライカーとして再登場。
またPS2版『KOF2000』にもネスツ編主人公K'のマニアックストライカーとして登場している。
「クリザリッド(Krizalid)」という名前は、フランス語の「蛹(Chrysalide)」を英語風に置き換えたものである。

人物(ネタバレあり)

秘密組織「ネスツ」の幹部だが、正体は主人公であるK'のクローンで、K'の記憶の一部も移植されていた。
しかし本人はその事実を知らされず、移植された記憶を自分自身の記憶だと錯覚し、K'が自分のクローンと、 また同じネスツ出身のセーラ(ウィップ)の事を自分の姉だと思い込んでいた。(99’のEDではウィップから自分がK'クローンである事実を聞かされた)
このこともあり元々「いくらでも代わりのきく量産品」と見下し気味だったクローンたちのなかでも、ひときわK'を見下している節が見られる。
事実、K'よりも後期に能力を移植されたのか炎を操る能力はより洗練され、安定して高性能を発揮している。

性格は自信に満ちた落ち着いた物腰で、身体強化手術を受けた者特有の精神疾患の兆候はあまり見られない。 『2002UM』では全体的に荒々しくなり相手を罵倒している。
年齢は29歳だが、これは人為的に培養・急成長されたためで、ウィップの前ではシスコンのような弱さを見せる面もある。

ネスツがより洗練されたクリザリッドのクローンではなく、劣化に劣化を重ねた草薙京のクローンを量産し続けていたことや、運動能力はバトルスーツ頼みな点から、彼自身は身体的に抱えた何かの問題のせいで強化手術を受けていないのかもしれない。彼自身がプロジェクトKによって生み出された存在なのかは不明。

主な活動

『'99』では世界各地に配置されたクローン京に自らのバトルスーツを使用して収集した戦闘データを転送し、彼らを「最強の兵器」に仕上げ、ネスツが新たなる世界を築くという世界同時テロ計画の責任者であった。
そして最後にクローン京たちを始動させるためのパスワードである「トリガーデータ」、つまり「人を殺す」概念を覚えさせるデータの作成のため、 K'やマキシマらを殺害しようとするも、反旗に出た彼らに敗れ作戦は失敗。証拠隠蔽のためにゼロ(KOF)に粛清された。
エディットチームのEDではゼロ(クローン)によって全ての記憶を消去されたクリザリッドは瀕死状態で倒れていたところハイデルン部隊に発見されるが、記憶を失ったまま息を引き取った。

『2001』ではクローンゼロのオリジナル体であるゼロに救出されたことになっている。
中ボスであるゼロ(オリジナル)の専属ストライカーとして登場した。ちなみにその間に地位も昇格していた。
※ただし復活の経緯に関しては詳しく語られておらず「一度は完全に死亡したが、記憶データをオリジナルゼロによって新たなボディに移植されて復活した」という説もある。
最後は、プレイヤーチームに敗れた後、大気圏に墜落するエアシップに残ったゼロ(オリジナル)と共に散っていった。(龍だけが脱出した)

嬉野秋彦氏の小説版『2001』では『'99』の時点では死亡した事実でその後は、ネスツの超科学によって蘇生したという。終盤では、自分の手でウィップを始末しようとしたが、逆にウィップに額を撃ち抜かれ完全に死亡した。
嬉野氏は執筆にあたりスタッフから「明確な死亡描写を避けて欲しい人物」の監修を受けたとのことだが、クリザリッドは含まれていなかった(=殺しても良いとされた)ことになる。

『XIV』では、謎の存在であるバースに取り込まれていたことが、対K'の勝利メッセージで判明している。台詞から自分がクローンである事実を受け入れておらず自分こそがオリジナルと発言している。
コミック版『KOF A NEW BEGINNING』では、亡者としてオロチ四天王とゼロ(オリジナル)と共に一時復活した。戦闘時ではバトルスーツの力でクーラの氷の能力をラーニングして背中に炎と氷の翼を発現していた。

余談だが、オリジナルのKには出身地が不明と書かれているのに対して、そのクローンであるクリサリッドにはネスツの都合のいいようにプロフィールが設定されているため、出身地が書かれている(もちろん嘘の情報)。
また、『2001』では嫌いなものに「ちょびヒゲの人」が追加されている。

性能

コートを着た前座版を撃破すると、コートを脱いだ本気版になり2連戦となる。
前座版はこれといった技もなくあっさり倒せるが、本気版になると強力な飛び道具「テュホン・レイジ」で画面を制圧してくる為、極めて接近が困難になる。
もちろん、ネスツ編ラスボスの基本である全地上技がキャンセルし放題である点もしっかり標準装備しており、テュホンレイジを始めとしてゲージ効率が超優秀な為、手間取っているとそこから「見せてやる我が力を!」と超必殺技のエンド・オブ・ヘブン or エンド・オブ・エデンを叩き込まれて終了。

必殺技のスキは比較的大きいのだが、とにかくテュホンレイジをいなして接近するテクニックが必須なので、勝てない人は本当に勝てない。(ゴリ押しが通用しない)

条件を満たして彼に勝利することで、隠しボスである草薙京 or 八神庵戦が発生する。

中間管理職

言うことを聞かないどころか裏切りまくる部下たちと、任務に失敗したがゆえ隠蔽のために自分を消そうとする上司に挟まれたその生き様が、現代社会・企業における「中間管理職」そのものであり、 実際にKOFの公式サイトでも開発者がそうコメントしていることから定着した(一般的な会社の役職で言えば彼は課長にあたるらしい)。
現在は無くなってしまったが、旧SNKのKOF’99 EVOLUTION(DC版)のサイト内に設けられた「秘密結社ネスツ」というネタコーナーの中に、「秘密結社ネスツ新聞」というページがあった。
その新聞には、『 “もっぺん企画書、書き直して出直してこい!!” クリザリッド係長 怒りのリーサルインパクト!!』 という見出しで、 怒鳴り声と共に失敗をした部下にリーサルインパクト(変身後の必殺技)を食らわせたという記事が書かれていた。

尤も、部下たちに裏切られたのはトリガーデータの完成のためにその部下たちを殺そうとしたためなので、よくよく考えると言う事聞かれないのは当たり前である。むしろ任務に成功しても殺される分、上司よりもタチが悪い。上記のネタコーナーでも失敗した部下にリーサルインパクト喰らわせてるし、はっきり言って「大切なもの:部下」はかなり白々しい

関連タグ

KOF ネスツ編

関連記事

親記事

ネスツ ねすつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クリザリッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 672198

コメント