ピクシブ百科事典

マシンメサイア

ましんめさいあ

マシンメサイアとは、漫画「ファイブスター物語」に登場する(していた)ロボットのこと。星団暦前、「AD世紀」において製造・運用されたマシン兵器。「マーシンメース」とも。
目次[非表示]

概要

マシンメサイアとは、漫画「ファイブスター物語(FSS)」に登場するロボットのこと。
物語の主要な時代である「星団暦」よりも過去の時代、「AD世紀」において騎士が搭乗し、
当時存在した超大国、「ファロスディー・カナーン超帝國」をはじめとする国家で、
運用されていた機体である。「マーシンメース」という呼称も存在する。

星団暦に入って後、ジョーカー星団で用いられるロボット兵器は、
モーターヘッド(MH)が主流となり、マシンメサイアは姿を消したが、
なんと、性能ではマシンメサイアはモーターヘッドを上回っていたようである。

由来はyesの楽曲「machine messiah」から。

性能差?どういうことなの?

何故マシンメサイアとモーターヘッドの間に性能差が生じたかというと、
これはジョーカー星団の文明が、ファロスディー・カナーン超帝國の滅亡以降、
折り返し点を過ぎ退行期へ入ったことで、技術的な「退化」が起こり、
結果、モーターヘッドとマシンメサイアの間に、性能差が生じたのである。

そして、ロボット兵器の性能だけでなく、
マシンを駆る騎士達の能力もまた、世代交代を繰り返すうちに弱体化しているため、
星団歴の騎士達よりも、「純血の騎士」である超帝國騎士の方が圧倒的に強い。
・・・「星団歴生まれの純血の騎士」、剣聖マキシを除いては。

連載再開後

2013年4月の連載再開後、FSSに登場するロボット兵器が、
名称を「ゴティックメード(GTM)」に改称、
デザインを一新した事に伴い、モーターヘッドと統合。
同時にモーターヘッドとの間にあった性能差も解消された。
(なかった事にされたとも言うが)

本編登場機

「焔星(イェンシー)」

ファロスディー・カナーン超帝國のマシンメサイア。単行本では9巻に登場。
登場エピソードで「イェンシングフェイディー・ディグツァイト」とも呼ばれている。
超帝國時代には、この呼称も用いられていれたのかもしれない。
なお、本機が搭載していたものと同型のイレーザー・エンジンが、
超帝國の伝説的指導者、「炎の女皇帝」の意匠を持つMH「ジ・エンプレス」に搭載されている。

ちなみに、これは余談となるが、「ニュータイプ」1997年11月号で本機が登場した際、
白い機体色で登場したが、単行本収録時には、機体色が赤に変更された。
初登場時の「白い焔星」は、「FSSリブート」の方に掲載されている。

A.U.G.E.

A.K.D.が保有しているマシンメサイア。
「アナミー・ユニゾナー・フォー・グリーン・エンプレス」。
通称「オージェ」。「アウゲ」とも。単行本では10巻から登場。
グリース王家時代より天照家に伝わる、由緒正しいマシンメサイア。
とはいえ、超帝國時代そのままという訳ではなく、ファティマに対応するための改造や、
星団暦時代の騎士でも扱える機体とするためのデチューンが施されている。
搭乗者は「聖院」グリーン・ネイパー
アクティブバインダーに色々な装備を詰め込んでボォスに持ち出し、
そのまま本機で魔導大戦に参戦した。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「マシンメサイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21917

コメント