ピクシブ百科事典

アダー

あだー

ゲーム『甲虫王者ムシキング』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

声:佐藤正治(アニメ、ゲーム)

概要

アダーは、ゲーム甲虫王者ムシキング』に登場するキャラクター。主人公ポポ宿敵

老人妖精で過去にを追放された事を恨み、森を我が物にしようと改造した赤い目の外国甲虫を操り攻撃を仕掛けてくる。
彼の悪事は「森に火を放つ(2005ファースト、アダー登場編)」「コーカサスオオカブトの段階から改造する(2005セカンド、復活の森編)」「熱帯の森の暑さを利用し自身の巨大工場を作り、大量の蛹を改造する(2006ファースト、アダーの計画編)」「外国甲虫だけでなく日本の甲虫をも改造しようとする(アダー完結編)」など、ストーリーが進むにつれて過激化している。
また、初期では純粋な悪人といった描写だったが、ストーリーが進むにつれて意味深な発言をするようになる。人間を嫌っている。




















以下、ネタバレ注意


実はアダーは昔、傷付いた昆虫妖精治療をする、森で一番の医者だった。
アダーはムシ達が強ければ傷つかぬと信じ、ムシの改造の研究を始めた。そうして最初に誕生した赤い体のカブトムシがこの森の王者、ムシキングだった。
しかし彼が改造し、あまりの強さを誇るムシ達は他の妖精から恐れられアダーは森を追放されてしまう。

その後、森を追放されたアダーはごみの森人間が捨てた外国甲虫と出会う。
最初の赤目甲虫「ヘルクレスエクアトリアヌスブルー」や他の外国甲虫達は自分を捨てた人間を憎んでいた。
アダーもかつて人間の起こした事故で自分の息子を亡くしていた。ちなみに、アダーの息子はポポに容姿が似ている

最終章となるアダー完結編では、ラスボスヘルクレスエクアトリアヌスブルーを使ってポポとムシキングを倒そうとするも、敗北。
アダーはラスボスをたたき起こすが、「私に命令するな!」とラスボスが暴走。ラスボスが投げた岩がポポに迫り、アダーはそれを庇って直撃を受けてしまう
ムシキングは暴走するラスボスに全精力を込めた最後の攻撃を決め、ラスボスは活動を停止、正気に戻った。
アダーはポポの腕に抱かれながら自らの過去を明かし「お前なら息子の愛した森を作る事が出来るじゃろう・・・世界は広い・・・もっと色んな事を知って強くなるのじゃ・・・ポポよ、さらばじゃ」と言い残し、死亡した。
その後、森に再び平和が戻った。人間に捨てられ、アダーに改造された外国甲虫たちは、皆それぞれ自分の故郷に帰っていった。ポポはアダーの遺言を胸に、自分を鍛える旅に出た。

関連タグ

甲虫王者ムシキング 闇堕ち 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「アダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140

コメント