ピクシブ百科事典

武装少女マキャヴェリズム

ぶそうしょうじょまきゃべりずむ

武装少女マキャヴェリズムとは、KADOKAWAの漫画雑誌月刊少年エース(角川書店からの引き継ぎ)に連載中の漫画作品である。
目次[非表示]

概要

原作:黒神遊夜、作画:神崎かるなによる学園反逆バトルアクションである。メイン画像はpixivユーザーでもある神崎氏によるもの。

なお、この作品と同じコンビが手掛けた「しなこいっ」→「竹刀短し恋せよ乙女」と同じ世界を舞台としており、「竹刀短し恋せよ乙女」から引き続き出演しているキャラクターもいる。

2017年春アニメとして、テレビアニメ化された。制作はSILVERLINK.が担当。放送局は、同じKADOKAWA系の作品である「終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」および(この作品に関しては「ルーツ」は異なるが)「ひなこのーと」と共通。
また、アニメ化される直前の同年1月には、東京・中目黒にある「芝居小屋」・キンケロシアターにて舞台演劇版が上演されている。

ストーリー

主人公である納村不道が転校先の愛地共生学園にて、鬼瓦輪に目を付けられてしまい、粛清対象として狙われてしまう所から物語は始まる。

愛地共生学園では武装した女子達による無慈悲と言えるような男子支配が行われており、それに巻き込まれたという事になるのだが――。

登場人物

キャラクター名の由来は、多くが日本神話昔話からとられている。
また、増子寺に関しては史実の人物である増子女王、もしくは某芸能人から拝借している。


マキャヴェリズムとは

ルネサンス期のイタリアの思想家・ニッコロ・マキャヴェリによって提唱された考え方の一つ。「どんなに卑劣な手段、非道徳的な行いを用いたとしても、それが最終的に国の利益となるならば良しとするべし」というもの。

ぶっちゃけて言うと終わり良ければ全て良し』に近い何でもありの結果主義。作品に登場するヒロインたちは単純な剣術勝負の枠にとどまらず、矯正(共生)の大義名分の元に様々な搦め手・策略も引っ提げてやってくる。自由と平穏を愛する主人公・ノムラが、それをいかにしてくぐり抜けていくかが物語の主軸にもなっていく。

関連タグ

月刊少年エース 学園もの

外部サイト

特設サイト
テレビアニメ公式サイト

関連記事

親記事

月刊少年エース げっかんしょうねんえーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「武装少女マキャヴェリズム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「武装少女マキャヴェリズム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4384233

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました