ピクシブ百科事典

リー・パイロン

りーぱいろん

リー・パイロンとは、『龍虎の拳』シリーズに登場するキャラクターである。(漢字表記は「李 白龍」)
目次[非表示]

プロフィール

格闘スタイル中国拳法
出身地台湾の旗 台湾
誕生日1月7日
身長171cm
体重62kg
血液型O型
趣味新薬開発(『NBC』)
大切なもの猿面、漢方の店
好きな食べ物コーヒー
嫌いな食べ物中華料理
好きな音楽ジャンル京劇
好きな言葉再見
好きな異性のタイプ若い娘(ただし生意気なのはいやぢゃ)
尊敬する人物リー・ガクスウ
ライバル近くにできた新手のドラッグストアかのぅ? 拳法ではおらんが、薬ではやはり師匠かのぅ
家族構成妻・紅竜、息子・青竜(中国在住)
最終学歴台湾の医科大学
職業漢方薬品店主
年齢67歳(『龍虎2』)


概要

漢方を扱う薬剤師を本職としている拳法使いの老人。アメリカのサウスタウンに渡ったリーは、拳法使いにして漢方医であるリー・ガクスウの養子となり、中国拳法と漢方医学の極意を伝授される。サウスタウンに移住してからのリーは拳法の魅力に取り付かれ、漢方医を開業する傍ら、夜な夜な街に出ては拳を振るう(ストリートファイト)といった生活をしていた。養父のリー・ガクスウはタクマ・サカザキと知己の間柄であり、また闘いの好敵手でもある。ガクスウは93歳という高齢にして、拳法の腕は卓越しており、自分よりも遥かに年下のタクマの胸に傷を作っており、タクマとの決着はついていない。また、サウスタウン刑務所の主事も務めている。

常に猿の面を被っているが、これはかつてのストリートファイトで付けられた顔の傷を隠すためらしい。70歳に近い高齢ではあるが、毎日の鍛錬は欠かしておらず、軽快で俊敏な動きでもって相手を翻弄する高性能じいちゃんである。

基本的には人格者で、天獅子悦也の漫画版でも優しい人柄なのが分かる。しかし、戦闘前の会話では「切り刻みたい」などと口走ったりするなどサディスティックな言動が目立つ。

プレイヤーキャラとしては(対人戦のみも含む)「龍虎の拳」と「龍虎の拳2」のみで、KOFシリーズでは背景のみの登場だったが(ただし、『KOF'94』の企画段階では、タクマではなく彼が龍虎チームのメンバーになる予定であった)、『ネオジオバトルコロシアム』で10年以上の時を経てプレイヤーキャラとして登場した。

戦闘スタイルは、素早い動きで翻弄しながら鉄の爪で相手を切り刻むスタイル。お面・鉄の爪・甲高い奇声の3つの要素は某スペイン忍者を連想させるが、国籍はもちろんのこと技の性質もあちらとはかなり異なっている。 あっちがはね回るタイプなら、こちらは回転しながら飛び回るタイプである。

関連タグ

龍虎の拳 高性能じいちゃん

pixivに投稿された作品 pixivで「リー・パイロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1417

コメント