ピクシブ百科事典

猪木アリ状態

いのきありじょうたい

プロレスラーのアントニオ猪木とボクサーのモハメド・アリが対決した時に起こった状態のこと。
目次[非表示]

猪木アリ状態とは、一方が仰向けになり足を突き出せるように構え、もう一方は立って構えている体勢のこと。
仰向けになったのはアントニオ猪木、立って構えているのがモハメド・アリであったことからこう呼ばれるようになった。

世紀の一戦

日本の人気プロレスラー、アントニオ猪木とボクシング世界ヘビー級王者のモハメド・アリが対決する。
この世紀の異種格闘技戦に試合前からファンは大いに沸いた。プロレスボクシングで試合をしたらどうなるのか、全く予想が付かなかったからである。
「投げや固め技があるプロレスの方が強い」、「アリの重い一撃と素早さに猪木は翻弄されるだろう」など、とにかくプロレスとボクシングにある技を惜しみなく使った世紀の一戦になることが期待されていた。

世紀の凡戦

ところがいざ試合が始まると、猪木はリングに寝そべり、その状態で足をアリに向けて戦う姿勢をとり続けた。
立ち技の応酬を期待していた観客たちは大いに落胆し、「世紀の凡戦」といわれるようになってしまった。
もちろん、猪木は立ち技では敵わない事が分かっていたからこそ、最善策を取ったのであり、「猪木は立った状態でのキック禁止」など、当時未公表だったルールが明確になるにつれ、酷評されていた猪木の評価は高まっていった。
またアリは帰国後に猪木に蹴られた脚が大きく腫れ上がり、しばらく不自由な生活を余儀なくされている。
この猪木の奮闘を称え、アリは自身の入場曲「炎のファイター」と「Ali, Bomber yeah!!」の掛け声を暖簾分けしている。

総合格闘技では、互いの武術そのものが違うことから良く起こりやすい、ということがこの形式の試合が盛んになってから判明した。

関連イラスト

あやせ黒猫状態
ンモー



関連タグ

総合格闘技 プロレス ボクシング
アントニオ猪木 モハメド・アリ 
ジェシー・メイビア バキ

pixivに投稿された作品 pixivで「猪木アリ状態」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155134

コメント