ピクシブ百科事典

ブラック博士

ぶらっくはかせ

漫画『鉄人28号』のキャラクター。または、アーケードゲーム『甲虫王者ムシキング』の開発者の一人。
目次[非表示]

曖昧さ回避


  1. 鉄人28号』のキャラクター。
  2. アーケードゲーム甲虫王者ムシキング』の開発者の一人。

ブラック博士(鉄人28号)

CV:家弓家正
ブラック博士とは、『鉄人28号』のキャラクター。

医師であり、体が崩れていくという奇病に悩まされていて全身を黒い布で覆っている。
同じ病気になった息子の脳を違う青年に移植すようとしたことが発覚し、住んでいる赤死館が炎上し息子と共に焼死した。

関連タグ

医師  博士


ブラック博士(甲虫王者ムシキング)

ネブ博士の自称ライバル。名前の通り、真っ黒なローブを常に身にまとっている。
ネブ博士に勝つために色々な悪戯や策略を仕掛けてくるが悪人というわけではなく、簡単に言うと「ムシキングが大好きな困ったおじさん」という人。
大型甲虫が好きで、特にアクティオンゾウカブトがお気に入り。必殺技でガンガン攻めるのが大好きで、とくしゅわざを使うのは苦手。その腕前はネブ博士に大きく劣るものの、ムシキング以外における技術には目を見張るものがある。
GBAゲームでは出番が多く、黒いおじさんのファンになった人もいるのではないだろうか。
ただ続編では悪の組織と共にネブ博士を誘拐したり、ある少女を洗脳マシン化するも制御しきれずに見捨てて逃げ出すといった割とシャレにならない行いもしているのだが…

アーケード版及びそれを収録したスーパーコレクションでも対決可能。やはり大型ムシばかり使い、必殺技を中心に攻めてくる。様々なハッタリを使ってくることもあるが、あからさま過ぎて却って大きなヒントになっているので勝つのは容易。
評価基準は「ムシの攻撃力」。バトルの結果にかかわらず、大型ムシを使えば高評価、小型ムシを使えば低評価になる。

正体はセガ ファミリーエンタテインメント研究開発部・ムシキングチームのプロデューサー植村比呂志氏で、彼こそがムシキングの真の生みの親である。

関連タグ

甲虫王者ムシキング アクティオンゾウカブト ネブ博士

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラック博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1147

コメント