ピクシブ百科事典

モハメド・アリ

もはめどあり

アメリカ合衆国の元プロボクサー。

「100万ドルの賞金を用意するが、東洋人で俺に挑戦する者はいないか?」
(関係者からすれば、いつものリップサービスに過ぎなかったこの発言が後にアントニオ猪木との異種格闘技戦の発端となろうとは、誰もが予想だにしなかった・・・・・・)

概要

1942年1月17日に「カシアス・クレイ」としてアメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルにて誕生。
自転車を盗まれ、警察にいったときに、 ボクシングジムのトレーナーもしていたそこの警官にボクシングを勧められ、彼のジムに入った。
アマチュア時代はケンタッキー州ゴールデングローブで6度優勝し、1959年には全米ゴールデングローブのミドル級で2年連続優勝した。
さらに、AAUボクシング競技のライトヘビー級でも1959年から2年連続優勝を果たした。
そして1960年ローマオリンピックでは金メダルを獲得し、名実ともに"英雄"としてプロライセンスを取得。

プロ転向にネーション・オブ・イスラムの信徒であることをカミングアウトしリングネームを後の本名であるムスリム名「モハメド(ムハンマドとも)・アリ」に改名。
1964年2月25日、当時のWBA・WBC統一世界ヘビー級王者のソニー・リストンに挑戦。
リストンが優位にも関わらず、アリは臆せず「のように舞い、のように刺す」と公言。
試合は一方的なものとなり、6R終了時にTKO勝ちとなった。

しかし、ベトナム戦争への徴兵を「俺、べトコンニガーって言われてないし。」といって拒否したことから無敗のまま統一王座を剥奪され、3年7か月間ブランクを作ってしまったが、1970年の復帰戦で勝利。
1974年にはザイールの首都キンシャサジョージ・フォアマンから統一王座を奪還。当時最強と謳われたフォアマンをKOしたことも含め「キンシャサの奇跡」とも呼ばれた。
また、日本武道館でも2度試合を行い、1976年アントニオ猪木異種格闘技戦を行った際には「世紀の凡戦」とも言われたが、実際はリング外でもルールを巡って攻防戦が繰り広げられる"真剣勝負"だったことが後に猪木の口から公表された。
このことから、アリのテーマ曲「Ali Bomaye!(アリ、やっちゃえ!)」が猪木に贈られ「イノキ・ボンバイェ」として広く知られることとなった。

1980年までボクサーを続け、7つの王座を取得。通算戦績は56勝(37KO)5敗だった。

その後病を得て暫くは人前に出ることもなかったが、1996年アトランタ五輪聖火点灯のサプライズゲストとして登場。
2012年ロンドンオリンピック開会式にも登場した。

2016年6月3日アリゾナ州病院で74年に亘った激動の生涯を閉じた。

関連項目

語録

pixivに投稿された作品 pixivで「モハメド・アリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3843

コメント