ピクシブ百科事典

ハインリヒ・シュリーマン

はいんりひしゅりーまん

伝説の都市・トロイアの実在を証明したドイツ人の考古学者・実業家。フルネームは「ヨハン・ルートヴィヒ・ハインリヒ・ユリウス・シュリーマン」。

人物

当時のプロイセン生まれ。後にロシア国籍を取得。

幼少期に聞かされたギリシャ神話の伝説の都市・トロイアが実在するものと思い込み、将来を考古学者としてトロイアの発掘を志し、貧困のさなか、財産を蓄えるため、食品会社の徒弟から始まり、オランダの貿易商社に入社して事業家になる。また、各国で商売をするために、その国の言葉をわずかな時間を盗んで体で覚えたという。

また、清国日本を訪問した。

トロイア発掘のための財産も貯まり、ようやく落ち着いたところで事業をたたみ、本格的に発掘を開始する。その結果、トロイアが実在したものであることを証明した。

最期は旅行先のナポリで急死。自宅のあったアテネに埋葬された。

中二病的な語学習得法

シュリーマンの語学力は凄まじいものであり、人生で15か国語をマスターしたと言われている(岩波文庫『古代への情熱』より)。その語学習得の秘訣は、

  • (その国の言葉・文章を)非常に多く音読すること。
  • (自身の母国語に)決して翻訳しないこと。
  • 毎日一時間を当てること。
  • つねに興味ある対象について作文を書くこと。
  • これを(その国の言語を話す)教師の指導によって訂正すること。
  • 前日直されたものを暗記して、次の時間に暗誦すること。
である。
シュリーマンの母国語はドイツ語
習得した言語は、英語フランス語オランダ語スペイン語ポルトガル語スウェーデン語ポーランド語イタリア語ギリシャ語ヘブライ語ラテン語ロシア語アラビア語トルコ語

コメント