ピクシブ百科事典

世界五大厄

ふぁいぶでぃざすたーず

時間の前では……正義も、完璧も、悪魔も、全てが空虚な亡骸となる!!
目次[非表示]

ゆでたまごキン肉マンⅡ世 究極の超人タッグ戦』に登場した、悪行超人(悪衆時間超人)である、ライトニングとサンダー(ライオン状の超人)によるタッグチーム。
カオス・アヴェニールの両親及び村民を虐殺し、その後、80年代にタイムワープし、ロビンマスクを殺害し、超人界の覇権を握ろうとした。
しかし、21世紀からキン肉万太郎ら新世代超人がタイムワープし、ここに「究極の超人タッグ戦」の幕が開く。

ライトニング

世界五大厄のチームリーダーを務める時間超人。 笑い声は「ジョワジョワ」。

当初は白黒の首が繋がったオーバーボディを纏っていたが、真の姿は痩せた色白の悪魔の様な姿。
当初は下半身はビキニ着用だったが、途中からタイツに変更。
さらに決勝戦前に目つきがより鋭く変化する等、よく外見が変わる。

実力そのものも悪行超人でトップクラスだが、相手を苦しめるためには裏工作も辞さない。
ジ・アドレナリンズと戦う際には不忍池を舞台に選択。
さらにケビンが拘束されたクリアベッドを衝撃に弱い結び方で天井から吊るし、ロビンとキッドに全力を出しにくい様に舞台を演出。
新星ノヴァヘル・イクスパンションズと戦う際にはネプチューンマンのトラウマを抉るため剣山ソード・デスマッチを用意した(あまり効果はなかったが)。
ライトニング自身は天涯孤独の身であり、親の顔さえ知らない。

サンダー

ライトニングの相棒の時間超人。 笑い声は「ヌワヌワ」。

当初は怪物風のマスクとジッパーが多くついたオーバーボディを纏っていたが、真の姿は鋼鉄のライオンのマスクに古代ギリシャの戦士の服をまとった姿である。全容は明らかにならなかったが、素顔もライオンであった(これは父親譲りである)。

頭脳派のライトニングに比べ、短気で粗暴な面が目立つが、一方で精神的に繊細な面があり、試合中に過去のトラウマを刺激され、怒り狂う事もあった。
大柄な肉体を生かしたパワーファイトを得意とし、力押しではマンモスマンすら打ち負かすほど。

実は一族から逃げ出した時間超人に強姦された正義超人の母親から生まれた混血児であり、その為に作り出せるエキゾチック物質の量は純粋な時間超人であるライトニングに及ばない。
母親は成長するに連れて自分を拐かした時間超人に似ていくサンダーに恐怖し、遂には我が子を置いてどこかへ去ってしまう。後日、祖母から自分の父の事を聞かされたサンダーは父親の真実に絶望するとともに雨の中、母を求めて泣き叫ぶ。

そんな過去から親子の絆というものに深い不信感と憎しみを抱いており、正義超人に対する執念の源となっている。
ライトニングにはそれを隠していた。

戦闘スタイル

タッグの必殺技はライトニングの両脚がニードルに変化し、サンダーに抑え込まれた超人の身体を貫く「死時計の刻印(デスウォッチ・ブランディング)」、ライトニングが敵の超人を抑えこみ、サンダーの両脚に叩きつける「世界崩壊の終局(フィナーレ)」。
両者とも、マウスピースを口に入れ、量子力学で言うエキゾチック物質を生成し、時間軸をずらして加速する「アクセレイション」、また自分の身体を回復させる「ボディクロック・バックスピン」を使うことができる。
ライトニングの必殺武器は「煮えたぎる鎌(ボイリングシックル)」、サンダーの必殺武器は「リオンフィンガー」。

ブロッケンJr.ジェロニモの「テガタナーズ」、ロビンマスクテリー・ザ・キッドの「アドレナリンズ」には完勝するが、「新星・ヘルイクスパンションズ」には苦戦。しかし、フェアプレイに目覚めたネプチューンマンマンモスマンが見放したことで辛くも勝利。

しかし、万太郎と復活したケビンマスクのタッグ「ヤングマスターズ」とは血で血を洗う激戦の末、サンダーが限界を迎え「NIKU-RAP」で仕留められたあと、悪行超人としての心が折れたライトニングともども、最強のツープラトン「マッスルキングダム」でマットに沈められた。

pixivに投稿された作品 pixivで「世界五大厄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15471

コメント