ピクシブ百科事典

アルドノア・ゼロ

あるどのあぜろ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1PicturesとTROYCAの共同制作によるTVアニメである。
目次[非表示]

LET JUSTICE BE DONE, THOUGH THE HEAVENS FALL.
正義を成せ、喩え世界が滅ぶとも。

概要

正式なタイトルは、ALDNOAH.ZERO
Fate/Zero』で話題を呼んだあおきえい虚淵玄が再びタッグを組んだTVアニメ。
虚淵は今回ストーリー原案という形で携わるが、一方で本編の脚本も手がけている。
シリーズ構成は『喰霊-零-』であおきとタッグを組んだ高山カツヒコ、キャラクター原案は同じくあおきがアニメ監督を手がけた『放浪息子』の志村貴子が担当するなど、あおきが過去に関わった作品のスタッフが集結している。

本作は実際の歴史とは異なる歴史を歩んだ世界を舞台に、地球火星の星間戦争を描くロボットアニメである。
メインと言えるキャラクター(主人公)が三人おり、界塚伊奈帆スレイン・トロイヤードアセイラム・ヴァース・アリューシアの三人の視点から物語が描かれる群像劇としての側面を含みつつ、スーパーロボット的な一騎当千クラスの敵に対して近代兵器の延長線上としてのリアルロボットを駆る主人公達が知恵と工夫で立ち向かう展開となっている。

ストーリー

1972年、アポロ17号が月面に着陸。
地球と火星を繋ぐ古代文明の遺跡「ハイパーゲート」を発見。
地球から火星へレイレガリア博士を中心とする調査団が派遣されて移民が始まり、先史文明の超科学的なエネルギー源「アルドノア」を基にした社会が発展していく。
一方で、火星の開拓が進むにつれて火星開拓民と地球との間には摩擦が生じていく事になる。

1985年、レイレガリア博士、自らを皇帝と自称し火星に帝政国家「ヴァース帝国」を建国。

1999年、レイレガリアの息子、ギルゼリアが新皇帝に即位。ヴァース帝国を率いて地球に宣戦布告。人類史上初の星間戦争が勃発するが、その結果ハイパー・ゲートは暴走し月は崩壊。地球側は大惨事に見まわれ、ギルゼリアも戦死する。

2000年、地球と火星の間に休戦協定が結ばれる。

2014年、2つの星の間で仮初の平和が続いていたある日、時代は再び動き始める。

登場人物

主要人物

界塚伊奈帆(CV:花江夏樹
スレイン・トロイヤード (CV:小野賢章
アセイラム・ヴァース・アリューシア(CV:雨宮天

地球連合

ライエ・アリアーシュ(CV:三澤紗千香
網文韻子(CV:小松未可子
カーム・クラフトマン(CV:村田太志
ニーナ・クライン(CV:加隈亜衣
箕国起助(CV:山谷祥生
界塚ユキ(CV:大原さやか
鞠戸孝一郎(CV:中井和哉
耶賀頼蒼真(CV:鳥海浩輔
ダルザナ・マグバレッジ(CV:茅野愛衣
不見咲カオル(CV:嶋村侑
祭陽希咲(CV:河西健吾
詰城祐太朗(CV:斉藤壮馬
筧至剛(CV:古川慎
ジョン・ヒュームレイ(CV:細谷佳正

ヴァース帝国

レイレガリア・ヴァース・レイヴァース(CV:小川真司菅生隆之※)
レムリナ・ヴァース・エンヴァース(CV:夏川椎菜
クルーテオ(CV:速水奨
ザーツバルム(CV:大川透
トリルラン(CV:櫻井孝宏
ブラド(CV:安元洋貴
フェミーアン(CV:甲斐田ゆき
オルレイン(CV:能登麻美子
ヤーコイム(CV:興津和幸
マリルシャン(CV:千葉進歩
マズゥールカ(CV:豊永利行
バルークルス(CV:竹内良太
セルナキス(CV:手塚ヒロミチ
ゼブリン(CV:木島隆一
オルガ(CV:三宅健太
ラフィア(CV:生天目仁美
エデルリッゾ(CV:水瀬いのり
ハークライト(CV:平川大輔
クランカイン(CV:逢坂良太

※:小川真司氏死去のため、引き継ぎ

登場メカニック

  • カタフラクト

本作における人型機動兵器の総称。ヴァース側の機体はアルドノアを搭載する事で圧倒的な性能を発揮する。
詳細はカタフラクトを参照。

  • 強襲揚陸艦「わだつみ」
地球連合軍所属の強襲揚陸艦。UFE第四護衛艦隊所属。
カタフラクトやエア・クッション艇の搭載能力を持ち、母艦としての機能を発揮する。
艦自体も速射砲3基、CIWS2基、VLS20セル、8連装発射機1基など多彩な火器を装備する。

  • デューカリオン
種子島地下ドックに於いて対火星兵器用として建造された大型飛行戦艦。
同名の火星カタクラフトから移植したアルドノアドライブを搭載しているが、それを起動する術を見出せなかったため計画は凍結。種子島に放棄されていた。その後、ヘラスの襲撃を受けた強襲揚陸艦「わだつみ」の乗員が本艦を発見。アセイラム・ヴァース・アリューシアがアルドノアドライブを起動させたことで伊奈帆たちの新たな母艦となった。大口径の3連装砲4基と艦底にミサイル発射管を装備している他、カタクラフトの母艦機能も有する。

  • スカイキャリア
火星カタクラフト用の戦術輸送機。
後部に展開式のカーゴを有し、カタフラクトや人員輸送用コンテナを搭載する事が出来る。
輸送機ながら機銃やミサイル、榴弾砲などを装備している事からそれ相応の戦闘力があり、カタクラフトを搭載したままドッグファイトを演じるといった芸当も可能など、その運用の幅は広い。
そのシルエットからカーム・クラフトマンらからは「蝙蝠」と称されている。

  • 揚陸城
高位の火星騎士に与えられる航宙艦。「」と称される通り、騎士達の基地であり住処としての意味合いを持ち、航宙艦というよりも要塞施設・拠点という表現が相応しい。
城自体を質量兵器として地球へ落下させその衝撃波で周辺を掃討し、その後城を戦略拠点として部隊を展開し版図を広げる事が火星軌道騎士達の軍事行動における初手となる。
それ自体が多数のミサイルやカタフラクトを搭載しており、また外郭も大気圏突入と地表激突に耐えうるだけの剛性を誇る。

専門用語

  • 古代文明

3万年前の火星に存在した高度先史文明。
アルドノア技術を実用化し、月の地表にハイパーゲートを設置する程の科学力を有していたが、彼らがどのようにして姿を消したのかは不明。

  • アルドノア
火星にて発見された古代文明のテクノロジー群の総称。
兵器に転用する事で既存の兵器体系を覆す程の能力を発揮し、アルドノアの能力を開放する為の装置は「アルドノアドライブ」と呼ばれカタフラクトの動力源などに用いられる。
起動する為には遺伝子に刻印された起動因子(権限)を必要とし、人類でその起動因子を持つ者は、最初にアルドノアを起動させたヴァース帝国初代皇帝レイレガリアとその血族たる皇族に限られる。
火星騎士達は皇帝及び皇族から起動因子を借り受ける形でアルドノアを起動させ、また皇族は火星騎士よりも上位の起動権限を持っている為、全てのアルドノアを停止させる事が可能。
なお、使用者が心肺停止状態になるか死亡した場合、起動権限下のアルドノアは全て停止する。

  • ヴァース帝国
ハイパーゲートにて地球-火星間への行き来が容易となった事で開拓された火星に於いて建国された帝政国家。
詳細はヴァース帝国を参照。

  • 火星騎士
ヴァース帝国に身を置く軍人・軍隊。
国家により統制された軍隊とは異なり、それぞれが独自の権限を持った個別の統制で動く軍閥に近い組織体系を持つ。
その中でも特に有力な37の貴族家は37家門と呼ばれ、独自の采配で部隊を展開する権限を与えられているものの、その組織体系によって正式な宣戦布告を待たずして軍事行動を起こすなど国家としての意思決定権が不明瞭となっている。
地球の地域制圧をいち早く遂げた者が栄誉を受けられる為、他の部隊との連携を取らず、互いをライバル視しつつ競うようにその版図を広げる。
また、赴任する場所によって軌道騎士、月面騎士など異なる呼び方で呼ばれる。

  • 地球連合
ヴァース帝国の建国に伴い、これに対抗する形で国連の主導で1986年に樹立した地球の連合組織。
傘下の軍事組織である地球連合軍(UEF)は、参加国の軍事力を完全統合する形で成立した多国籍軍であり、ロシア領ノヴォスタリスクに本部を置く。
ヴァース帝国と比較して豊富な人的・物的資源リソースに起因する物量を有するものの、アルドノア関連技術やカタフラクトの開発に関しては完全に後れを取っており、それが緒戦での大敗に繋がっている。

  • ハイパーゲート
1972年、アポロ計画によりへ送られたアポロ17号によって発見された古代文明の遺産。
ゲートは地球-火星間のワープを可能とし、これによって火星のテラフォーミングが開始された。
1999年に勃発した地球とヴァースによる惑星間戦争の最中暴走し、月とともに失われた。

  • ヘブンズ・フォール
1999年の戦争中に起こったハイパーゲートの暴走・消失事件。
この影響によって月はその大部分をえぐり取られ、月の破片の落下と環境変動によって地球は甚大な被害を蒙り、ヴァース側も当時の皇帝ギルゼリアを喪うという損失を負っている。
宇宙空間に残った破片はサテライト・ベルトと呼ばれる環となっており、小型の破片はヴァース帝国による隕石爆撃に用いられ、大型の破片は内部を繰り抜きヴァース・地球双方が衛星基地として利用している。
また、サテライト・ベルトの形成によってその近辺は重力が不規則に歪んでおり、同宙域に於ける長距離射撃はこの重力によって弾道が不規則化してしまう為困難。この重力歪みは地上で弾丸が風に流される様に例えて「風」とも呼ばれる。

スタッフ

原作Olympus Knights
監督あおきえい
ストーリー原案虚淵玄
シリーズ構成・脚本高山カツヒコ
キャラクター原案志村貴子
キャラクターデザイン・総作画監督松本昌子
メカニックデザインI-IV寺岡賢司
音楽澤野弘之
音楽制作アニプレックス
チーフプロデューサー岩上敦宏/落越友則
プロデューサー黒崎静佳/小林宏之/北澤晋一郎/大和田智之/出将之/伊藤円/でじたろう/金庭こず恵
アニメーションプロデューサー長野敏之/林健一
アニメーション制作A-1Pictures/TROYCA
製作アニプレックス/芳文社TOKYO MX日本BS放送朝日放送/MAGES./ニトロプラス/ムービック


オープニングテーマ

第1クール

『heavenly blue』
作詞・作曲・編曲:梶浦由記 / 歌:Kalafina

第2クール

『&Z』
作詞:澤野弘之、mpi / 作曲・編曲:澤野弘之 / 歌:SawanoHiroyukinZk]:mizuki

エンディングテーマ

第1クール

『A/Z』
『aLIEz』
作詞・作曲・編曲:澤野弘之 / 歌:SawanoHiroyukinZk]:mizuki

第2クール

『GENESIS』
作詞:唐沢美帆 / 作曲:丸山真由子 / 編曲:佐藤あつし、清水武仁 / 歌:藍井エイル

第23話限定エンディングテーマ

『Harmonious』
作詞:肇 / 作曲・編曲:澤野弘之 / 歌:アセイラム・ヴァース・アリューシア starring 雨宮天

各話タイトル

第1期放映期間(2014年7月~9月)第2期放映期間(2015年1月~3月)
話数サブタイトル話数サブタイトル
EP01火星のプリンセス—Princess of VERS—EP013眠れる月の少女—This Side of Paradise—
EP02地球の一番長い日—Beyond the Horizon—EP14異星の隣人たち—The Beautiful and Damned—
EP03戦場の少年たち—The Children's Echelon—EP15旋転する罠—Toll for the Brave—
EP04追撃の騎士—Point of No Return—EP16熱砂の進撃—Soldiers' Pay—
EP05謁見の先で—Phantom of The Emperor—EP17謀略の夜明け—The Turning Wheel—
EP06記憶の島―Steel Step Suite―EP18深い森を抜けて—The Rose and the Ring—
EP07邂逅の二人―The Boys of Earth―EP19楽園の瑕-Here to There-
EP08鳥を見た日―Then and Now―EP20名誉の対価-The Light of Day-
EP09追憶装置―Darkness Visible―EP21夢幻の彼方-The Fortune’s Fool-
EP10嵐になるまで―Before the War―EP22邂逅と決別-Out of the Past-
EP11ノヴォスタリスクの攻防―Wind,Snow and Stars―EP23祈りの空—The Unvanquished—
EP12たとえ天が堕ちるとも―Childhood’s End―EP24いつか見た流星—Inherit the Stars—


関連動画

第1クール

PV



放送直前番組


第2クール

トレーラー



関連イラスト

Here We Stand
ZEROの方舟


アルドノア・ゼロ
WHO ARE YOU



関連タグ

ジャンルロボットアニメ
表記揺れアルドノアゼロ ALDNOAH.ZERO
用語ヴァース帝国 カタフラクト
評価タグアルドノア・ゼロ100users入りアルドノア・ゼロ500users入りアルドノア・ゼロ1000users入りアルドノア・ゼロ5000users入り/(腐向け)アルドノア・ゼロ【腐】100users入りアルドノア・ゼロ【腐】500users入りアルドノア・ゼロ【腐】1000users入りアルドノア・ゼロ【腐】5000users入り
コンビタグ界塚姉弟
カップリングタグ伊奈アセ スレアセ
腐向けタグ【腐】A/Z」を参照
その他あおきえい 虚淵玄 2014年夏アニメ 2015年冬アニメ


外部リンク

アニメ公式サイト
公式Twitter
アルドノア・ラジオ -インターネットラジオステーション<音泉>
アルドノア・ゼロ -ニコニコチャンネル

pixivに投稿された作品 pixivで「アルドノア・ゼロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30634723

コメント