ピクシブ百科事典

ブラック博士

ぶらっくはかせ

漫画『鉄人28号』のキャラクター。または、アーケードゲーム『甲虫王者ムシキング』の開発者の一人。
目次[非表示]

曖昧さ回避


  1. 鉄人28号』のキャラクター。
  2. アーケードゲーム甲虫王者ムシキング』の開発者の一人。

ブラック博士(鉄人28号)

CV:家弓家正
ブラック博士とは、『鉄人28号』のキャラクター。

赤死館と呼ばれる洋館に棲む医師。先祖代々体が崩れておぞましい容姿になっていく奇病に悩まされている為、全身を黒い布で覆っている。
同じ病気になった息子の脳を世良と呼ばれる青年に移植しようとしたが、世良が脱走したうえに彼を連れ戻す為に雇ったギャングたちとトラブルを起こし、金田正太郎や警官隊、ギャングと三つ巴の銃撃戦を繰り広げた末に赤死館が炎上。自分たちの醜い姿が明るみになる事を怖れて炎の中へとどまり、息子と共に焼死した。

2004年のアニメ版では旧日本軍の従軍医師であり、患っている病も南方戦線で感染した熱病という設定に変更された。施設も物資もない戦地で戦友たちを安楽死させていったトラウマに苦しめられている一方、山村に熱病をばら撒き、村民たちを実験台として利用するという原作以上の非道行為にも及んでいる。
最終的に世良の体内から熱病の克服に繋がる抗体が発見されたが、些細なミスから赤死館が炎上。更に息子が既に死んでいる現実から目を背けていた事に気づき、自らの罪を清算するために炎の中に留まり、抗体で村民たちを救うよう言い遺して焼死した。その際、正太郎と鉄人も自らと同じく戦争が遺した罪を背負っている事を看破している。

原作・アニメ版共にゴシックホラーのような雰囲気のエピソードであり、ブラック博士が怪ロボットなどを操る事もなかった為、鉄人は殆ど活躍していない。

関連タグ

医師  博士


ブラック博士(甲虫王者ムシキング)

ネブ博士の自称ライバル。名前の通り、真っ黒なローブを常に身にまとっている。
ネブ博士に勝つために色々な悪戯や策略を仕掛けてくるが悪人というわけではなく、簡単に言うと「ムシキングが大好きな困ったおじさん」という人。
大型甲虫が好きで、特にアクティオンゾウカブトがお気に入り。(ただし『ムシキング ほんとのキングは ヘルクレス』というセリフから、最も強いと考えるムシはヘルクレスの模様)
必殺技でガンガン攻めるのが大好きで、とくしゅわざを使うのは苦手で腕前はネブ博士に大きく劣っており、まともな勝負では勝ったためしが無い。
しかしアダーよろしくムシに強化改造を施したり、公式大会の会場をハッキングしてスタジアムのテクスチャを変えてしまったり、果てはネブ博士を洗脳して支配下に置いたりするなど、ムシバトル以外における技術には目を見張るものがある。

GBAゲームでは出番が多く、ムシキングへの真摯な姿勢から黒いおじさんのファンになった人もいるのではないだろうか。
ただし続編ではワルキング団と共にネブ博士を誘拐したり、ある少女を洗脳マシンへと改造するも、制御しきれずに見捨てて逃げ出すといった悪事を働いた挙句これらの悪事に対して一切の謝罪することなく、ワルキング団から逃げ出して主人公側に寝返るという暴挙に出ている。

アーケード版及びそれを収録したスーパーコレクションでも対決可能。やはり大型ムシばかり使い、必殺技を中心に攻めてくる。様々なハッタリを使ってくることもあるが、あからさま過ぎて却って大きなヒントになっているので勝つのは容易。
評価基準は「ムシの攻撃力」。バトルの結果にかかわらず、大型ムシを使えば高評価、小型ムシを使えば低評価になる。
ちなみに最高評価で出現するスペシャルステージでは思考パターンがかなり強化されており、ハッタリも十分に機能している。

正体はセガ ファミリーエンタテインメント研究開発部・ムシキングチームのプロデューサー植村比呂志氏で、彼こそがムシキングの真の生みの親である。

関連タグ

甲虫王者ムシキング アクティオンゾウカブト ネブ博士

関連記事

親記事

鉄人28号 てつじんにじゅうはちごう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラック博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1977

コメント