2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「君とは違うんだ。違うんだよ……」

CV:河西健吾

概要

イナズマイレブンオリオンの刻印」で初登場した、ロシア代表「パーフェクトスパーク」のメンバー。ポジションはFW、背番号は11。年齢や誕生日は不明。
36話の回想にて、フロイヴィクトール一星とは過去に同じチームでプレイしていたことが示唆されている。

22話「ビバ!世界上空!」(姿のみ)、36話「華麗なフロイ」、37話「孤独なフロイ」、38話「黒いバンダナの戦士」、46話「吠えろ!ラストリゾート」(姿のみ)、47話「最終決戦の日、それは始まった」、48話「世界よ、その手をつなげ」(姿のみ)、最終49話「フィールドの向こうに明日が来る」、OP「地球をキック!」に登場。小説版では3巻と4巻に当たる。

36話では中途退場したフロイからキャプテンマークを継ぎ、ベルナルドの命令に従って不正行為を主導したが、不正行為には良心の呵責を覚えていた。自らの迷いを捨てる為か、フィールドを去るフロイに向かって記事冒頭の台詞を吐き出している。その後、「俺たちはベルナルド様に従うと覚悟を決めたんだ」と心中で呟いていた。彼がオリオンに従う理由は「ベルナルド様の指示に従わなかったら、俺たちはチームにいられなくなる(36話、冒頭の台詞の直前)」からとのこと。ただし、ブラジル代表とは違い、彼がオリオンに従うに至った理由は説明されていない。
仲直りをしなければならない程度には仲違いしていたようだが、後にフロイとは「和解」(46話の一星の言葉より)したらしい。決勝戦ではイリーナによって洗脳を受ける前は攻撃行為を行うこともなく、他の選手同様のびのびとプレイしていた。彼は決勝戦時はGKであったため日本代表の面々への攻撃はしていなかったようだが、洗脳にかかっていたこと自体は47話で判明している。しかし、円堂による洗脳ブレイクの際も含め、彼が洗脳されているときにどんな状態だったのかはまるきり不明である。
なお彼はアルテミスの矢(オリオン反乱軍)には加入せず、48話の世界代表にも立候補していない(ヴィクトールは立候補しているが選ばれなかった)。とはいえ、立候補はせずとも表情は微笑んでいたので、世界代表には好意的な感情を抱いていたようだ。ただし、そのせいでアルテミスの矢からはハブとなった。

特徴

金髪にかなり近いストロベリーブロンド(少し濃い肌色)に、水色の瞳。前髪が特徴的なカーブを描いているが、後ろ髪はイナズマ界の登場人物としては珍しい、何の癖もないストレート。前髪のボリュームに比べると、後ろ髪の毛量は少なく見える。その後ろ髪は水色のゴムで緩く纏めてあり、両耳には同じく水色の雫形の耳飾りを付けている。一星やフロイたちと共にプレイしていた頃も髪型は変わっていないが、耳飾りの有無は確認不可能。
さらに、試合中の動作からは彼がおそらくは右利きであることが読み取れるが、彼は決勝戦で左利きのGKであるゴラン・ヴェリシアの技「ツーマンデ・ゴラン」を使用している。このことから、彼は右利きの両手使いであるという説が立っているも真偽は不明。
体型は普通。身長はフロイとほぼ同じくらいだが、若干フロイの方が低く見えることが多い。
性格については、チームから放逐されることへの恐怖を強く感じていることなどから、堅実と呼ばれる類に属すると思われる。一星曰く、「プレッシャーをかけられると弱気になるタイプ」。

ポジション、必殺技

ポジション

彼はパーフェクトスパークのメンバーの中では比較的ポジションがわかりやすい。本来のポジションはFWで、筋肉の付き方もそれに準じているらしい(22話の飛行機中での野坂の発言より)のだが、パーフェクトスパークの「変幻自在」という特性故にFW以外のポジションも務めている。わかっているものをまとめると、下記のようになる。

  • ロシア代表になる前 フィールドプレイヤー(FWかMFかと思われる)
  • エキシビションマッチ(相手は不明) GK(22話より)
  • 予選の試合 野坂の情報収集力にもよるが、おそらくはGK(22話より)
  • アメリカ戦 不明(おそらくFW以外のポジション)
  • スペイン戦 FW(33話より)
  • 日本戦 FW
  • 準決勝(相手は不明) フィールドプレイヤー
  • 決勝戦(日本) GK

必殺技

ツーマンデ・ゴラン(キーパー技)
オーロラウェーブ(必殺タクティクス)

彼は作中で2度ほどシュートを打っているものの、いずれも必殺技ではないノーマルシュートで、日本側のGKであったのりかに防がれている。しかしGKとして出場した決勝戦では剛陣の放った1回目のファイアレモネード・ライジングを余裕で止めており、GK向きの筋肉の付き方ではないにも関わらず、GKのときの方が活躍しているという不可解な状況に陥っていた。そのため、対日本戦では彼の本領は発揮されていなかったのではないかという説が囁かれていたりもする。

チーム内での立ち位置など

彼は36話でフロイが退場した後、代理キャプテンという名目でキャプテンマークを継いでいる。そのため副キャプテンと解釈されることが多いが、作中での明言はされていない。フロイと共にフィールドを去ったヴィクトールが副キャプテンであった可能性は残されている。ただし、そうだとしても彼はパーフェクトスパーク内で2番目か3番目の地位を獲得していることになり、実力の高いプレイヤーであることは窺える。
また、36話にて彼とフロイが基軸となって発動する必殺タクティクスの存在が明言されているが、発動直前にベルナルドからの指示が入ったために詳細は一切不明。

余談

  • 声を担当した河西健吾氏は過去にイナズマイレブンGOギャラクシーカゼルマ・ウォーグの声を担当していた。
    • 彼はその中性的な容姿と、登場からしばらくの間口を開かなかったという事実があるために男女論争が起こった人物である。アニメージュ2019年9月号でも、「こう見えて男の子」と書き立てられていた。ただし声は普通の男の子なので、35話放送後のTwitter上では「性別詐欺」との声が数多く見られた。更に、37話でアフロディに対してイレブンバンドに仕込んだスタンガンを使用していたことから、それによって一部の照美ファンからの反感を買っている。
    • 登場後なかなか喋らなかったために二次創作では揺れが多いが、一人称は「俺」。二人称は基本的には「おまえ」だと思われる。36話でのみ、フロイとの決別を自覚するためにか二人称「君」を使用していた。
  • 彼は37話にて一星に「君は昔から、プレッシャーをかけられると弱気になるタイプだったよね」と言われている。そのときの反応からして、彼は「一星光」という存在を受け入れているらしい。……あくまでもこれは超次元サッカーなので、彼が一星の名前が変わったこと自体に気づいていない可能性もなくはないのだが。
  • 何故か35話ではイレブンライセンス及びEDのキャスト欄で名前が「ユーリー・ロディナ」になっていた(円盤化及び一部の配信では修正済み)。


関連タグ

イナズマイレブンオリオンの刻印
パーフェクトスパーク フロイ・ギリカナン 一星光

関連記事

親記事

パーフェクトスパーク ぱーふぇくとすぱーく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ユーリ・ロディナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ユーリ・ロディナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10299

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました