2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

作品の方は→『鉄人28号

どんな攻撃にも耐えうる鉄の鎧に身を固め、計り知れぬ力で居並ぶ敵を叩いて砕く!
決して倒れる事もなく死ぬ事もなく、ただひたすら操縦者の意のままに闘い続ける不死身の兵士!
海であろうが!空であろうが!闘う場所を選ばない!
それが…それが…!勝利する事のみを目的とした完全なる兵器!
鉄人…鉄人28号!! (2004年版 敷島博士の演説より)

鉄人28号(原作漫画版)

太平洋戦争の最中、鉄人計画のもと敷島博士は長野県乗鞍岳の地下施設でロボット兵器の開発を行っていた。しかし起動実験は失敗し、研究チームは南方の孤島での特攻機開発へと回され計画は凍結された。そして終戦後の復興が進む日本において、謎の覆面男が国際的犯罪組織を背景に鉄人を完成させた。日本警察や某国スパイなどとのリモコン争奪戦の後、正太郎がリモコンを所有するに至り鉄人本体は正太郎邸の庭に置かれることとなった。

武器は何一つ持っていないが、格闘性能は非常に高く、小型ダム程度ならパンチ一発で撃ち崩し、自分より巨大なロボットでも軽々と振り回す。その名が示す通り鋼鉄の身体は銃弾や戦車の攻撃を物ともしない。偽鉄人との正面衝突などにみられるように、並みのロボットとは一線を画する頑丈さを誇る。ファイア3世との戦いでは熱戦の直撃に耐えており、これを見たビッグファイア博士は「特殊鉄鋼を使っているな」と分析していた。

作中で鉄人は頻繁に手足をもがれるが、それが原因で機能停止に陥ることはない。片腕を失った程度であれば何の問題もなく戦闘を続行できる。また、リモコンが無事ならば本体とは別に外れた四肢を遠隔操作することも可能。これらは独立連動装置によるもので、可動部それぞれに動力源を配し機構を独立させ、各部を上手く連動させることで常にパワーを維持することができる。また体格以上のパワーは、これらを一度に発揮することで得ているとされる。奪った鉄人を修理する際に独立連動装置を分析したロビーは、「コウイウ造リ方ダトコレ以上造ルノハ無理ナノカナ」と、装置の完成度を示す発言をしている。

当初ロケットは装備されておらず、S国スパイ団によって奪われた際に増設されている。後付けのパーツであるためか、ロケットの故障頻度は高く、堅牢性も鉄人本体に比べ低めである。胸を覆う緑色のリングはロケットを本体に固定するパーツである。
空の他にも海底、灼熱の砂漠、吹雪く高山地帯においても問題無く機能しており、高い地形適応性も兼ね備えている。

明確な必殺技は存在しないものの、堅牢な装甲とロケットのスピードを活かした体当たり攻撃で怪ロボットを薙ぎ倒す場面が多い。これに重力のエネルギーを加えた鉄人の急降下攻撃をギルバートが受け止めた際は、大塚署長ばかりか正太郎さえもが驚愕していた。

より強力なロボットが登場する中でも、鉄人の通信機能は特に高性能であるとされており、その技術を狙って鉄人を奪おうとした組織も現れた。ただし、ブラックオックスやアカエイの発する磁気に電波を乱されるという弱点もある。初期の描写では腕のリングは電波受信機として機能していた。

作中では鉄人の操縦方法については明確には描写されていない。「直接操縦」とも「自動操縦に対して適宜命令する」システム(もしくはそれらの混合)ともとれる場面が混在している。ホワイトバッファロー山でのファイア2世との戦いでは独自の判断で動いているように見える。また、「暴れまわれ」といった命令を受けて、攻撃目標を指定しない戦闘を行うことも可能で、そのことから簡単な行動なら自己判断できるのでは、と考えられている。

後の作品のような明確なスペックは設定されておらず、連載初期のエピソードでは、民家の屋根や普通に屋内で戦う等、巨大ロボという概念が確立した現在から見ると、巨大ロボと言えるぎりぎりの大きさだったが、すぐに人間を片手で掴むほどまで巨大化した。連載初期のころに制作されたとされる実写版の鉄人28号でも人間より一回り大きいほどであった。
(2009年に神戸に建設された実物大の立像では直立時18mの設定で製作されている)

太陽の使者鉄人28号

全長:20.0m
重量:25.8t
飛行速度:マッハ4.02

金田博士が開発していた新世代ロボットで、鉄人のテクノロジーを狙ったロボットマフィアの首領ブランチによって金田博士が殺害された後は、友人の敷島博士が引き継ぎ完成させた。
初代同様武器武装などは一切無く、太陽エネルギー変換システムと独立連動システムが生み出す強大なパワーから繰り出す「ハンマーパンチ」や「フライングキック」などの必殺技で敵を倒す。各部に独立運動システムを内蔵する点も初代を踏襲している。は探索用センサーライトで深海や宇宙での探索に使用される。背部の飛行用ブースターは設計当初からあるもので、宇宙用ブースターなどへの換装も想定していた。

リモコンは「ヴィジョンコントローラー」(通称「Vコン」)を使用する。Vコンはトランクサイズのコントローラーで、操縦する際は中を開きアンテナを出す。中には操縦用のグリップが左右にあり、それを動かしつつ音声入力を併用して操縦する。レインボーチャンネルと言う7種の波長を持つ電波を発信できるため、電波妨害を起こすことはめったにない。電波の出力範囲は広く、日本から裏側のブラジルまで届くほど。
欠点はトランクレベルの大きさと移動中は乗り物を用いないと操縦できないこと。その大きさ故に持ち運びながらの操縦は困難で、敵に簡単に奪われたり操縦中に狙われたりすることがしばしばあった。

現時点で唯一スーパーロボット大戦シリーズに参戦している鉄人。
デザインアレンジはバンダイ村上克司が担当。

超電動ロボ鉄人28号FX

全長:18.0m
全幅:9.5m
重量:24.8t
最大起重:8.2t
最大速度:130km/h

1971年に初代・鉄人28号を元にした新鉄人計画、1991年に国際ロボットプロジェクトの規格や原則を経て製作された、28番目のロボット。1998年に着手し、完成までに五年の歳月を掛けている。
特殊機能として半径10m以内の危険を探知する電波発信源防衛システムと戦闘能力を倍加させるダイレクト・ドライブ・システムを装備する。また、超電動システムを搭載する他の鉄人とのリンクも可能で、「鉄人17号フェニックス」との合体で飛行を可能としたり、鉄人29号との連携で「ダブルパワー・ジェノサイドバスター」と言う強化技も披露している。
リモコンは「グリッドランサー」と呼ばれる銃型のコントローラー。銃底にあるテンキーで命令内容を入力し、トリガーを引くことでFXやフェニックスを操縦する。波長の調整も可能で、それを合わせることで他の鉄人の操縦も可能となる。
それとは別に前述した初代鉄人28号も現役で活躍している。流石に型落ちどころの話ではない古さなのでスペック的には新世代鉄人シリーズには見劣りするが、初代鉄人が活躍するエピソードもあるなど活躍の場が無いわけではない。

鉄人28号(2004年版)

第二次大戦中、南方の日本軍の秘密研究所で金田博士が、日本勝利に導く「鉄人計画」に基づいて建造した兵器である。
公式名とは別に、金田博士が当時まだ見ぬ自分の息子の名前「正太郎」を愛称として授けていた。
「太陽爆弾」と称される金田博士の開発した非常に危険な動力源を内蔵しており、その能力を最大限に発揮する事で驚異的な性能を見せるが、最終的にはその力に機体が耐えられず自壊してしまう。
この他にも金田博士の開発した「廃墟弾」という兵器を満載した超巨大な「大鉄人」という機体が劇場版で登場している。

この作品での鉄人は、正太郎と鉄人の関係を「兄弟」や「もう一人の自分」にしてより濃密にしたり「兵器」としての面を色濃くしている。

鉄人28号ガオ!

可愛らしくデフォルメされているが、基本的に敵を一撃で破壊する最強なロボットになっている。
普段は金田家の庭に体育座りで野ざらしに待機している。
敷島博士に魔改造レベルの改造をことあるごとにされそうになったりされているが、無事に元のままである。
よくリモコンを奪われては悪魔の手先になっている。

鉄人28号(実写映画版)

元々は金田正太郎の祖父が第2次大戦中、極秘裏に開発を進めていた「鉄人1号」を、戦後になって正太郎の父である金田博士によって平和産業を目的に再開発されたもの。
2号から27号まではすべて失敗に終わり、28号でようやく完成したものの博士が実験中の事故によって死亡した為製造は打ち止めとなり、研究所のある孤島に放置されていた。
当初は色が塗られていないホワイトカラーだったものの、ブラックオックスに敗北後は最新の科学技術と旧鉄人開発スタッフによる合同作業によって大幅にアップデートされ、色も青を基調としたものに、さらには金田博士の悲願であったロケットエンジンによる飛行も実現させた。

操縦者が特殊なヘッドマウントディスプレイを装着することで鉄人と同じ目線で操縦することができるが、反面鉄人が受けたダメージがフィードバックしてしまう。

リモコン

鉄人28号シリーズでは、リモコン(『太陽の使者』はVコン、『FX』はグリッドランサー)を奪われて敵により「悪魔の手先」になってしまうエピソードがある。
主題歌にもあるように、まさに「いいも悪いもリモコン次第」である。
ちなみに鉄人自体も前述の通り人工AIらしきものを持っているものの、所詮は単なる無人兵器として開発されたため暴れることしかできない。というのも、当時掲載誌「少年」(光文社)の看板だった『鉄腕アトム』が優れたAIで勝手に善悪を判断し勝手に動き回って戦うという「」の体現者であったことのアンチテーゼとして、最初は鉄人は「」の化身として描かれたから、という理由がある。

そして、それは、鉄人28号シリーズだけではなく、全てのロボットアニメ、いや、全ての事柄にも言える事でもある、「力を得た者」が「その力」を「どう使うのか」という、我々に問い続ける命題なのかもしれない。

名称

細かいことだが、語意的に1機しかないからこそ「28号」である。
漫画版の鉄人1~26号は量産型だが、26機を区別するために「号」で数えられる。
したがって型番28号そのものが量産された場合、鉄人28型と呼ばれるだろう。

なぜ28号なのかというと、先の大戦で日本各地を焼け野原にしたB-29の存在がある。
戦後、疎開先から帰ってきた横山光輝氏が見たものは、一面瓦礫の山になった神戸の街であった。
高射砲も届かない上空を飛び、「空の要塞」と呼ばれたB-29の強大なイメージが、鉄人28号の兵器としての側面に通じているのである。
そのため連載前の煽り文では正義アトム、悪の鉄人!」などと書かれ、正太郎に操られる前は理性を持たない怪物として暴れ回ることとなった。

ただし、鉄人28号は戦時中に起動に失敗して一度爆発四散したことが描かれているため、実は2機あった可能性もある(どちらにしろ現存するのは1機しかないが)
ちなみにその外見は鉄人27号と同じものであり、現存する28号は修復或いは新造する際にかなりの改装が行われたようである。
(余談だが28号出現の報せを聞いて駆けつけてきた敷島博士は27号を見て違和感を覚えているが、27号であるとは断言できなかったので、27号の方も「戦時中の28号」と同型に改装されている可能性がある)

余談

幼い日の永井豪は漫画少年であり、アトムとともに鉄人の読者でもあった。
その際、27号と異なる28号の異形かつ恐ろし気な外観に、当初違和感を覚えていた。しかし、鉄人28号がリモコンにより正太郎の味方になって活躍するのを見て、恐ろし気な異形の外観が頼もしく感じるように。そこから「怖そうな奴を味方にすると、これほど頼もしい事は無い」という事を、子供心に学んだとの事。
後に『マジンガーZ』を連載する際。マジンガーZの「強面な外観」や、「操縦者自体で善悪どちらにもなる」という点は、鉄人からの影響からとコメントしている。

関連イラスト

日本家屋で
金田伊功メモリアル【12】 太陽の使者 鉄人28号


FX
てつじん!



関連タグ

鉄人28号 太陽の使者鉄人28号 超電動ロボ鉄人28号FX 鉄人28号ガオ!
ブラックオックス
鉄人28号FX 鉄人27号
ジャイアントロボ ガイアー ゴッドマーズ
巨大ロボット スーパーロボット リアルロボット

関連記事

親記事

鉄人28号 てつじんにじゅうはちごう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3608

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました