ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

アンタの拳は、軽いンだよ・・・!!


プロフィール

格闘スタイルボクシング
誕生日3月25日(29歳)
出身地アメリカ
血液型A型
身長208cm
体重113kg
趣味NEW JACK SWING(※1)を聞くこと
好きな食べ物毎日骨太
得意スポーツレスリング
大切なもの飼っているネコ(名前はプー)
嫌いなものきれい事、体裁
CV西村寿一(94、98)、中務貴幸(3DCGアニメ「KOF:DESTINY」、アプリ「KOF ALLSTAR」)

(※1)1980年代後半に発生した、独特のリズム及びそのリズムで構成された楽曲を指す。


人物

有能なボクサーであったが、試合中の事故で対戦相手を死亡させてしまった影響から対戦相手を失い、リングに上がる機会が減少。

それでも、「闘う」と言う事に生き甲斐を見出していたD!は、そんな状況を理解しつつもいら立ちと絶望感をつのらせていた。

そんなある日、KOFの招待状が届く。

自分を評価し、闘いの場を与えてくれた開催者に感謝し、参戦を即断。

旧友のラッキー・グローバーと、シーズンMVPもとったフットボーラーのブライアン・バトラーを誘い、KOFの舞台へと上がる。

KOF終了後はラッキーと共にストリートファイトの世界へと身を投じている。


「ヤッパッパー!」(ブラストアッパー!)、「のーしぇ!(器を知れ!)」(勝利時)、「確かめたぜ!(待ちかねたぜ!)」(『'98』以降の登場シーン)、「もう秋だぜ!(もう飽きたぜ!)」(D・クレイジー発動)などといった特徴的な空耳が多い人物でもある。


今までの格闘ゲームのボクサーキャラはカッコ悪く頭悪そうな奴(「ストⅡ」のM・バイソンや「龍虎」のミッキー・ロジャースなど)やガタイのでかい奴(アクセル・ホークマイケル・マックスなど)しかいなかったので、スマート且つカッコ良いボクサーというコンセプトの元から生まれたとスタッフは語っている。ただし、SFC版ろくでなしBLUESに登場する畑中のような前例はある。


好きな食べ物は毎日骨太。食べ物じゃねぇからな、それ!(飲み物なんでギリギリか)

というか、アメリカで買えるのかそれ。通販か?)


趣味が音楽と言うだけあって、98での対ニューフェイスチーム勝利メッセージが、「テンポ悪ぃぜ!!balladじゃねぇんだ、Skaのリズムで来な!!」とバンドマンへ対してそれらしいセリフを投げかける、粋な一面も。


他のチームメイトと違い彼だけ特殊エディットチームに組まれていない。サングラス繋がりでクラーク・スティルチョイ・ボンゲとのグラサンチームというのを作ればいいのに。


レスリングを得意スポーツにしながらレスリング技が一切ない。仕方ないね

『'94』以降

翌年の『'95』では大会の予選でライバルチームに敗れたことで以降は藤堂竜白ダック・キングと共に背景を飾ることが多く、某アンソロ作家の作品では「デラレーズ」などと呼ばれていた。

『'97』ではニューフェイスチームのストーリーで彼ららしきチームが社達に招待状を奪われており、出場を逃している(おそらく招待状を奪ったのはクリスだと思われる)。

その後、『'98』で4年ぶりに復活を果たす。ちなみに『98UM』では因縁の相手(?)であるクリスとの掛け合いがある。なおダックと竜白の二人はアメリカ埠頭ステージで試合観戦している。

そして『'98』以降は音沙汰は無く。ラッキー共々再び背景キャラとして出演することになった。

PS版『2000』ではジョー・東の追加マニアックストライカーとして登場。

『2002』では日本ステージ、『2002UM』ではイギリスステージと、ラッキー達とは違うステージで背景キャラとして登場したり、家庭版『XIII』では『'95』ライバルチームのステージにあるトラックの横にアメスポチームの三人が揃って試合観戦している。

また『SNK VS.CAPCOM SVC CHAOS』の暴走庵エンディングでラッキー共々登場。路地裏で暴走庵に遭遇した二人は「チームメイトじゃないのに殺されてたまるか~」と叫びながら庵から逃走した。

性能

ボクサーだけあって、通常技は全てパンチ。蹴りなど邪道。頭突きなど問題外。投げやローブローは大目に見てください(異種格闘技だし)。

またチームメイトとは違い、小技に連打が効くのでヒット確認からの連続技が可能。小足が一発刺されば、ノーゲージで2割は固い。

ただ『'94』は必殺技の性能が芳しくなく連続技が貧弱な為、中堅下位と言ったところ。

しかし再登場となった『'98』では、ゲームシステムの仕様変更や必殺技の性能強化により、使い手によっては上位を狙える。

また必殺技を強化する技も持つので、巨漢パワーキャラでありながらトリッキーな立ち回りが楽しめる。

その他メディアでの活躍

漫画

テリー・ボガードの主役となる『KOF'94』(作画:真行寺たつや)では餓狼伝説チームの対戦で敗北。その後、決勝戦で日本チームを下した餓狼伝説チームが優勝。大会の主催者のルガール・バーンシュタインがいる空母ブラック・ノアへ向かうテリー達をアメスポチームの三人が見送っている。

漫画版『KOF'94外伝』(作画:鷹岬諒)ではゲーム本編では触れられていなかった彼の現役時代に起こした事故の詳細について描かれている。また事故で死亡した対戦相手は黒人で妹と弟がおり、妹から恨まれたが(後に和解)、弟からは亡兄と戦った勇敢なボクサーとして称賛されている。

小説

小説版『KOF'98 -残された者たち-』(作者:嬉野秋彦)では真吾、紅丸、ちづるのエディットチームの対戦相手として登場しているが、戦闘描写は真吾と紅丸と対戦したブライアンだけで他の二人は省かれており、紅丸一人にアメスポチームは敗北している。

同じく嬉野氏によるパロディ編の小説版『KOF'98 ~最大多数の最大幸福~』では試合に出る前にオロチチームにボコボコにされるという原作よりも酷い扱いとなっている。

MSDでは

コスト250と少々高めだがその分タフで、性能はかなり高い。

遠距離攻撃で相手につっこんでいき、近距離攻撃のブラストアッパーを食らわせていく。

さらに特殊攻撃のD・マグナムは貫通するが、出す前の隙が大きく、相手につっこんだ状態で撃とうとするとほぼ確実にキャンセルされるので相性はあまり良くない。

しかし、ちゃんと強化すれば活躍すること間違い無しなので、KOFユニットに迷ったらまずこれだろう。


名前の秘密

実はアメリカには「Heavy D」と言うラップミュージシャンが居たりするのだが、名前の最後に「!」を付ける事で名前の響きのよさを残しつつ、丸パクリを見事防いでいる。

良い子はマネすんなよ

関連記事

親記事

KOFのキャラクター一覧 きんぐおぶふぁいたーずのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91234

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました