ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. エンジンなどが過熱した状態の事。焼き付きや焼損など重大な故障の原因になりやすい。
  2. 人間が激しい興奮に陥った状態の事。ヒートアップ。
  3. 猛暑の揶揄。
  4. 第3世代から登場したポケモンの技。本項で解説。

データ

初出第3世代
タイプほのお 
ぶんるい特殊
いりょく140(〜第5世代)→130(第6世代)
めいちゅう90
PP5
直接○(第3世代)→×(第4世代〜)
範囲単体
効果技使用後、自分の特攻が2段階下がる。
英語名Overheat


概要

第3世代から存在する技。
フルパワーの炎で相手を攻撃する技。
第3世代では接触技扱いだったがそれ以降の世代では非接触技に変更された珍しい事例を持つ技である。
第3世代では自分を燃え上がらせて相手に突撃するようなエフェクトだったが、第4世代以降は自分の熱量を相手にぶつけるようなエフェクトになっている。アニメでは初登場時から明らかに接触しているようには見えなかったが、合わせたのだろう。

初登場から第7世代まで技マシン50の技に設定され、剣盾のわざレコードにも収録されている(43番)。
技マシンの技なので汎用性は広めで、ライボルトゼブライカのようなでんきタイプ、オコリザルディアルガなど意外なポケモンが習得できることも。

専用技や威力変動がある技を除けば驚異の威力140を誇るほのおタイプ特殊最高威力の技
勿論威力に伴ったデメリットも相応に存在しており、技を使うと自身の特攻が2段階下がってしまう
ちなみにほのおタイプの技では珍しく「やけど」の追加効果がない。

しかし、ほのおタイプの特殊攻撃技には少々命中に不安があるがそこまで大きなデメリットがない「だいもんじ」とPPも多く安定感がある「かえんほうしゃ」が存在するのが気になるところ。反動もある為2回攻撃する事を想定した場合は威力は、かえんほうしゃよりは高いがだいもんじには及ばない。
その為、この技の活用法は素の威力が高いことを活かした撃ち逃げ
攻撃後に引っ込める立ち回りであればデメリットもあまり気にしなくて済む。特に、ボルトチェンジを兼ね備えるヒートロトムライボルトは有名どころである他、ガオガエン等はとんぼがえりと両立した両刀型も成立する。
他にも、物理アタッカーが物理耐久の高い相手(エアームドなど)への対策として採用することがある。

第6世代では威力が130に下がった。
しかし使用感自体が変わるわけではなく、特に第8世代ではダイマックス技のベースに使うことで以前の威力140を取り戻す上に命中率やデメリットも踏み倒せる。

勘違いされがちだが、「オーバーヒート」では自分の「こおり」状態を解かせない
WCS2014マスタークラス決勝ではSejun氏のファイアローが「オーバーヒート」を使ったターンに「こおり」状態が解けているが、あれはである。
(技で凍り状態を解除する場合、「○○○の×××!」という攻撃に向けてのメッセージが表示されてから、「○○○の×××でこおりが解けた!」が表示される。 Sejun氏の場合、オーバーヒートのメッセージが来る前に「The opposing 파이어로 thawed out!」(相手のファイアローのこおりが解けた!)が先に出ていたことがわかる。)

*下記の動画、開始から26分の所を参照のこと。



関連タグ

ポケモン技一覧
りゅうせいぐん リーフストーム サイコブースト フルールカノン

関連記事

親記事

りゅうせいぐん りゅうせいぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーバーヒート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1638844

コメント