ピクシブ百科事典

ドリファント

どりふぁんと

超時空世紀オーガスに登場するエマーン側のメカの総称。 通称「腕メカ」。
目次[非表示]

エマーンのメカはすべて慣性を制御する機能を持っており、それにより滑空、飛行、高機動戦闘を行なう。 共通する特徴として「腕」を持っている。多くの場合脚は無い。 これらの腕メカはドリファンド(「ドリフト・ハンド」の略)と総称される。 なお、ドリファンドは専用のヘッドセットを操縦者が装着する事により、ある程度の思考制御が可能となっている。
本来なら腕だけメカをドリファントと分類するはずなのだが、足のあるオーガスも便宜上ドリファントの部類となっている(プラモデルのパッケージでもドリファントと紹介されてる為。)

カデコリー

オーガス

半壊した桂のブロンコIIを修理する際に、モラーバの腕を付けた戦闘ドリファンド。あり合わせで作られたメカだが、人型メカの存在しない混乱時空においては多大な戦力となり、その戦闘能力を高く評価したエマーンにより、後にオーガスIIとして量産されることになった。
両腕前腕部にはモラーバから継承した連装のグレネードガンが装備されている。ミサイルガンはモラーバとは異なり、右腕に固定装備するタイプでオーガロイド時の射界が広い。ガウォーク形態では右足にセットされる。加えて左右主翼にブロンコIIから引き継いだ形で、ミサイルを計12発装備することが可能。
グローマ内での命名会議で「ギャモン」と最後まで競り合った後、ジャビーの世界の言葉で「戦いの神」を意味する「オーガス」と名付けられた。なお、この命名会議の中で、番組の企画初期タイトルである「ネビュラード」が桂の思いついた名称案として登場していた。桂木桂の機体のカラーリングは白地にワンポイントとして赤が入る。関節部は茶色。

変形機構

フライヤー・ガウォーク・タンク・オーガロイドの4形態に変形可能。

オーガス・フライヤー

飛行機形態。限界高度の制限のため飛行高度がとれず、また衝撃波で地表に被害を与えるため、音速航行が事実上できない。

オーガス・ガウォーク

フライヤー形態から脚部を展開した形態。空中での機動性に優れる。オーガスの基本形態で格納状態ではガウォークのまま、グローマのカタパルトレールに吊り下げられていた

オーガス・タンク

腕部を展開し、両足を前に突き出した地上移動用形態。音速航行ができないフライヤーに代わりに地表付近を高速移動できる形態として、準備された。ただし、この形態は放送中ほとんど登場せず、オープニングにも出てこない(作中ではオリジナルとオルソンスペシャル、量産型がそれぞれ一度ずつ披露したのみである)。

オーガス・オーガロイド

人型ロボット形態。末端肥大的なプロポーションであり、格闘戦向きとなっている。

バリエーション

オーガスII (一般兵士用)

エマーンがチラムとの決戦にあたって実戦配備した戦闘ドリファンド。オーガスの量産タイプで、原型機とは頭部デザインと脚部、および全体の配色が異なる。主に褐色系に塗装されている。
オーガス原型機に残っていた旧『ブロンコ II』の不要部分を排除することによる軽量化と共に、エンジン出力の向上を行い、原型機より総合性能自体は向上したが、その分一般的な練度の操縦士には扱い難くなってしまったため、エンジンに出力を減格する制限器(リミッター)がかけられている。
劇中では主にスレイが搭乗した。

オーガス II (オルソン・スペシャル/指揮官用)

チラムを離れたオルソンが乗ったオーガス。頭部や配色、脚部のデザインが桂のオリジナルオーガスと異なる。個人用カスタム機であり、一般兵士用オーガスIIともデザインが異なっている。塗装は青灰色。
パイロットの技量が考慮された結果、一般兵士用機に装備されていたエンジンの制限器(リミッター)が解除されているため、各オーガス系列(シリーズ)機体中、最も高性能である。オルソン専用機だが、桂も一度、搭乗して実戦に出ている。


モラーバ

モラーバ・マーイ

エマーンの標準的なドリファンド。一人乗りで腹ばいになって搭乗する。「モラーバー」とも呼称される。
可変式の「腕」を有しており、作業および戦闘用に用いることができる。巡航時はおりたたむこともできる。ブーストジャックというブースターを装備可能。
名前が示す通り、ほぼマーイの専用機である(だが、エマーン本国でマーキング違いの同型機がグローマとすれ違う描写がある)。リーア機とは武装が異なり、背部に大型バルカン砲、腕に連装グレネードガンが装備されている。設定では軽武装型と記述されている。

モラーバ・リーア

同じく標準的なドリファンドで、こちらはリーアの専用機である。
マニピュレーターが多少貧弱で、背部にはオーガスの右手武装ともなった大型ミサイルガンを装備。機首に機関砲、両腕部に9連装ミサイルランチャーを持つ重武装型。マーイ機に比べると機動性はやや劣る。
武装と機体色以外はマーイ機とほぼ共通で、ブーストジャックも装備可能。

その他

ディー

エマーンの軽ドリファンド。並列複座(サイドバイサイド)の探索ジープ。腕上部にバルカンorミサイルポッドを装備。腕は折りたためず、旧式を思わせる。コクピット後部に機銃や、モラーバ用ミサイルガンを旋回式に搭載したモーム搭乗機の様なバリエーションも存在する。第一話での撃墜機にパプティの夫が乗っていたり、モームの愛機として度々登場する等、地味だが印象的な使われ方をしていた。塗装は黄色。

ディモーラ

エマーンの戦闘ドリファンド。モラーバよりも新型で主にトーブ家(マニーシャ隊)に配備されている。モラーバと異なり、コクピットは通常のシート式。劇中終盤ではミムジィも搭乗した。武装は機体下部の三連装ビームガンと両腕部付け根のミサイルランチャー×4基。塗装は青と橙色。

ダル

エマーンの重作業用ドリファンド。慣性制御で飛行もするが、車輪で地上走行も可能な武装トラック。本来は戦闘用ではないが三連装大型ロータリー・キャノン砲を装備し、3本腕に可変する。最終決戦時にはジャビーも搭乗した。機体色は青。

関連記事

親記事

超時空世紀オーガス ちょうじくうせいきおーがす

兄弟記事

コメント