ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

BS11が設定しているアニメ枠の総称「アニメ+」のうち23時台から25時台、27時台に設定されている枠で使用されている枠の名前。
BS11開局時の社長がバンダイ創業者の息子でかつてバンダイの社長を務めていたことがあったため、新設当初はバンダイやバンダイビジュアルが製作に参与している作品が多く放送された。
なおANIME+はバンダイチャンネルの登録商標である。

放送作品について

放送作品は基本的に所謂UHFアニメ深夜アニメと言われる作品群で地上波で深夜アニメが見られない地域をカバーする役割を持っている。また地上波で深夜アニメが見られる地域であっても録画失敗時の保険の役割、TOKYOMXの画質悪化回避、読売テレビMANPA枠で放送される作品を単独で録画したい場合の役割もある。

毎期何作品か再放送が行われており、中にはBS11以外の局で以前放送されていた作品を放送することがある。

重複状況

在京キー局系BS放送局とは一部時間帯とこのANIME+枠の時間帯が重複する(またはしていた)ため、人によってはどちらを取るか悩ましい選択を迫られることがある。

BS-TBS

BS-TBSに関しては土曜深夜0時台→1時台(2012年からアニメイズムと名乗っていた)において2009年からかれこれ10年以上競合関係にあった。
しかし2020年4月以降アニメイズムが金曜深夜(あるいは土曜早朝)3時台に移行したためこの競合関係は解消された(金曜深夜3時台にANIME+枠の設定はない)。

その他

一方、BS-TBS以外の在京キー局系BS放送局については、長らく深夜アニメの放送には積極的ではなかった。
だが、2010年代後半に入ってからは、どこも深夜アニメへのアプローチを試行錯誤するようになっていき、ひいてはBSテレビ東京以外は名称付きの放送枠を設けるまでになった(BS日テレは「アニメにむちゅ〜」、BSフジは「アニメギルド」、BS朝日は「アニメA」)。また、名称付きの放送枠がないBSテレビ東京でも深夜アニメの放送を火曜・水曜・木曜の深夜0時台後半に設定してはいる(が、テレビ東京で平日夕方に放送している作品がほとんど)。
その結果、在京キー局系BS放送局4局とは、土曜日以外の深夜0時台(前半または後半)や深夜11時台で競合状態となっている。
それ故に作品の確保に関してかなり競争が激しくなっている様である(特にBSフジ)。

CMについて

エンディングおよびCパート終了後のスポットCMは原則としてANIME+や他のBS11の番組宣伝枠に充てられており、通販などのCMがほぼ流れない時期が長かったが近年はPTなどが流れるようになった。オープニング後とAパートとBパートの間のCMではスポンサーCMが流れる。

外部リンク

関連記事

親記事

BS11 びーえすいれぶん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ANIME+」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 494056

コメント