ピクシブ百科事典

大塚署長

おおつかしょちょう

本来は「鉄人28号」に登場する警視庁の刑事。横山作品のお祭りアニメ「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日-」にも登場した。
目次[非表示]

概要

横山光輝の漫画及びアニメ「鉄人28号」に登場し、主人公金田正太郎と共に事件を解決する。どの作品においても、ガッシリ体型で鼻ヒゲを生やしている。
人望があり正義感も強い有能な警察官。コミカルな言動で周囲を和ませるムードメーカーでもあるが、推理力では少年探偵の正太郎の方が上をいく。

正太郎にとって大塚は親戚のおじさんみたいなものだが、大塚は正太郎を実の息子のように大切に思っている。ちなみに既婚者で加代子という(美人)がいて、子供はいない。
初期は署長としか呼ばれておらず、大塚という姓がついたのは後になってから。

『太陽の使者 鉄人28号』での署長

元は所轄署の警部だったが、正太郎の協力者だったため後にインターポール捜査官となった。
原作よりややハンサムで、生身での戦闘力も高い。
アニメ二作目にして初めて大塚茂(おおつかしげる)という名前がつけられた。

六神合体ゴッドマーズ』での署長

コスモクラッシャー隊を率いる防衛隊長官。明神タケルを始めとする若き隊員を見守る
父親的存在であり、タケルの育ての親である明神博士の親友でもある。
キャラデザも声優も太陽の使者版と同じであり、いわゆるスターシステムの扱い。
放送当時のアニメ雑誌では「太陽の使者」の大塚所長がロボットマフィアと宇宙魔王を倒した功績で出世した未来の姿と書かれていた。『スーパーロボット大戦Z』シリーズでもこちらの設定が流用されており、『第二次~』では国連平和理事会の幹部に着任しコスモクラッシャー隊(他のロボットアニメのヒーローたちも所属)を率いて戦う。

ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日-』での署長

アニメには名前しか登場しないが、なんと国際警察機構最強のエージェントである九大天王の一人となっている。作中で登場した他の九大天王は生身で巨大ロボットを圧倒するほどのと互角の扱いだったため、それまでの署長のイメージを覆す設定は当時の視聴者に衝撃を与えた。

後にこのアニメを元に制作された漫画『地球が燃え尽きる日』では、コミカルで憎めない従来のイメージに近い性格で登場する。
警察官らしく尋問や捕縛に特化した能力を持ち、手錠で捕縛した相手の周囲にカツ丼型の結界を展開して尋問を行うというシュールなものになっている。ただし、この結界の中で出される極上のカツ丼を食べた者は、質問に対して嘘を付くと手錠で全身を引き裂かれてしまうというえげつない追加効果がある。
敵である筈の衝撃のアルベルトとは縁あって共闘することもあり、ストーリー内でも主人公の草間大作を何かと助けてくれるなど活躍の場は少なくない。

なおGRが参戦した『スーパーロボット大戦64』においても「ゴッドマーズ」版の大塚が登場するが、秘密にされているはずの梁山泊の位置を知っているというネタがあり、攻略本では「九大天王の一人かもしれない」と仄めかされている。

『鉄人28号(2004年版)』

原作に近い設定で登場。戦時中から金田夫妻とは親しく、金田博士が南方に赴任する際には
妻子の将来まで託されている。正太郎の出産にも立ち会ったこともあり、旧版と経緯は違えど
実の息子のように思っている。なお、こちらの所長は未婚
正太郎に助けられることも多いが、援護射撃で正太郎の危機を救うこともしばしば。
署長の権限で正太郎が自由に署に入る事を許可し、署長を解任された際は金田少年探偵事務所を開いて長を名乗るなど、暗い展開も多い作中で常に正太郎の身近な味方で居続けた。

……のだが、2004年版の監督を務めていたのがジャイアントロボの監督と同じ今川泰宏だった
ため、ファンからは「いつ超人化するんだ」などと冗談交じりに言われていた。

担当声優・演者

白黒版/太陽の使者/ゴッドマーズ:富田耕生
平成版:稲葉実
ガオ!松山鷹志

関連タグ

鉄人28号 警察官 ジャイアントロボ
敷島博士

関連記事

親記事

ジャイアントロボ じゃいあんとろぼ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大塚署長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8204

コメント