ピクシブ百科事典

一色真

いっしきまこと

バーベム財団から送り込まれた人間で、エリート意識が強く高慢な物言いをする。

概要

CV:関俊彦 少年時代:朴璐美
地球連合監察官で20話以降はTERRA臨時司令。バーベム財団から送り込まれた人間で、エリート意識が強く高慢な物言いをする。そのため、周囲からは「白ヘビ」と揶揄されていた。現在では性格は歪んでいるが、本来はとても優しい性格である。
ランクが低い奏者(ランクD)であることがトラウマ、特に「D」という言葉に強い拒絶反応を示す。ランクDは量産型の意であり、一色自身は、奏者(ラーゼフォンのパイロット)に万が一の事態が起きた場合に備えての「保険(代用品)」としてバーベム財団のバイオテクノロジーによって生み出された人造人間であるDシリーズ達の中で従来のバージョンよりも長寿命化に成功し、唯一固有名を与えられ英才教育を受けたデザイナーズチルドレンであった。
ダウンフォール作戦失敗が原因で解任後は艦艇に監禁されていたが、連行しに来た兵士達を殺害し脱走、さらにシュバルツァーのパイロットの生き残り3名と執事およびバーベム卿を射殺(この時既にバーベム卿の魂はヘレナの体に移っていたため、肉体のみで実際には殺せていないが)するも、直後に侍女のライラと相討ちとなり、凄惨な最期を迎えた。
映画版では、功を焦り功刀に対抗意識を燃やす戦術部長として数シーン登場したのみで「ダウンフォール作戦」発動後は出番は無く、バーベム卿の肉体を射殺したのは、バーベム卿の魂の移植が完了したヘレナに変更された。


関連タグ

白ヘビ ヘレナ・バーベム

pixivに投稿された作品 pixivで「一色真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1078

コメント