ピクシブ百科事典

ぺんぎんくんWARS

ぺんぎんくんうぉーず

「ぺんぎんくんwars」はUPLが販売したアーケードゲーム。ファミコンなどにも移植され、2017年にリメイク版も発売されている。
目次[非表示]

概要

「ぺんぎんくんwars」はUPL1985年に販売したアーケードゲーム

ドジボール」という架空の競技のトーナメント戦を行うゲームで、プレイヤーは「ぺんぎんくん」となって、テーブルコートを挟んだ相手と60秒間ボールを投げ合う。
それぞれ持ち球は5球。タイムアップまでに相手よりも多くの球を相手側に送り込むか、時間内に10個全てのボールを相手側に送り込むと1セット獲得し、2セット先取で勝利となる。
球を相手にぶつければ、相手は3秒ほど硬直する(逆に自分がぶつけられれば自分が硬直する)。

BGMは80年代アイドル石川秀美(現・薬丸裕英夫人)のシングル曲「もっと接近しましょ」で、ちゃんと使用許可を得ている。

アスキーにより1985年MSXファミリーコンピュータ1986年PC-8801FM-7MZ-2500に、1990年ゲームボーイに移植されている。

プレイ動画


続編

1988年に「ぺんぎんくんWARS 2」がアスキーよりMSX2用として発売されている。
基本は変わらないが内容がストーリー仕立てになっており、キャラを従来の「ぺんぎんくん」か、ピンク色の「ぺんぴーちゃん」の中から選ぶ。

プレイ動画


2017年 リメイク版

2017年9月21日に「ぺんぎんくんギラギラWARS」がNintendo Switch用の配信ゲームとして「株式会社シティコネクション」より販売されている。

ルールは若干変更されており、タイムアップまでに相手よりも多くの球を相手コートに送り込むと1セット獲得になるのはそのままだが、10個全てのボールを相手側に送り込んでも勝利にはならない。
しかし、プレイヤーと敵に体力ゲージが新たに設けられており、10個全てのボールを相手側に送り込むと相手体力を大幅に削れ、また相手にボールを当てても体力を削れるので、それをゼロにすれば1セット獲得になる。

また、ゲームを進めるとプレイアブルキャラが増える。更にマイキャラのステイタスの変更や、ショップでの必殺技の購入などが可能である。
BGMは前作よりも大幅に増えており、「もっと接近しましょ」もクラブジャズアレンジされて使用されている。

同年12月にDLC用キャラとして「へべれけ」のキャラが追加されている。

PV動画



関連タグ

UPL アスキー ペンギン レトロゲーム 石川秀美

pixivに投稿された作品 pixivで「ぺんぎんくんWARS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 534

コメント