ピクシブ百科事典

ゴティックメード

ごてぃっくめーど

永野護の漫画『ファイブスター物語』に登場する人型戦闘ロボットの名称。略称はGTM。2013年の連載再開から登場。 初出は2012年に公開された映画『花の詩女 ゴティックメード』。 ロボットだけでなく映画作品のタグとしてもこちらの方が多く用いられている。
目次[非表示]

概要

永野護の漫画『ファイブスター物語』、
及び同作のプレストーリーでもあるアニメ映画『花の詩女ゴティックメード』に登場する巨大ロボットの名前。略称はGTM
2013年の連載再開に伴う設定大改訂前のモーターヘッド及びマシンメサイアに相当し、
それまで登場していたモーターヘッドから差し替えられる形で登場している。

また、本タグはpixivでは『花の詩女ゴティックメード』の略称タグとしても多用されている。
アニメ映画の詳細は「花の詩女ゴティックメード」参照。

Pixiv上では実際に公式で登場しているGTMの他、
ユーザーオリジナルデザインのGTMも投稿されている。

解説

「ハーモイド・エンジン」という半永久機関が生み出す無尽蔵の電磁パワーによって動く、
全高およそ25m程の人型戦闘兵器。
ムーバブルフレームで構成されていたモーターヘッドとは異なり、
ツインスイング・オートドライブ・システムという、独自の駆動系で構成されているのが特徴。
劇中の主な舞台となる「星団歴」の時代より以前、
「AD世紀」5000年代、炎の女皇帝の時代に誕生したとされている。

驚異的な身体能力を持つ戦闘人種である騎士(ウォーキャスター)が搭乗・操縦し、
剣型兵装と盾を用いて超高速の戦闘を繰り広げる。
地上・宇宙を問わず、あらゆる条件下で如何なる兵器も凌駕する性能で戦闘を展開できる、究極の万能兵器であり、戦争そのものがこのGTMを中心に行われる。
通常は幾つかのタイプのGTMが集団を組み、集団戦が展開される。
GTMに搭載されるハーモイド・エンジンは、巨大な戦艦や宇宙船が搭載するそれよりも、遥かに高出力になっており、
その天文学的な出力エネルギーの桁数は馬力に換算すると「」を超えると言われる。
騎士とGTM、そしてそれを補佐するファティマの能力が組み合わさることにより、恐るべき戦闘力を発揮する。

その手足の動きや移動速度は亜光速(それも99.9999・・・・%のほぼ光速)に達し、
騎士能力を持たない常人からはほぼ瞬間移動しているようにしか見えない。
当然、通常兵器では当てることすら困難であり、
たとえ「運良く」命中したとしても、ヘリオス結晶で作られた装甲は、
毛ほどの傷もつけることができない堅牢さと再生能力を持つため、
有効なダメージには到底なり得えない。
GTMを倒すには、こちらも相手同様GTMを投入し、
敵GTMに「ガット・ブロウ」のような帯電熱兵器を打ち込み、
内部構造を一撃で溶断・破壊する以外にないのだ。
「GTMはGTM以外に破壊不可能」と言われる所以である。

GTMは完成度の高さ故に、ごく一部の例外を除いて、
改良・改装や新規開発によって、機種ごとに極端な性能差を引き出すことはできず、
基本的には搭乗する騎士の力量が、そのまま戦力に直結することになる。
一方、超人的な反応速度をもつ騎士であっても、GTMの動作を完全に制御することはできないため、そのサポートとして、管制制御を行うための超高性能演算機が必要となる。
当初は「シン・ファイア」と呼ばれるガス状のプラズマ人工頭脳が用いられていたが、
後にファティマ(オートマチック・フラワーズ)と呼ばれる人工生命体が使われるようになった。

ツインスイング・オートドライブ・システム

GTMの最大の特徴である独特な駆動システム。
「従来のロボットのデザインは高速で可動する関節をどうやって止めるのかという観点が無かった」
・・・という作者・永野護のアイディアから、関節がシャフトを中心とする軸運動ではなく、
電磁的に密着した、2つの同心円弧状のパーツ同士のスライドやねじれによって駆動する、
ツインスイング(電磁スイング関節)』という駆動システムによって構成されているのが最大の特長。
これによって駆動部にモーターギアなどを必要とせず、
運動抵抗を極限まで減少させ、超高速で関節を可動させることが出来る他、
パーツ同士の接触面そのものがブレーキとしても働くようになっている。
(構造的には現実のドラムブレーキが近いかもしれない)
さらに、この関節自体が機体全体の負荷を分散して軽減するダンパーや冷却機関の役目も果たすため、
フレーム自体はおそろしく簡素に構成されている。
稼働時には、関節にかけるブレーキで発生する膨大な摩擦熱により、関節パーツが赤熱化する。
イメージとしてはざっくりと言ってしまえばスタイリッシュな鋼鉄ジーグ

人間の関節と全く異なる構造をしていることから、
稼働時には関節がアッチにいったり、コッチにいったり・・・と、かなり奇妙な動き方をする他、
長い首や折れ曲がった関節、細く小さな胴体に対して巨大な手・・・など、
モーターヘッドと比べ、「人間に似て異なる」非人間的な異様なシルエットとなっている。

GTMのツインスイングオートドライブ関節を理解するためのラクガキ
氷の女王・カイゼリン



ガット・ブロウ

正式名称はエレクトロ・マグニフィケート・カーソル・ガット・ブロウ。EM-CGB。
騎士、AF(ファティマ)、GTMの主武器である電磁溶解剣。
2013年の設定大改変後にスパイト(実剣)とスパッド(光剣)から差し替えられる形で登場した。

ヘリオス超鋼でできた刀身を持ち、刃が無く、圧倒的熱量の電磁プラズマにより対象を溶断する。
そのまま斬りつけるだけでなく、プラズマ弾を撃ち出すライフル銃のように使用することも可能。
さらに騎士の腕力で振るわれることで真空刃と衝撃波を発生させ、離れた目標を攻撃できる点は設定改変前のスパイトと同様である。
ただし、人間サイズのガット・ブロウでも15kg以上の重さがあるため、騎士ではない一般人が扱うことは難しい。
GTMのガット・ブロウは騎士が使っているものを、そのままGTMサイズにしたもので、
命中と同時に電磁プラズマとその質量で敵の装甲を切り裂く。

刃が付いていないためは必要なく、携行する際は抜き身のまま持ち歩く。
通常の物の他に軽量化や刀身に伸縮機能を持たせる等して携帯性を高めた「ヴィーニッヒ」や、
より長く重い刀身を持たせて破壊力を強化した「ラングン」が存在している


登場騎種

花の詩女ゴティックメード

ドナウ帝国

カイゼリン
メロウラ

テロリスト

ボルドックス

謎の集団

ゲートシオン・マーク2
マーク3・リッタージェット破烈の人形

ファイブスター物語

帝騎マグナパレス
ツァラトウストラ・アプターブリンガー
ダッカス・ザ・ブラックナイト
バーガ・ハリ
デムザンバラ
カーバーゲン
ユーレイ
ボルドックス・ガーネット
ラムアド
アーグ・ヴーラ
グリット・ブリンガー
アマルカルバリ
HL1(ハイレオン)
ホウライ
バーガ・ハリBSコブラ
グラーマス
スコータイ
バーガ・ハリESSQ
バーガ・ハリBS-R
グロアッシュ
ハルシュカ
エクペラハ
ハロ・ガロ(ラミアス・エリュアレ)
フォクスライヒバイテ(ファルトリム・ブリンガー)

関連イラスト

リブートMK-Ⅱ
黒騎士ダッカス


GTMグリット・ブリンガー
ハイレオン



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴティックメード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 367822

コメント