ピクシブ百科事典

リック・ストラウド

じだいのなみにつぶされたぼくさー

リック・ストラウドとはRealBout餓狼伝説2(以下RB2)で登場した、餓狼伝説シリーズ最後のボクサー。人妻に負けたとか言うな。
目次[非表示]

プロフィール

格闘スタイルボクシング
誕生日1971年8月16日(RB2時点で27歳)
身長187cm
体重80Kg(クルーザー級)
血液型B型
国籍アメリカ
職業ボクサー
趣味木彫り
大切なものターコイズのピアス
好きな食べ物ダチョウの卵
好きな音楽カントリーミュージック
嫌いなもの化粧品の匂い
得意スポーツボクシング
特技天気を当てること


人物

ネイティブアメリカンの血を引く、正統派ボクサー。飛び道具なんてありません。蹴り?ありえません。肘?必要ありません。頭突き?一昨日来やがれ。投げは目を瞑って下さい。
ネイティブアメリカンの血を引く出自もあり、多少なりとも自然の声が聞ける。もっとも彼女程はっきりと聞き取れるワケではなく、せいぜい翌日の天気を当てられる程度。程度ってレヴェルじゃねーぞ

カジノのショーボクサーとしてデビューし、10年にも渡る下積みを経て世界王者への挑戦権を得るも、タイトル戦前にして自分の魂に訴えかけるモノを感じ取り、「タイトル戦までには戻る」と言い残し、表舞台から去る。

・・・と言うのがリックのバックストーリー。
極めて主人公じみたストーリーであるが、それもそのはず。実は李香緋ともどもRB2の主役として生み出されたのだが、RB2自体がストーリー性の無い作品なのでそういう風に認知されずらい。そういう意味では彼も主人公(笑)なのかもしれないが・・・そういう風に見られない事を幸せと見るか、認知されない事を不幸と見るか・・・。

そしてそれが彼を見かけた最後の姿だった

性能(後述)やそのキャラデザインなどから、男性を中心に人気を呼んだがどうも正統派すぎたのが仇となったか、その後の出演作品に恵まれていない。
特にここでは、「着実に侵攻しつつあった『萌え』の波に屈しなかった、硬派な餓狼の象徴」と称されたものの、続編で出たのが・・・彼女だってんだから泣くに泣けない。
そして出演作品に恵まれないだけならまだしも、近年では人妻ボクサーに技をパクられる始末。もっとも、彼女のセリフなどからどうも面識があるようなフシが見受けられるので、教えたのかもしれない。

キャラ性能

フェイントキャンセル(※1)を駆使して、ワンチャンスから一気に体力を奪いとる、超ラッシュ型ファイター。
飛び道具を持たない為、接近するまでが勝負。
特に体力が少なくなった状態で、かつパワーゲージが貯まっていると放てる「潜在能力(スト4で言うウルコン)」ハウリング・ブルは超強力な切り札であり、クルーザー級ボクサーらしい一発逆転劇も演出できる。
また一定条件がそろえばお手玉コンボもあるが、当然の如く禁じ手である。

(※1):レバーとボタンの組み合わせで、必殺技を出す「フリ」をするシステム。通常技をキャンセルして出す事が出来、リックのそれはフェイントした時の隙が少ないので、通常技>フェイントキャンセル>通常技・・・と言う流れが可能。

関連動画

Exceed the limit

キャラが硬派なら、BGMまで硬派。


こちらはアレンジ版。

pixivに投稿された作品 pixivで「リック・ストラウド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10044

コメント