ピクシブ百科事典

マイク・バイソン

まいくばいそん

ストリートファイターシリーズのキャラクターの一人。
目次[非表示]

「Don't stop me!」

プロフィール

格闘スタイルボクシング(Ⅳシリーズでは喧嘩流ボクシング)
出身地アメリカ合衆国
生年月日1968年9月4日
身長198cm
体重102kg
スリーサイズB120 W89(『ZERO3』ではW86) H100
血液型A型
好きなものバーボン
嫌いなもの算数努力
特技ギャンブル
所属シャドルー四天王
声優山寺宏一(ZERO3、カプエス)、鶴岡聡(ストIV、ストクロ)


概要

ストリートファイター』シリーズに登場するキャラクター。元はスラム街の出身であり、一攫千金を夢見てヘビー級ボクサーになるも、手加減知らずの危険攻撃で次々と対戦相手を再起不能にしていった結果、ボクシング界から追放されてしまい、異種格闘技戦や賭けボクシングで金を稼いでいるうちにシャドルーへと入っていった。
シリーズではIIシリーズ・CVS・ZERO3(家庭用版)・IVシリーズに登場している。
公式ブログにおいて初代ストリートファイターに登場する「マイク」と「恐らく同一人物と思われる」旨の発言があったが、後にストリートファイターⅤ公式コンテンツ「シャドルー格闘家研究所」において完全に別人であることが判明した。

性格

スラム出身ゆえか、への執着は人一倍。不遇な人生からかZERO3では「」を自称するアドンに対し、勝利台詞で「神様なんていねぇってことは 身にしみて分かってンだよ!!」と言い放っている。
性格傲慢であり、ベガや他の四天王からも呆れられている程であり、更に同業であるダッドリーからは「ボクサーを名乗るに値しない人間」と酷評される始末である。
また、賞金受け取りと勘違いし復興基金の契約書にサインをする、サイコドライブの装置と知らずに破壊しバーディーに呆られる等、脳筋と思える描写もある(しかし本人は頭脳派だと思っており、自覚していない)。ただし、TVアニメ版(ストリートファイターII V)では表向きはインターポールの捜査官であるシャドルーのスパイという頭脳派なキャラクターになっている。
更には普段からボクシンググローブを着用しており、引き出しを開ける時や、チップを受け取るときも外すことは無い。尤もダッドリーも同じく私生活でも付けたままである。カプコンにはボクサーは私生活でもグローブは外してはいけないというこだわりでもあるのだろうか。
ギャンブルを特技としており、本人曰く「男のたしなみ」だが、いつも負けているようでケンにからかわれている。
一方で、バルログとは異なり一部のメディアでは根っからの悪人じゃない一面も見せており、特に1994年の実写映画版(役名は欧米版のゲームと同じ「バルログ」)ではシャドルーに所属しておらず、それどころかボクシングを廃業させられたシャドルーを倒すため、バイソン将軍(ベガ)に父親を殺された春麗やシャドルーに相撲を廃業させられたエドモンド本田と協力している。ゲーム内でも、初期の設定ではチャンピオンを目指す純粋な面もあり、ストIIシリーズのエンディングではチャンピオンとなって子供達にを与え、アメリカンドリームを実現し涙している。また、SVCではレッドアリーマーとの戦闘前の会話で「落ちるところまで落ちたか」と言ったり、天界へワープしてしまった時(アテナとの戦闘前の会話)は天界を「いやに明るくて落ち着かねえ場所」と言ったりするなど、自分の悪行を顧みる一面もある。

シャドルー壊滅後は異種格闘技戦に復帰したが、その時の決勝戦の相手に最初は優位に試合を進めるも、ロングフックの一撃でKOされてしまい、それ以降の動向は不明。

ストリートファイターVでは、エドを引き取ったのち、バイソンなりに世話をしている。金儲けのために組んだコンビだが、上手くいった時には互いに笑いあったりと傍目では仲良く見える。
その後、エドがバイソンの為に尽くし切った事を理由に離れた後も「また鍛えなおしてやろーか?」とか言っていたり。なんか、哀愁のある父親っぽくなってきたなぁ。
ちなみにメナト曰く、金運は最悪らしい。そこは相変わらずか。

性能

ボクサーだけに蹴り技はナンセンスだが(ウルトラコンボのダーティーブルを除けば)、前述のとおり肘打ち頭突きといった反則技は平気で使う。まぁ、ただのボクシングではなく喧嘩流ボクシングだからしょうがない。
バイソンの流儀を受け継いだエドのボクシングはもっと凄まじくなった。

非常に高い攻撃力と突進力、打たれ強さを持ち攻めを得意とするタメキャラ。ダッシュストレートやギガトンブローといった強力な突進技を持つ。中間距離が強いので、間合いを保ってタメを作り、ダッシュストレートやダッシュアッパーを常備するのが基本となる。

接近戦では連続技を狙い、相手がガードを固めていれば各種通常技への連係で固める。

ダッシュストレートをはじめ、性能の良い技は打点が高い物が多いのが欠点。座高の低い女性キャラクターなどにしゃがまれると辛い。しかし、『ストIIX』ではグランドダッシュストレートとグランドダッシュアッパーが追加されており、座高の低いキャラでも当てられるようになった。

シンプルだがその分手数が少なく、動きが単調にならないように立ち回りを工夫しなければならない。

余談

彼のモチーフになっているのはプロボクサーの「マイク・タイソン」であるが、肖像権の関係からフルネームで呼ばれることは無く「バイソン」「M・バイソン」と表記される。
また、海外版では訴訟を防ぐため、「バルログ」に名前が差し替えられており、当の「M・バイソン」は海外版のベガになっている。

関連動画





他ボクサーキャラ

ダッドリー
マイケル・マックス
アクセル・ホーク
ミッキー・ロジャース
ヘビィ・D!
リック・ストラウド
スティーブ・フォックス
エド(ストリートファイター)

関連タグ

ストリートファイター シャドルー ボクサー オアー
アイアン・マイケル:似てるのは当然か。

pixivに投稿された作品 pixivで「マイク・バイソン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74075

コメント