ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

身長160cm
誕生日7月12日
階級少佐(1巻)→大尉(2~3巻)→大佐(4巻~)
CV長谷川育美

概要編集

本作の主人公の一人でありヒロイン。愛称は「レーナ」

サンマグノリア共和国が成立した以前からこの地に住んでいる白系種=アルバであり、かつ貴種とされている白銀種=セレナの血を受け継ぐ名家であるミリーゼ家の才媛の少女。

その才能は抜きん出たもので、弱冠16歳にして共和国軍の少佐に登り詰めた実績を持ち、エイティシックスの指揮管制官=ハンドラーの職務に当たることになる。

東部戦線第一戦区第一防衛戦隊、通称〈スピアヘッド〉戦隊の担当となった事で、その隊長であるシンエイ・ノウゼンと(レイドデバイスによる通信越しで)邂逅する。


人物像編集

生真面目な性格で、共和国の腐敗を嘆いていた亡き父と幼き日に助けられたエイティシックスのショーレイ・ノウゼンに対する敬意から、エイティシックスに対する弾圧政策に反発している。


ただ、物語開始当初は現実が見えていない理想主義者という側面が強く、周囲からは「聖女気取りの偽善者」と冷ややかな目で見られる事も多かった。

だが、〈スピアヘッド〉戦隊のハンドラーとして戦う中で、自身も無意識に差別していた事や共和国のさらなる腐敗に塗れた真実などに幾度となく打ちのめされていくが、それでも立ち上がり、理想を貫こうと足掻いていく。


そして、シン達〈スピアヘッド〉戦隊の生き残りに対する特別偵察任務の撤回が叶わず追い詰められた彼女は「腐敗しきった共和国の規則など守る必要はない」と開き直り、本来使用禁止されている迎撃砲を無断で使用しシン達の援護を行った。


この件により謹慎及び降格処分が下されたが、独断行為はむしろ加速し、苛烈な指揮でエイティシックス達を指揮する姿は「鮮血女王(ブラッディー・レジーナ)」と呼ばれるようになる。

その後、レギオンの大攻勢で共和国は壊滅的な打撃を受け、ギアーデ連邦に居たシン達は彼女も死んだものと思っていたが、実際はエイティシックス達を指揮して懸命に戦い抜いており、トドメを刺すべく戻ってきた電磁加速砲型と単騎で戦うシンへの援護を行った。


そして、ギアーデ連邦へと出向するに当たって大佐へと昇進し、新設される事となった対レギオン遊撃部隊「第86独立機動打撃群」の指揮官に任命されるが、そこでシン達と劇的な再会を果たす。(ちなみに、連邦上層部はシン達との関係を事前に把握していたため、一連のドッキリを仕掛けるために隊員名簿からシン達の名前を消すなどの手回しを行っている。)


容姿編集

前述されているとおり白銀種の血を純血で受け継いでおり、原作には“白雪の美貌はガラス細工の繊細さ”“繻子の髪と長い睫毛にけぶる同じ色の大きな瞳”との描写がある。

紺青の軍服を身に纏っておりガーターベルトが特徴。(作者曰くロマン、レーナの絶対領域を色っぽく彩るらしい。)


「鮮血女王」と呼ばれている頃は、髪の一房を真っ赤に染め、紺青の軍服は黒染めしていた。


余談編集

Twitterで行われた86の質問から次のことがわかっている。

  • 胸の大きさは作中でシデン、クレナに続く3番目らしい。
  • 各種族の貴種のうち一部の家系が異能を持っており、焔赤種や夜黒種に並び白銀種の名前もあがっている。レーナが異能持ちかどうかは不明だが、質問その24で各種族の異能について質問があった際、「白銀種はカリスマの発揮」と回答されている。

関連イラスト編集

レーナちゃん②レーナ

Vladilena Milizé - 8686


鮮血女王 ver

レーナレーナ


関連タグ編集

86-エイティシックス-

シンエイ・ノウゼン クレナ・ククミラ アンジュ・エマ

関連記事

親記事

86-エイティシックス- えいてぃしっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14851475

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました