ピクシブ百科事典

猪木アリ状態

いのきありじょうたい

プロレスラーのアントニオ猪木とボクサーのモハメド・アリが対決した時に起こった状態のこと。
目次[非表示]

猪木アリ状態とは、一方が仰向けになり足を突き出せるように構え、もう一方は立って構えている体勢のこと。
仰向けになったのはアントニオ猪木、立って構えているのがモハメド・アリであったことからこう呼ばれるようになった。

世紀の一戦

1976年6月26日に行われた日本の人気プロレスラー、アントニオ猪木とボクシング世界ヘビー級王者のモハメド・アリの対決。
この世界初の異種格闘技の公式戦に試合前からファンは大いに沸いた。
プロレスボクシングで試合をしたらどうなるのか、全く予想が付かなかったからである。
「投げや固め技があるプロレスの方が強い」
「アリの重い一撃と素早さに猪木は翻弄されるだろう」
など、とにかくプロレスとボクシングにある技を惜しみなく使った「世紀の一戦」になることが期待されていた。

世紀の凡戦

ところがいざ試合が始まると、猪木は滑り込みながらのキックを繰り出した後、そのままリングに寝そべり足をアリに向けて戦う姿勢をとり続けた。
ボクシングを始めとした「立ち技」は立っている相手を倒すための技術であり、既に寝ている相手に対して有効な攻撃手段を持たない。
対してレスリングを始めとした「組み技」は相手に組み付いて制するための技術であり、立って殴り合う必要に迫られない。

試合は完全に硬直し何度も仕切り直しが行われるも、再び同じ状況が繰り返されるばかりで観客たちは大いに落胆し「世紀の凡戦」と言われるようになってしまった。

当時は漫画や実写ドラマなどで構築されたロマン溢れる空想上の異種格闘技のイメージが強かった時代でもあり、本物の異種格闘技におけるロマンの欠片もない泥試合を目の当たりにしたファンが面食らったことは想像に難くない。
猪木はなんとか寝技に引きずり込もうと執拗に脚を狙っていたが、アリは最後まで膝をつく事はなく、試合は判定による引き分けとなった。

対戦後の評価

猪木は立ち技では敵わない事が分かっていたからこそ最善策を取ったのであり「猪木は立った状態でのキック禁止」など、当時未公表だったルールが明確になるにつれ、酷評されていた猪木の評価は高まっていった。
最強の呼び声も高かったボクシングとの公式戦を成立させ、プロレスで対抗して見せた一例としては世界的にも大きく評価され、同年12月12日にはパキスタンにて噛み付き、目潰しすら許容されるノールールマッチに挑むことになる。

アリは猪木に何度も蹴られた脚が大きく腫れ上がり、帰国後もしばらく不自由な生活を余儀なくされ、この原因となった滑り込みキックは「アリキック」と呼ばれた。
この猪木の奮闘を称え、アリは自身の入場曲「炎のファイター」と「Ali, Bomber yeah!!」の掛け声を暖簾分けしている。

40年後の2016年、日本記念日協会により猪木アリ戦が行われた6月26日は「世界格闘技の日」と認定された。

総合格闘技での再現

後の時代で総合格闘技の試合が盛んになると、この猪木アリ戦と全く同じ状況が頻繁に起こってしまい、試合が円滑に進まなくなってしまう。
互いの武術の有利とする状況が全く違い、互いに打開策が見出せないまま試合が硬直してしまうため、総合格闘技ならではの問題点として注目された。
この状況は「猪木アリ状態」と呼ばれ、猪木の取った戦法の実践性が図らずとも証明されたのである。

競技として成熟しつつある現在では

・打開策の発見
・寝技/打撃の技量バランスの向上
・レフェリーによるブレイクといったルールの整備

と言った要因により長引くことこそ減ったものの、下手に動けばその次の一手で決着が付きかねず、駆け引きを生む状態・戦法としては今なお健在。

関連イラスト

あやせ黒猫状態
ンモー



関連タグ

総合格闘技 プロレス ボクシング
アントニオ猪木 モハメド・アリ 
ジェシー・メイビア バキ

pixivに投稿された作品 pixivで「猪木アリ状態」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174307

コメント