ピクシブ百科事典

アスキー

あすきー

(1)ASCII:アメリカの標準文字コード仕様 (2)1977年に発足しPC雑誌やゲーム関連を手掛けていた企業。その後分社や合併など複雑な経緯を辿り、アスキー・メディアワークスの一部となっている。本項では(2)について記載する。
目次[非表示]

(pixpediaで分割された項目)

  1. アメリカの標準文字コード仕様American Standard Code for Information Interchangeの略。
  2. 1977年に発足しPC雑誌やゲーム関連を手掛けていた企業。本項で解説する。

出版・ゲームメーカー

かつて存在した出版社、ゲームメーカー。
1977年に株式会社アスキー出版として発足。パソコン(マイコン)黎明期より多様な関連事業を手掛けた。1982年にアスキー株式会社と商標登録した。
1986年にはゲーム誌『ファミコン通信』(後のファミ通)を創刊。
ゲームソフト事業では1985年にファミコンに参入して以降、堀井雄二がシナリオを担当した『北海道連続殺人オホーツクに消ゆ』や『RPGツクール』や『ダービースタリオン』などの人気作品を多数販売。特に、スーパーファミコンで販売されたダービースタリオンⅢは120万本、PS版ダービースタリオンは173万本とサードソフトとしては非常に高い売り上げを記録した。さらには人気シリーズとなったトゥルー・ラブストーリー、これまでの勇者のイメージを変えたmoon(開発はラブデリック)等の特徴的なソフトの販売など、一躍90年代を代表するゲームメーカーとなる。90年代半ばには「アスキーソフト」というブランドまで使用していた。
しかし、経営的には行き詰まって紆余曲折あり、2002年にエンターブレイン等いくつかの部門が分社化。同年にはゲーム機事業からも撤退した。末期はあのシーマンをPS2向けに移植などを担当していた。

その後、旧アスキーはメディアリーヴスと社名も変更し、1991に子会社として設立した株式会社アストロアーツが2代目アスキーとなる。
その2代目アスキーも2008年にメディアワークスに吸収合併され、アスキー・メディアワークスの一部となった。初代アスキーであるメディアリーヴスは2010年子会社であるエンターブレインに吸収合併され解散した。最終的にエンターブレイン、アスキー・メディアワークスは2013年10月にKADOKAWAに吸収合併され、そこのブランドカンパニー⇒事業部に転換している。

主なゲームソフト

ボコスカウォーズ
ウィザードリィ
北海道連続殺人 オホーツクに消ゆ
大戦略(スーパーファミコン移植作品)
ダービースタリオンシリーズ
ベストプレープロ野球
柿木将棋
いただきストリート(1作目のみ)
ウイングコマンダー
メルファンドストーリーズ
ウィザップ
トゥルーラブストーリー
時空探偵DDシリーズ
エクストラブライト
タワードリーム
ミニ四駆 シャイニングスコーピオン レッツ&ゴー
ピキーニャ
ソリッドランナー
ミランドラ
moon
バスランディング
シルバー事件
悠久のエデン
エンドセクター
火星物語
シーマン(PS2版)

関連タグ

AA 文字 ASCII
MSX
ゲームメーカー 
アクセラ
アスキー・メディアワークス メディアワークス
エンターブレイン

解体真書

関連記事

親記事

アスキー・メディアワークス あすきーめでぃあわーくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アスキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46990

コメント