ピクシブ百科事典

バーディー(ストリートファイター)

ばーでぃー

バーディーとは、『ストリートファイター』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

初代『ストリートファイター』と『ストリートファイターZERO』そして『ストリートファイターV』シリーズに登場するキャラクター。
初代とZEROシリーズでは外見やキャラ設定が大きく異なっている。

プロフィール

出身地イギリス
生年月日不明
身長201cm(初代)、216cm(ZEROシリーズ)
体重114kg(初代)、111kg(ZEROシリーズ)
スリーサイズB156 W102 H108
血液型O型
好きなものビール、ビーフジャーキー、金儲けの話
嫌いなもの子供、警察
特技大食い、犯罪行為
担当声優高木渉(ZEROシリーズ)、大友龍三郎(OVA)、宇垣秀成(Ⅴ)


概要

プロレスラー時代?

シャドルー格闘家研究所によると伝説の最強最後の巨人・タイタン・ザ・グレートとタッグチームを組んでいたらしいとの事。

シャドルーに入る前

「・・・・・・おいてめぇ、教えろ! その髪型、どうセットするんだ?」
卑劣で残虐な手口のためにプロレスをはじめとするあらゆる格闘技界から追放されたためパブの用心棒として燻っていたが、麻薬組織シャドルーの存在を知りストリートファイトで自身の力量をアピールしながら何とか接触を試みる。
穴の空いたモヒカンと褐色の肌をしていて、両手の手錠を繋ぐ長い鎖が外見上の大きな特徴になっている。体格も初代以上に大きくなっている。ただし、体重だけは少し減っている。
ちなみに、ザンギエフエドモンド本田などには髪型を理由に対抗意識を燃やしている。
ZEROとZERO2のエンディングではベガから実力を認められ予定通り構成員となるが、ZERO2のエンディングではそのままシャドルーを乗っ取ろうと新たな野心を燃やしてゆく。
ZERO3ではすでにシャドルーの一員となっており(ただし、組織の仕事をこなす訳でなくゴロツキ同然の日々を送っている)、ベガを倒して、サイコドライブを奪取して組織を乗っ取ろうとする。ただ、ベガはバーディーの目論見をさほど気にしてはおらず、ある程度は自由に泳がせている。しかしエンディングではその装置を試したもののサイコパワーが無いためか逆に力が抜けてしまい、そこに来た春麗ナッシュに連行されてしまうという報われない結末を迎える。小悪党的なキャラはM・バイソンとかぶるためか、最近は登場していない。
また、バーディーのほうが理知的な一面があるのか、目の前にあるのがサイコドライブだと知らずに
破壊したうえに「まだベガに金もらってなかった」と気付くバイソンに対して呆れる描写がある。

シャドルー入隊中

シャドルー格闘家研究所で公開された情報によるとシャドルーにいる時には規則の帽子をかぶらないで
F.A.N.G様に怒られていたとの事。ヘアスタイルを自慢していたらしい。格闘家としての実力はあるが、目先の欲につられやすく熟考して行動することができないとの事。シャドルーにいた時はシャドルーの社員食堂(通称シャ食)で散々飲み食いしていたとの事。そのためにシャドルーに入る前は痩せていたが、ぶくぶく太った。

シャドルー脱走

ストリートファイターVにてまさかの復活を果たす。ストリートファイターZERO以来、20年半ぶりの登場である。Vではシャドルーのやり方に気にいらず、脱走し、裏切った。(理由はシャドルーのやり方に気に食わなかった。さらにファンの方針で帽子着用が規則であること。)脱走した後、神月邸に侵入(?)し、神月かりんと出会う。かりんは事情を聞いた後に、命令を聞くならばかりんの食客となる事を許すと言い、バーディーも食客(平たくいえば居候)になる事を承認した。

初代でのバーディー

ストリートファイター1では外見がモヒカンでパンクスタイルな服装を着た巨漢である。優秀なファイターでボクシングやプロレスなど様々な格闘技で活躍していたが、圧倒的な強さゆえに戦う相手がいなくなりやむを得ず酒場の用心棒を務めるようになった。当時の性格に関しては詳しいことは不明だが、ZERO以降のとは違って悪くはないと思われる。
とりあえず外見が違う理由はなぜですかぁー!

中平漫画版

中平正彦の漫画では、格闘を捨てようとしていたリュウを船上での麻薬取引の際の用心棒に雇う。アウトローではあるが、リュウと闘い敗れた自分に母親以外に自分を認めてくれたリュウに感激している。 また、殺意の波動に目覚めたリュウを止めるべく刑事である春麗と自発的に共闘して自分の身を犠牲にすることも辞さなかったり、 更にリュウの豹変ぶりに涙まで見せるなど原作と違って人情味に厚くなっている。ちなみに、原作とは違ってシャドルーとは関わりを持ってない。

ブルホーン
ブルリベンジ

ゲーム内での性能

ストリートファイター1では某世紀末マンガに出てきそうなモヒカンにチンピラというスタイルだが、見た目に反してかなりの強敵でである。彼の代表的な技の一つである「ハンマーパンチ」の威力が一撃で体力が3分の2ぐらい減るというもので、当然2回食らえばKOされる。ラスボスのサガットの必殺技「タイガーショット」(これも5分の4ぐらい減る)の次くらいに驚異的な破壊力である。
しかもこの「ハンマーパンチ」、デコジャンプのような鋭角な軌道で繰り出してくるので、近い間合いの「波動拳」は死を意味する。
対策としては「ハンマーパンチ」の射程外からの「波動拳」連打が一番効果的だろう。近距離ではひたすら耐え忍ぶべし。

余談

マッスルボマーシリーズのタイタン・ザ・グレートはかつての相棒である。

関連動画

Theme of Birdie

ストリートファイターVでのバーディーのテーマ

関連タグ

ストリートファイター ストリートファイターZERO

pixivに投稿された作品 pixivで「バーディー(ストリートファイター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 323

コメント