ピクシブ百科事典

アトランタ

あとらんた

アメリカ合衆国ジョージア州の州都。
目次[非表示]

曖昧さ回避


アトランタ市

アメリカ合衆国ジョージア州の州都。人口420,003人。
古くから交通の要所、綿花産業の中心地として栄えた。
コカ・コーラデルタ航空CNNの本部などが置かれている。
1996年、アトランタオリンピックが開催された。
福岡市姉妹都市のひとつ。緯度がほぼ一緒。

装甲艦「アトランタ」

1861年1月にスコットランドで商船「フィンガル」として建造された。
4月12日、アメリカで南北戦争が始まる。
9月、南軍に購入され、改装されて1862年に装甲艦「アトランタ」となった。
11月22日就役。
1863年6月17日、北軍モニター艦「ウィーホーケン」に拿捕された。以後、北大西洋封鎖艦隊に所属しジェームズ川で活動。
1865年5月9日、南北戦争が終了。
6月21日、退役。
1869年5月4日、サム・ウォード氏に売却され、艦名「トライアンフ」となる。
12月18日、内戦中のハイチへ向けチェスター港を出港したが、航海途中で行方不明となった。

防護巡洋艦「アトランタ」

アメリカ海軍の防護巡洋艦。艦名はジョージア州アトランタに因む。

1883年11月8日起工、1884年10月9日進水、1886年7月19日就役。
1893年7月18日、予備役となる。
1894年4月2日、再就役。
1895年9月、予備役となる。
1900年9月15日、再就役。
1905年1月12日、予備役となる。
5月8日、再就役。
1912年3月23日、予備役となる。
4月24日、除籍。1912年6月10日に売却された。

アトランタ級軽巡洋艦「アトランタ」(CL-51)

アメリカ海軍のアトランタ級軽巡洋艦の1番艦。艦名はジョージア州アトランタに因む。
強力な対空兵装を有し、防空巡洋艦として活用された。

1940年4月22日起工、1941年9月6日進水、12月24日就役。
1942年5月28日、ミッドウェー島に迫る日本海軍に対応するため真珠湾を出撃。
6月5日からのミッドウェー海戦では空母エンタープライズ」、「ホーネット」を護衛した。
8月24日、第二次ソロモン海戦では空母「エンタープライズ」を護衛した。
11月12日、ガダルカナルルンガ岬で揚陸作戦中、日本海軍の基地航空隊と対空戦闘を行う。第67任務部隊の指揮下に入り、アイアンボトムサウンドに接近中の日本艦隊に備える。
11月13日未明、日本海軍駆逐艦」とサーチライトを照射し合い、距離1,500メートルから砲撃で撃沈。しかし「アトランタ」も日本艦隊の恰好の目標となって集中砲火を浴び、魚雷2本も命中し大破、操艦不能となる(第三次ソロモン海戦)。
9時30分、掃海艇ボボリンク」に曳航されてルンガ岬へ向かうが、浸水が酷くなり20時15分に自沈処分。

クリーブランド級軽巡洋艦「アトランタ」(CL-104)

アメリカ海軍のクリーブランド級軽巡洋艦の26番艦。艦名はジョージア州アトランタに因む。
主砲、対空兵装、レーダーが充実した強力な艦で、雷装は無かった。

1943年1月25日起工、1944年2月6日進水、12月3日就役。
1945年5月22日から「沖縄の戦い」を支援。
8月15日、本州沖で作戦中に日本が降伏。
1946年6月29日、サンフランシスコ海軍造船所でオーバーホール。
1949年7月1日、退役。
1964年5月15日、空中爆発の影響を研究するための試験艦となる。非分類雑役船に艦種変更し再就役。
1965年2月、ハワイカホオラウェ島で実験が行われた(セイラーハット作戦)。
1970年4月1日退役。
10月1日、サンクレメンテ島で爆発実験の標的艦として海没処分。

原子力潜水艦「アトランタ」

アメリカ海軍のロサンゼルス級原子力潜水艦の25番艦。艦名はジョージア州アトランタに因む。
対艦ミサイルハープーン」、巡航ミサイルトマホーク」を運用した最初の艦であった。

1978年8月17日起工、1980年8月16日進水、1982年3月6日就役。
1986年4月29日、ジブラルタル海峡で座礁。ノーフォーク海軍工廠で修理。
1999年12月16日、退役。
2013年10月1日より「原子力艦再利用プログラム」により解体中。

関連タグ

アメリカ合衆国 ジョージア ジョージア州 アメリカ合衆国の地名の一覧
アメリカ海軍 防護巡洋艦 軽巡洋艦 原子力潜水艦
アトランタ級 クリーブランド級 ロサンゼルス級
戦艦少女 アズールレーン

pixivに投稿された作品 pixivで「アトランタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27590

コメント