2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジョナサン・グレーン

じょなさんぐれーん

「ジョナサン・グレーン」とは、『ブレンパワード』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

性別
年齢24歳
血液型不明
CV青羽剛


概要

オルファンのグランチャー乗りである。

リクレイマー」の攻撃部隊の実質的リーダーで部隊の先頭に立つと同時に、伊佐未ファミリーからリクレイマーの実権を奪う隙をうかがっている人物でもある。リクレイマー時代の伊佐未勇にとってはアニキ分的な立場であった。
伊佐未勇の母親である伊佐未翠とは愛人関係にあり、クインシィ(伊佐未依衣子)をも自分の意のままに操ろうとしている。


実は、「ノヴィス・ノア」の初代艦長アノーア・マコーミックの実子(試験管ベイビー)である。だが、多感な幼少期にないがしろにされ孤独で不幸な体験をしていたため、母アノーア・マコーミックに対して愛憎入り混じった強烈なマザーコンプレックスを抱き、鬱屈した性格になっている。本名はジョナサン・マコーミックだが、クインシィ・イッサーと同様に家族との決別せんがため捨てた。

そのような境遇のため性格もかなり不安定で、普段は計算高く立ち回りクールな振舞いが目立つが、戦闘に際しては激昂して周りが見えなくなり狂気とさえ思えてくる。
戦闘の際の「死ねよやぁー!」などの独特なセリフ回しや、上目遣いのいやらしい目線、わきわきと指を動かす仕草(精神的に不安定な者にみられるチック(トゥレット障害)に似ている)が特徴的である。それ以外にも上着の胸ポケットに親指を引っかけるように突っ込んでいたり、頭の上にヘルメットを載せる等、他にもいろいろ独特な癖や行動が見受けられる。

因みに劇中では翠とクインシィを抱いた事を勇の目の前で暴露し、勇を精神的に揺さぶって半泣きにさせた事もあった。
当初は動揺と怒りを抑えていた勇も最後には怒りを抑えられず、彼の所業を「犬畜生以下」「鬼」「外道の極み」として激昂していた。
なお、登場人物の心情や舞台裏が詳しく言及されているノベライズ版によると、実際はクインシィには手をつけておらず、勇を挑発するためのハッタリだったようである(オカンの愛人という時点で十分にショックだが)。
ちなみに母親に愛憎交わる複雑な感情を抱くジョナサンからすれば、母親としての責務を捨て子供達を顧みず女や研究者としての欲求を優先する翠に対してはむしろ嫌悪を抱いてるのではないかと推測するファンもいる。

余談

国内版では一部のファンの間ではジョナサンに関連する『クリスマス』や『マザコン』という要素がネタにされているが、欧米諸国においては、『クリスマスは家族と一緒に過ごすことをとても重要視しており、クリスマス当日に子供を家に一人ぼっちにしてしまう事は、最悪の場合親権を剥奪されても文句は言えない程の、育児放棄に等しい最低最悪の鬼畜の所業』とされている。
そのため欧米吹き替え版では、

  • 該当シーンを削除するか本気で検討される
  • 該当シーンは本家である国内版以上に迫真の熱演になった
  • その内容から演じた声優が降板を考える程に思い詰めて、収録後は号泣してしまい状態になってしまった。
等の深刻な事態にまで発展してしまった……という話がまことしやかに語られることが有るが、実際の所はソース不明の情報である。ただ、英語吹き替えを担当したKirby Morrow氏の熱演は一聴の価値がある(上記の話を信じさせるような)迫真の演技ではある

関連イラスト

ジョナサンタ
ジョナサンの成分は純粋なオーガニック的な何か


ママンからプレゼントの代わりにピストルの弾を貰えた名言製造機
ヴァジュリーラなジョナサン



関連タグ

ブレンパワード ジョナサン・マコーミック 親子どんぶり 犬畜生 マザコン クリスマス 
クリスマスプレゼントだろ!!:ジョナサンを語る上で不可欠な台詞。詳細は個別記事を参照。

トッド・ギネス:ブレンパワードと同じサンライズのロボットアニメ作品に登場するキャラ。Another Century's Episode2にてマザコン繋がりか彼との絡みが見られる。

関連記事

親記事

リクレイマー りくれいまー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジョナサン・グレーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 281955

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました