ピクシブ百科事典

目次[非表示]

お楽しみは、これからよ!
このパンチに耐えられるかしら?ドンドン上げていくわよ!

プロフィール

格闘スタイルボクシング
出身地不明
誕生日1月9日
年齢30歳
身長182cm
体重67kg
スリーサイズ不明
血液型B型
趣味貯金、通信販売
大切なもの結婚指輪
好きな食べ物ビール
好きなもの白黒ハッキリしたもの(人)
嫌いなもの優柔不断な人、幽霊
得意スポーツ一通りこなす
一人称わたし
二人称あなた
口調女性語
CV


概要

センシティブな作品
KOF詰め--02


DC版『KOF'99』でストライカー専用キャラとして初登場。
KOF2000よりプレイヤーキャラとなった。
KOFのシリーズ初の三十路人妻キャラで、当時の基準では格ゲー女子キャラ業界タブーとまで言われた。

人物

諜報機関リングに所属するエイジェントだが、表向きは主婦
夫と4歳になる子供がいる。ちなみにKOF2000小説版では受け取った報酬を家族に回しているなど家族のことを大切に思っている。
同僚にセスが居る。良く勘違いされているが別に夫婦と言う訳ではない
また良くチームを組むラモンから熱烈なアプローチを受けているが、案外まんざらではないらしい。

主な活動

『2000』では主催者側(リング機関)の意向で知人であるラモンを誘ってK'マキシマと共にチームを結成してKOFに出場。
実はネスツから脱走したK'、マキシマを重要参考人として確保するためのチームだったが、すでに彼女が所属する『リング機関』はネスツに離反したゼロ(クローン)によって掌握されており大会と作戦を利用されることになる。
『2001』ではセスと共に八神庵監視するためにラモンを誘ってチームを結成してKOFに出場。エンディングでは重要参考人としてマークされていた八神庵を3人がかりで確保しようとしたがその後は不明。
『XI』では、ラモン、ブルー・マリーと共にエージェントチームを結成しKOFに出場した。ストーリーでは、マリーの亡き恋人であるブッチが国の養成機関で訓練を受けた時の教官であったことを明かした。彼が死んだことはマリーから聞くまで知らなかった。
『KOFXIV』ではDLCとして登場。デザインをリファインした上で復活する。この作品でエージェントとしての裏の顔を家族にも伝えていないことが明かされている(『KOF2000』のノベライズでも同様の描写がある)。

性能

ボクサーらしくほぼ全てがパンチによる攻撃であり、スライディングすらパンチ攻撃(スライディングパンチャー)である一方で、ふっとばし攻撃は地上・空中版共にキック攻撃だったりする事はよくネタにされる。

登場するほぼ全ての作品においての共通点として高い機動力と鋭いジャンプを持ち、上半身無敵の高速移動技「パンチャービジョン」とそこからの派生技、
移動こそしないが食らい判定を小さくする「パンチャーウィービング」を中心にした地上での怒涛のラッシュが強力なキャラ。
しかしこれらを使いこなせないと気軽に振り回せる技が無い、咄嗟に出せる無敵時間のある必殺技も無い、通常技の性能もそこまで高くないなど防御面は脆弱で一気にたたみ込まれる事も珍しくなく、総じて非常にテクニカルで扱う人を選ぶキャラクター。

初登場の2000では前述の「パンチャーウィービング」を絡めた永久コンボがあったが、
ゲーム自体がアレなのでそこまで気にはされなかったが、2002でもMAXモードで「マシンガンパンチャー」を絡めた比較的に難易度の低い永久コンボが存在し、
XIでは「フォビドゥンイーグル」の二発目を当てるだけという簡単な永久ハメが存在するが、コレは元ネタが存在する

コレらのことが問題視されたのか2002UMでは前述のマシンガンループの削除に加えてガード時の硬直の増加、フォビドゥンやダッシュパンチャーの硬直増加、中段技の「ワンツーパンチャー」の発生フレームが増加しガード崩し能力の低下、キャンセルのかかる通常技の減少など非常に大きな下方修正をくらい一般的には最弱ランクとされている。

クライマックス超必殺技はインフィニティーパンチャー。元ネタは『KOF2000』における超高難易度の永久コンボ。まさかのハメ技再現であった。
(技の最中に出す連続パンチの打撃効果音も『KOF2000』のものになっている)

関連イラスト

ヴァネッサ
ヴァネッサ


センシティブな作品
塗KOF



関連タグ

KOF ザ・キング・オブ・ファイターズ
セス ラモン 女子ボクシング 格ゲー
おっぱい 素肌にサスペンダー 人妻 主婦 三十路

関連記事

親記事

ネスツ編 ねすつへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァネッサ(KOF)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 786232

コメント