ピクシブ百科事典

女子ボクシング

じょしぼくしんぐ

女子ボクシングは女性同士で戦うボクシングのことである。
目次[非表示]

概要

歴史

古くはイギリスの近代ボクシングにおいて女性選手、王者がいたとされる。現代のボクシングルールが形成された19世紀末から20世紀初頭にかけても女子ボクシングの試合が行われていたがその後は長らく禁止されていた。日本でも大正時代に男性との試合が予定されていたが、条例違反で中止に追い込まれている。
再び女子の試合が行われるようになるのは女性の地位が向上した第二次世界大戦後である。しかし、競技人口、試合開催数共に少なく、男性と試合することもあったという。

女子ボクシングが本格化するのは90年代になってからであり、女子国際ボクシング連盟が設立されたのを期に各国のボクシング団体が多くの女子ボクサーを正式に認めるとともに、世界王者認定団体や女子の王座が設置されるようになり、次第に公式戦も多く行われるようになった。
日本でも1999年には日本女子ボクシング協会(JWBC)が発足、2007年に日本ボクシングコミッション(JBC)の女子部門が創設され(JWBCは発展的解消となった)現在に至る。

女子アマチュアボクシングも21世紀になって世界女子アマチュアボクシング大会が開催されて以降、多数の大会が開催されるようになり、2012年のロンドンオリンピックより女子ボクシングが正式種目として追加された。日本では2002年に日本アマチュアボクシング連盟(現在の日本ボクシング連盟)が女子の部を創設。翌年初の公式試合が開催された。

近年では部活動でボクシングに打ち込む学生や、ダイエットやフィットネスの一環としてボクシングをする女性も増えている他、プロ・アマ共に女子ボクサーがメディア露出する機会も増えてはいる。しかし、女子ボクシングの競技人口は依然として少ない。

男子ボクシングとの相違

基本ルールは男子ボクシング同じであるが1ラウンド2分、妊娠検査の義務、ミニマム級より下のアトム級の設置など異なるルールを設置している。(団体によって異なる)

また、スポーツブラタンクトップは当然、胸部にはチェストガード、下腹部にアブドメンドガードを身につける。一方で団体によっては(最低限の規定に抵触しなければ)男性よりも自由度が高く、スパッツミニスカート状などの多様な衣装を着用できる場合がある。

pixivにおける女子ボクシング

pixivでは専らボクシンググローブトランクスマウスピースなどの服装、装具を女性が着用することに萌えを感じたり、女性同士がリング上で対戦相手を激しく殴りつけたりボコボコに殴られている等のシチュエーションを好む傾向が高いためか、ボクシングを題材にしたイラストはこのタグがついていなくても女性を描いたものが多数を占めている。またR-18イラストではスポーツブラ等を着用しない、トップレスボクシングを描いたものが多い一方、流血描写等でR-18Gになっているものも多い。

関連作品

比較的マイナーな競技のため、扱う作品も少ない。

  • 綾音ちゃんハイキック!(キックボクシング
  • からふり!(マガジンスペシャル2012年8月号読み切り)
  • 早乙女選手、ひた隠す
  • BUYUDEN
  • ボクシングエンジェル(2017年11月23日サービス終了)
  • マグナムリリィ
  • ライスショルダー
  • ラブ★アッパー
追記求む!

女子ボクシングと関連のあるキャラクター・人物

……趣味・特技がボクササイズのキャラクター



ボクサー、ボクシング描写がある等の女性キャラクター・人物の追記求む!

関連イラスト

リク絵
まだ負けてない!
ボクシング
coverart
女子ボクサー
アスリートゆうきたん
人生は~1、2、パンチっ!
ボクシング絵等
ボクシング娘
小説『希望はリングにある』より
格闘少女3
ファイターズ


オリジナル漫画

NEXT…(愉快女子ボクシング漫画)
昔の漫画をまとめてみました。
【武女学】ボクシング学部の日常
「ファイトガール」


版権キャラ

リクエスト
ボクシングするみかんちゃん
ブルマボクシング
ボクシングレイヴン


関連作品のイラスト

『マグナムリリィ』連載開始!
破壊王えりりん
早乙女選手
「ボディが甘い!!」



関連タグ

スポーツ ボクシング ボクサースポーツ選手 アスリート スポーツ少女
競技 格闘技 オリンピック 
部活動 部活 運動部 体育会系
筋肉娘 キャットファイト リョナ

外部リンク

https://www.spot.town/news/boxing_girls/

pixivに投稿された作品 pixivで「女子ボクシング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4582226

コメント