ピクシブ百科事典

86-エイティシックス-

えいてぃしっくす

2人は戦う。少女は"涙"と共に。少年は"死"と共に。(特集サイトより)
目次[非表示]

概要

原作:安里アサト、イラスト:しらび、メカニックデザイン:I-Ⅳ(アイフォー)によるライトノベル。
第23回電撃小説大賞の大賞受賞作の他、「このライトノベルがすごい!2018」の文庫部門にて新作1位及び総合2位を獲得した。既刊は2021年6月時点で10巻。

本編のコミカライズ版がヤングガンガンにて連載中。作画は吉原基が担当。既刊は2021年6月時点で3巻。
また、作者が番外編としてカクヨムに不定期連載している「学園86(86-エイティシックス- オペレーション・ハイスクール)」のコミカライズ版が月刊コミックアライブにて連載中。作画は染宮すずめが担当。既刊は2021年2月時点で1巻。

TVアニメ

2020年3月23日にテレビアニメ化決定を発表。同年12月22日には放送時期が発表されている。
第1クールが2021年4月10日から同年6月19日までTOKYOMXとちぎテレビ群馬テレビAT-XおよびBS11日本テレビ系列局にて放送された。
なお、2021年3月27日のAnimeJapan2021内において、分割2クールでの放送であることが発表されている。
アニメーション制作は『SAO』シリーズ等を担当したA-1 Picturesが、音楽は『進撃の巨人』シリーズなどを担当した澤野弘之・KOHTA YAMAMOTOが担当する。

制作スタッフ

監督石井俊匡
キャラクターデザイン川上哲也
シリーズ構成大野敏哉
音楽澤野弘之・KOHTA YAMAMOTO
CG制作白組
CG監督吉田裕行
美術監督野村正信・堀越由美
背景美峰
色彩設計安部なぎさ
撮影監督岡﨑正春
編集三嶋章紀
音響監督明田川 仁
アニメーション制作A-1 Pictures


主題歌


オープニングテーマ
ヒトリエ
「3分29秒」〈1−11話〉
作詞・作曲:シノダ/編曲:ヒトリエ/歌:ヒトリエ

エンディングテーマ
SawanoHiroyukinZk]:mizuki
「Avid」〈2−11話〉
作詞:cAnON./作曲・編曲:澤野弘之/歌:mizuki

SawanoHiroyukinZk]:Laco
「Hands Up to the Sky」〈4、6、8、9話〉
作詞:cAnON./作曲・編曲:澤野弘之/歌:Laco


あらすじ

サンマグノリア共和国、そこは帝国の兵器『レギオン』による侵略を受けていた。しかし、それに対して共和国も同型兵器を開発、かろうじて犠牲を出す事無く、脅威を退けていた。

……それは、あくまでも表向きである。

実際は共和国全85区画の外に『86区』が存在、そこで『エイティシックス』の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機》として戦っていた。

(※電撃公式より引用。ピクシブ百科事典用に調整)

主人公

<>内は共和国時代のパーソナルネーム。

本作の主人公の一人。旧スピアヘッド戦隊戦隊長兼元第一小隊長。夜黒種と焰紅種の混血の少年で当時の階級は大尉。通称シン。冷静沈着な性格で、仲間に「鉄面皮」と言われるほど。類い稀な操縦技術を有し、高周波ブレードを用いた近接戦闘を得意とする。元軍人の白系種の神父に育てられたため、境遇の割に高い教養をもつ。銃器の扱いや格闘術まで教え込まれており、自分より大柄なダイヤやライデン、正規軍人すら瞬殺出来るほど肉弾戦も強い。死神の異名を持ち、重傷を負っても死にきれなかった隊員にとどめを刺したり、戦死した隊員の名をその機体片に刻み弔う役目を背負っている。
 本作のヒロインにして主人公の一人。スピアヘッド戦隊のハンドラーを務める白銀種の少女。通称レーナ。生真面目な性格で共和国の現状や腐敗した軍部に反発している。優れた指揮管制能力を持つ。階級は少佐。1巻終盤のある作戦での規律違反の責任をとり、2,3巻では大尉に降格するが4巻以降は大佐に昇格している。

主要人物

<>内は共和国時代のパーソナルネーム。

 旧スピアヘッド戦隊副隊長元第二小隊長。黒鉄種の少年で当時は中尉。シンとは腐れ縁のような間柄で長い付き合い。よく気が利く戦隊の兄貴分。作中の描写からかなりの料理の腕を持つ模様。戦闘では火力拘束によるサポートを得意とする。
  • <ラフィングフォックス>セオト・リッカ(CV:藤原夏海)
 旧スピアヘッド戦隊元第三小隊長。翠緑種の少年で当時は少尉。通称セオ。少々口が悪い皮肉屋。絵を趣味にしており、戦隊員のパーソナルマークは彼が描いている。戦闘ではワイヤーアンカーを用いた立体機動を得意とする。
  • <スノウウィッチ>アンジュ・エマ(CV:早見沙織)
 旧スピアヘッド戦隊元第五小隊員。月白種と天青種の混血の少女で当時は准尉。淑やかな性格でライデンと並んで料理上手。戦闘ではミサイルを用いた面制圧が得意。
  • <ガンスリンガー>クレナ・ククミラ(CV:鈴代紗弓)
 旧スピアヘッド戦隊元第六小隊長。瑪瑙種と金賞種の混血の少女で当時は少尉。シンに対して淡い恋心を抱いている。狙撃に長ける。
 レーナの親友で知覚同調(パラレイド)の研究主任を務める白系種の少女。技術大尉。
理想を語るレーナに対し露悪的に振る舞うが、内心では幼い頃に周囲の圧力に負けた結果、エイティシックスの幼馴染一家や父親を破滅に追い込んだトラウマに苛まれている。

旧スピアヘッド戦隊

生存者は除く。<>内はパーソナルネーム。CVは存在するキャラクターのみ記載。

  • <キルシュブリューテ>カイエ・タニヤ(CV:白石晴香)
 第四小隊長を務める極東黒種の少女。階級は少尉。少年のような口調で話し、気さくな性格。戦隊で一番小柄だが、実はシンより年上。生身での戦闘力も持ち合わせており、原作4巻にて、ステゴロ大会で隊で一番大柄なクジョーを蹴り1発でKOし小隊長に就任した、というエピソードが明かされた。
  • <ブラックドッグ>ダイヤ・イルマ(CV:石谷春貴)
 第五小隊長を務める青玉種の少年。階級は少尉。ややお調子者で状況のしわ寄せを食らうことが多い。上記のステゴロ大会でかは不明だが、かつてシンに挑み瞬殺された事がある。レッカ救援に向かう途中、自走地雷型の特攻により戦死。

主な戦隊員

  • <バーントテイル>レッカ・リン(CV:石上静香)

 第六小隊員。ダイヤの救援が失敗したため、脳を刈り取られる前に自決する。

 第三小隊員。レーナ着任直前に戦死。
 第一小隊員。緋鋼種の少年で隊のムードメーカー。特別偵察任務の直前に戦死、最後の死者となった。
 スピアヘッド戦隊の整備班長を務める壮年の男性。階級は中尉。徴兵される端から死者が続出し、戦歴5年目のシン達ですらベテランとされるエイティシックスにおいて、10年近い戦歴を持つ長老。これは、流石に整備技術を持つ者は生かしておかなければどうしようもないためである。無茶な駆動を繰り返し機体を壊しまくるシンをいつもどやしつけている。実は出自にある秘密があるようだが…

その他の戦隊員

  • 第一小隊 第二小隊
    • <ワルプルギス>マシュー・ナナキ
    • <グリフィン>チセ・オーセン(CV:小野将夢)
    • <マンティコレ>クロト・ヒニエ
    第三小隊
    • <アルテミス>ミナ・シロカ
    • <キャタナイン>ハリズ・センヤ
    • <マーチヘア>(CV:)マイナ・ヤトミカ(CV:風間万裕子)
    第四小隊
    • <レウコシア>ミクリ・カイロゥ(CV:貫井柚佳)
    • <ガンメタルスコーム>トウザン・サシャ(CV:坂泰斗)
    第五小隊
    • <ラ・ベート>カリヤ・ロウガ
    • <デンドロアスピス>シュリ・ジリス
    第六小隊
    • <グラディアトル>オーチ・アントン
    • <アルゴス>イオ・ドーダンセー

共和国人

  • ジェローム・カールシュタール(CV:三上哲)

 レーナの上官。共和国の現状を憂いつつも、絶望と諦観に心折れて腐敗を受け入れている。

フェルドレス

ヴァルト盟約同盟が初めて開発し実戦投入した有人多脚装甲兵器。
「戦闘車両と歩兵の複合」がコンセプトの汎用型陸戦兵器である。
同盟が旧ギアーデ帝国軍の15個戦車師団を撃退したことで脚光を浴び、各国で開発・運用が始まる。だが実際には従来型戦闘車両とくらべて機動力と運動性は上だが火力と装甲において劣る中途半端な存在であった。

しかしレギオンとの戦争によって各国の物的・人的被害が膨大となっていった結果、そのコンセプトが必要な人員と戦線に投入する資源を削減したい各国の思惑と合致、陸戦の主役となった。
しかしながら有人機であるがゆえに個々の性能ではレギオンに劣るため、戦術と物量で辛うじて対抗できている状態にある。

なお、ギアーデ連邦にとっての「フェルドレス」と言う名はレギオンらの無人多脚装甲兵器と区別するという意味もある。

ネーミングは英語の「バトルドレス」のドイツ語読み。

個別記事が存在する機体は、詳細をそちらで参照のこと。

主役機

M1A4ジャガーノート
動く棺桶未満なアルミの棺桶サンマグノリア共和国工廠開発の欠陥兵器。

XM2レギンレイヴ
ジャガーノートより多少上等な、アルミの棺桶」。ギアーデ連邦開発。
M1A4の実質的な後継機だが、こちらは回避前提の“使いこなせれば”強力な最新鋭機。
…その変態的な設計から元86たちには変わらずジャガーノートと呼ばれる。

スカベンジャー(M101バーレット)
ジャガーノートの補給支援機
しかし戦場で残骸を漁る姿からスカベンジャー呼ばわりされている。

ファイド
シンに付き従うスカベンジャー。高い知能を持ち、例外的に部隊の皆に可愛がられている。

その他のフェルドレス


ギアーデ連邦

M4A3ヴァナルガンド
連邦軍の主力。全長6.5m、全高2.9m。複座式で第3世代。フェルスインゼル陸軍工廠開発。
120 mm滑腔砲と12.7 mm重機関銃2丁を装備し前面装甲は600mm圧延鋼板相当、八脚による巡航速度も時速100キロ近く、斥候型や近接猟兵型であれば充分に圧倒可能な人類最高峰の機体である。有人機であることそのものが弱点となって総合力は戦車型レギオンにやや劣るが、統制をとった連携と人海戦術で戦線を維持している。シンたちの入隊前の時点で第三期改修型が最新モデル。

ロア=グレキア連合王国

バルシュカ・マトゥシュカ
主力の有人式。全長7.0m、全高2.7m。王属技術院第六工廠製開発。主戦場は氷雪地帯。
雪原似合わせて五対十脚の太く短い鉤爪の脚部をもち、安定した姿勢から一撃必殺を狙う。
また、環境のせいで本来軽量型レギオンを露払いすべき歩兵の運用が困難なため、フェルドレスとしては規格外の重武装と多重ロックオンシステムを擁している。
そんな武装は長砲身125mm砲、7.92 mm同軸機銃、14 mm旋回機銃、40 mm擲弾発射機×8。
ヴィーカ専用機「ガデューカ」は主砲を155mm砲、同軸副砲を7.62mmに変更している。

アルカノスト
無人半自律式フェルドレス。全長4.2m、全高1.8m。王属技術院第六工廠開発。
華奢な胴体に五対十脚の長い脚部をもつ。
武装は短砲身105mmガンランチャー、14mm重機関銃。
小型軽量を突き詰めてレギンレイヴ以上の運動性を得た一方、装甲はお察しであり生存性は極めて低い。制御用コアユニット「人造妖精〈シリン〉」はレギオンと一部似通った手法で作られている。
行動不能になったバルシュカ・マトゥシュカの搭乗者を保護するため、〈シリン〉が機体を譲渡し操縦を交代する場合がある。

ヴァルト盟約同盟

Mk6ストレンヴルム
全長4.5m、全高3.5m。ヤーセン第三工廠開発。主戦場は山岳地帯。
山岳地帯での機動性を確保すべく四脚に胴部の折りたたみ式補助脚、さらにグリフォンの翼と尾のようなスタビライザーを搭載している。
加えて一対の滑空翼によって極低空飛行を可能とし、迅速な戦線展開からの機動防御を行う熟練者なら滑空翼を用いた跳躍や急制動によるトリッキーな戦闘機動を行える。
武装も取り回しを重視した短砲身105mm散弾砲or40mmガトリング砲、両肩のパイロンに高周波ランスorワイヤーアンカーを選択式で装備する。
一方で山岳地帯で軽い機体で激しい機動を行うためにパイロットは装甲強化外骨格を着用祖なければならない。居住性も悪く、光学スクリーンではなく網膜投影で視覚を確保している。

ノイリャナルセ聖教国

機甲五式ファ=マラス
聖教国軍制式フェルドレス。全長7.0m、全高2.9m。聖教宮鍛治殿兵杖塔開発。
主戦場が白紙地帯(火山灰が降りしきる死の大地)と言う特殊な環境なため、火山灰に足を取られないことを優先して接地面積の広い鳥の翼のような八脚を採用している。
武装は120mmライフル砲、主砲同軸12.7 mm機銃、旋回式12.7 mm機銃。
重装甲高火力のコンセプトは連邦のヴァナルガンドに近いが、技術力の問題で総合性能は一段階劣る。
また、兵員不足が深刻な聖教国の事情により生存性を重視した設計となっており正面装甲の増加に加えて、主砲の機関部や弾倉すらコクピット前方に配置している。

機甲七式リャノ=シュ
機甲五式が管制する無人機。親機同様の接地面積の広い四脚。全長3.2m、全高1.6m。
武装は106 mm無反動砲×6、照準用12.7mmスポッティングライフル。
前方投影面積と装甲材の削減を図った急造品で、機動性・運動性は劣悪。
実質的な小型自走砲で、待ち伏せ射撃を主とした運用がなされる。
と、思われていたが…

その他の兵器


レギオン

レギオン(86)を参照。

PV


アニメ化決定映像



第一弾PV



第二弾PV



第三弾PV



まさかの


AnimeJapan2021内において、TOYOTA86に本作品のラッピングを行った、「86」繋がりの痛車「エイティシックス号」が発表された。
エイティシックス号は、2021年3月28日から3月31日までアニメイト池袋本店にて展示された。




関連タグ

電撃文庫 少年兵 2021年春アニメ

関連作品

  • キラプリおじさんと幼女先輩:同じ回の電撃小説大賞で受賞した作品。
  • Vivy-FluoriteEye'sSong-:BS11やTOKYO MX(またはとちぎテレビと群馬テレビ)にて本作の前に放送されているアニプレックス制作のアニメ作品。規模の違いはあるがAIとの戦争という点も共通。
  • フロントミッション(フロントミッションファースト):非人道的な兵器が運用された戦争という点で共通する。


外部リンク

特設サイト
アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter
Wikipedia

関連記事

親記事

電撃文庫 でんげきぶんこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「86-エイティシックス-」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1088419

コメント