ピクシブ百科事典

ポポイ

ぽぽい

ポポイとは、キャラクター名。ここではゲーム『聖剣伝説2』のポポイについて解説。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ゲーム聖剣伝説2』に登場するキャラクター。本項で解説。
  2. ゲーム『ぷよぷよフィーバー』に登場するキャラクター。→ポポイ(ぷよぷよ)

概要

1993年スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたRPG聖剣伝説2(SFC)』の登場人物。
三人目のプレイヤーキャラクターで、妖精族の子供。

公表名は「ポポイ」だがこれはランディ主人公)によって名付けられた名前であり、本来の名前は不明(風の神殿の「じっちゃん」も、「おチビ」としか呼ばない)。

また、妖精であるため性別は不明確とされており、後年の『ロードオブヴァーミリオン』ではカード裏面の表記に「両性」と記載されている。
だが、その性格(後述)の為か少年扱いされることがほとんどである。

生い立ち

帝国軍に襲われて壊滅した妖精族の村の生き残り。

洪水の所為でガイアのヘソに流されてきたところをドワーフ村の村長に保護されるが、記憶を失っている。
しかし、持ち前の楽天的な性格からあまり気にしておらず、むしろその経緯をダシに村の見せ物小屋にてサギ紛いの商売を働いていた(その商売とは、ちびっこハンマーで小人になった振りをして、ひもじい妖精の子供を演じる事であった…)。

ランディ達と出会ったのもこの村で、村長に諭されて同行することになる。

容姿・性格

身長95センチメートルで体重32キログラムというパーティで最も小柄な体格で、髪は赤いモサモサの長髪。
緑色のローブをまとい、顔にはインディアンを彷彿とさせるメイクが施されている。
また、頭部にはウサ耳を彷彿とさせる大きな羽根飾りを着けている。

基本的にランディ達を子分と呼ぶ・ムキになって口論する・ぶりっこをするわと生意気で計算高い小悪魔というようなややクセのある性格だが、精神的なタフさでは三人の中で一番だろう。

…まあ、ステータスにおいては三人中一番力も体力もないのだが。おかげで「ポポイに死神がついた」の文章を何度も目にしたプレイヤーは多いはずである。

ゲーム内での扱い

そんなポポイの存在意義とはズバリ「攻撃魔法」
ファイアボール、氷塊、落雷、暗黒パワー、植物の生命力そのものの爆発など、精霊魔法の攻撃的な側面を引き出す専門家。
最初は足手まといなのだが、ストーリーを進め精霊を仲間にするごとに新たな魔法を習得、
終盤ともなればMP吸収魔法と連続魔(精霊が消えた直後に再召喚)の併せ技で、無尽の殲滅力を発揮してくれる。とくに対ボス戦では、武器攻撃の出番を完全に奪うことになりかねない程である。

とは言っても、魔法を強化するには何度も繰り返し使い続けて熟練値を上げねばならず、さらにMP回復アイテムは高価で所持は4つまでという制限もある。
成長してチートな大魔法使いに至るまではマメな育成とMP管理が求められるだろう。
(町中などで武器ナシの状態だと熟練しにくい点には注意して頂きたい)

余談

関連イラスト

森が教えてくれたこと。
聖剣伝説のポポイ


ポポイ
また、会えるよね



関連タグ

聖剣伝説2 ロードオブヴァーミリオン
ランディ プリム フラミー
妖精 両性具有

pixivに投稿された作品 pixivで「ポポイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 571477

コメント