ピクシブ百科事典

バロンズゥ

ばろんずぅ

ブレンパワードに登場する突然変異型のアンチボディ。
目次[非表示]

概要

グランチャーの突然変異体のアンチボディ。ジョナサンのもとへママン…もとい謎の男バロン・マクシミリアンが持ってきた。
最後にはバロン本人が乗り込み、巨大化する。
手持ち武器は無く肩のフィンプレートが伸びて、ガンダムで言うサイコミュの様に攻撃する。
このフィンプレートはソードエクステンションと同様の機能を持っており、触れた相手を切り裂く。

クインシィバロンズゥ

依衣子など、ここにはいない! 私はクインシィ・イッサーである!


様子がおかしかったクインシィグランチャーも、最後には実家の近所でバロンズゥにリバイバルした。
ジョナサン機とは違い肩のびろびろが出ず、普通にソードエクステンションを使用する。

ハイパーバロンズゥ
名前は公式名称ではなく、スパロボシリーズが初出。
バロン・マクリミリアンの憎しみの感情に呼応、チャクラが暴走して巨大化したバロンズゥ。
従来のアンチボディを遥かに上回る戦艦並みの大きさに巨大化していながら、機動性や運動性は全く変わっておらず、巨大化に伴って各種武装も凄まじい破壊力を発揮するようになっている。
また、機体から発せられるエネルギーの量も尋常ではなく、普通に移動するだけで並みのアンチボディなどは吹き飛ばしてしまうほどの衝撃波を生み出す。

ゲームでのバロンズゥ

Another Century's Episode(以下ACE)

第一作から第三作まで隠しユニットとして登場するが、ジョナサンバロンズゥのみ登場。
バイタルジャンプ移動や、出撃時のAPによって性能が左右する「機嫌」を持つ。
手持ち武器を使わず、全身を使って攻撃するが、移動速度は遅い。
武器のリロードも早く、マルチロック攻撃も可能。
チャクラ光一斉射撃は、ディストーションフィールドを貫通し、リロード時間も早いのだが、足を止めてしまう攻撃なので使いどころに注意。
第二作から登場したクインシィ・バロンズゥは、ジョナサンバロンズゥよりもチャクラ光の連射性が高く、命中した敵をスタン状態(※例外あり)にする「スリットウエハー」をこの機体で使用可能。
また、ジョナサンバロンズゥよりもチャクラシールドの持続時間が長い。

※例外:なぜか近接攻撃は斬り返される。

スーパーロボット対戦シリーズ

第2次スーパーロボット大戦αで登場。敵としてジョナサンがこれに乗って初登場。
その後、大気圏上でオルファンを巡る戦いにおいて、クインシィグランチャーがクインシィバロンズゥにマップ上でリバイバル。ジョナサン機よりも高い性能を誇っている。
最終的にはバロン自らが乗り込み、ジョナサンが登場していた時よりも性能が大幅にアップした敵ユニットとして登場する。
前述でクインシィバロンズゥはソードエクステンションを使用すると書かれているが、ニルファではジョナサンバロンズゥと同じモーションである。
ちなみに、ニルファバロンズゥは味方として使用できないが、スーパーロボット大戦Jでは、味方として登場し、勇と依衣子との合体攻撃が可能。

関連タグ

ブレンパワード
ジョナサン・グレーン
クインシィ・イッサー

pixivに投稿された作品 pixivで「バロンズゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32714

コメント