ピクシブ百科事典

薬丸裕英

やくまるひろひで

薬丸裕英とは、日本のタレント。元・ジャニーズのシブがき隊の一員だった。

概要

東京都武蔵野市出身、1966年生まれ。
1981年に「3年B組金八先生」でデビュー。後(1982年)にこの時に競演していた本木雅弘、布川敏和と共にシブかき隊を結成。同期デビューの共演者に女優の三田寛子が居る。
「NAI・NAI・NAI 16」や「スシくいねぇ!」などのヒットを飛ばすが、本人はアイドル視される事に疑問感や違和感を強く感じていたと証言。
その後ジャニーズを脱退し、現在はノースプロダクション所属。

人物像

芸能界屈指の育児パパ、通称「育メン」として超有名。また子沢山家族としても超有名で、少子化が叫ばれる御時世に三男二女のパパである。ちなみに長男は俳優としてデビューを果たしており、次男はスペインプロサッカーリーグの2部に籍を置いている
ただ独身時代から生活力の高さには定評があったらしく、洗剤などの買い置きは常に3本、古くなった歯ブラシは先を切りそろえて掃除に回す、などの主夫力の高さは当時から発揮されていた。
結婚後もこの傾向は全く変わらず、特に水回りの掃除は「趣味」と言いきるほど。その徹底したこだわりの掃除方法はテレビで公開もされている。
これらのエピソードが、彼の代表的レギュラーであった「はなまるマーケット」出演のきっかけにもなっている。
ただ若干天然のケが強いらしく、梨を食べて「本当においしいイチゴですね」と口走ったり、巨峰を食べて「巨乳」と言い間違えたりと、相当残念。
また、うっかり巨乳と口にするほどソッチの素質も高いらしく、ドッキリの「隣で女性が着替えており、壁から覗ける」と言う企画で巨乳の女性に見事反応を示し、ジェスチャー付きではしゃぎまわったと言う醜態をさらしたが、結婚前のコトなので問題無い…たぶん。

食に関しても強いこだわりがあり、自称「ミスターネバネバ」「ミスターカプサイシン」…とのこと。

pixivに投稿された作品 pixivで「薬丸裕英」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 802

コメント