2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

初登場鉄拳6
国籍アメリカ
格闘スタイルフリースタイル空手
年齢(鉄拳6時点で)27
担当声優磯部勉(ストリートファイター×鉄拳)


概要

美形の天才格闘家にして素早いデブ

子供の頃から『格闘技の天才』ともてはやされてはいたが、体格が大きい相手にはどうしても
勝てないでいた。
体格の大きな相手に勝つために、肉体改造と称して大幅に体重を増やした。

これに対して人々は失笑を隠せなかったが、強くなることを真摯に考えた結果この姿になった本人はこれを『スピード・パワー・ウェイト全てにおいてパーフェクトな肉体』と称し自慢げである。
実際その見た目に反して俊敏さと天才的な格闘センスは健在で総合的に見れば以前よりパワーアップしている。


合言葉は『スピード&ウェイト』
非常にキザな性格で、強くなる事に対してはとてもストイック。

The King of Iron Fist Tournamentにはこのパーフェクト・ボディの成果を試す為出場する。

なお、技名には食べ物の名前やその調理法が付いている事が多い。
デブだからか。


スリムボブ 

上記のように本人にとってはパーフェクトな肉体だと考えていたようで、マスコミから脚光を浴び続ける末に、体重が150ポンド(70kg)台まで痩せ落ちた時は激しく取り乱していた。
肉体改造に長い年月を費やしたにもかかわらず、あっさり痩せてしまう辺り、元々太りにくい体質なのかもしれない。

「鉄拳タッグトーナメント2」では彼の痩せた姿である「スリムボブ」がプレイアブル化。この姿のボブは今でも周囲にハンサム扱いされている。
やはり上手く太れないためか、早く元の姿に戻りたいと焦る場面が見受けられる。



パワー不足のせいか、自身の体を用いた技を相手にヒットさせるとのけぞったり尻もちをついたりしてしまったり、投げ技「フライングカスク」では、相手を持ち上げることができず落としてしまう。
逆に「ブリオッシュスター」使用時は座らずに立ち状態を維持するため、
次の行動へ移りやすいなど、体格差により一部の技が変化する。
ちなみに「アルカディア」の取材マンガでは彼のモーションを担当した人物が取材に応じた。ウエイトをかなりつけていたが、スピーディーに動いていたと言う。

関連タグ

鉄拳 デブ ピザ 動けるデブ
ルーファス (ストリートファイター界の『素早いデブ』)
ジュリア・チャン (ストリートファイター×鉄拳においての公式パートナーキャラ)

関連記事

親記事

鉄拳 てっけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ボブ(鉄拳)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19763

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました