ピクシブ百科事典

アドン

あどん

アドンとは、ストリートファイターシリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「オレ様が最強ってことを教えてやるぜ!」

プロフィール

出身地:タイ
生年月日:不明
身長:182cm
体重:73kg
スリーサイズ:B112 W80 H85
血液型:B型
好きなもの:ムエタイ
嫌いなもの:サガット、口先だけのやつ
特技: ワイクー(ムエタイの踊り)
担当声優:高木渉(『ZERO』シリーズ)伊丸岡篤(『Ⅳ』シリーズ)

概要

初代ストリートファイターから登場するSFシリーズでは最古参キャラクターの一人。初代では中ボスとして登場し、ZEROシリーズでプレイヤーキャラクターとなる。
スト4ではサガットOPでサガットにあっさりやられるという見事なかませ犬っぷりを披露したがスパ4にまさかの参戦となった。(元々は彼ではなく、ロレントが参戦予定だったが。そのロレントも後に参戦が決定した)
ムエタイが最強だと証明すべく戦っていく内に「ムエタイは最強→だから俺最強→つまり俺は神」という謎すぎる結論に至ったらしく神を自称している。
溢れる小物臭さ、髪型の謎さ、ボイスのうるささ、BGMの無駄な良さには定評があり、一部の層に半ばネタ気味に愛されているキャラでもある。

神vs帝王



関連人物

サガット
サガットの一番弟子でありかつてはサガットに敬意を示していたが、サガットがリュウに敗れたことで失望し、サガットを憎悪するようになる。しかしスパ4ライバルバトル時にサガットが気絶した時「さっさと起きやがれってんだ!」と言ったりEDで崖の上からサガットの様子を眺め「思っていたよりはマシだった」と言ったりツンデレめいた発言をしたりもする。

リュウ
かつて尊敬していたサガットを倒した格闘家だが、アドンは特に憎しみの感情は持っていない。その一方で、サガットを一人の誇り高き格闘家として認めているリュウからは、サガットを完全に超えていないにも拘らず侮蔑している姿勢を軽蔑されておりサガットよりも弱いことを断言されている。(ケン春麗もリュウと似たようなことを言う。)

ベガ
『ZERO』のエンディングではサガットを倒した彼の力に惹かれ、シャドルーへ勧誘するが、アドンは「俺はそんなこところ(麻薬屋)へ行く気はない」と拒否している。『ZERO2』の乱入戦でも再びアドンをシャドルーへ勧誘するが、「格闘界の頂点は自分」と入団を拒否している。ちなみにベガは彼の蹴りをパクっており、「ダブルニープレス」を編み出している。

豪鬼
『ZERO2』のエンディングで、豪鬼らしき人物の乱入を聞いたアドンは「そいつを倒し自分とムエタイが最強と証明する」と興味を示す。また、『ZERO3』では殺意の波動に興味を持つようになり、「瞬獄殺」をムエタイに取り入れるために豪鬼を探す旅に出る。尤も同作におけるアドンのストーリーでは豪鬼と直接戦うことはなく、エンディングでサイコドライブで回復したベガに逆襲され、そこへ乱入してきた豪鬼がベガを瞬獄殺で倒す場面に遭遇する。アドンは豪鬼の強さを見て「必ず自分のものにする」との決意を示す。しかし、その一方で『スパIV AE』では殺意の波動に目覚めたリュウに勝った時に「殺意の波動も通用しない!これが真のムエタイの強さだ!」と言っている。

ガイ
自身の師であるサガットを完全に越えていない上で侮蔑している態度を快く思っておらず「師の恩を忘れた愚か者」と一喝している(まことイーグルもガイと同じ理由で彼を批判している)。中平版ではガイが、悪党に加担してまでムエタイの威信を取り戻そうとするアドンに対して、自力で戦わない彼の心の弱さを指摘している。

火引弾
弾の事を口先だけの奴としか思っていないからか、彼をゴミ呼ばわりしている。一方で弾は、サガットの弟子であること知ってか知らずかアドンの事をあまり憎んでいない模様。

バルログ
「サガットにはない醜悪さを持っている」ということで彼からも嫌われている。

エレナ
多くのファイターがアドンを批判・軽蔑する中、「良い戦士になる」と評価した数少ない人物。

関連タグ

サガット ストリートファイター

ジョー(ストリートファイター)
激(ストリートファイター)
李(ストリートファイター)
マイク(ストリートファイター)

関連動画




もしかして

超兄貴のオプションの片割れ。

pixivに投稿された作品 pixivで「アドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 373082

コメント