ピクシブ百科事典

デモンエクスマキナ

でもんえくすまきな

『デモンエクスマキナ(DAEMON X MACHINA)』とは、Nintendo Switch用ゲーム。ジャンルはメカアクション。2019年9月13日発売。
目次[非表示]

血通う鋼鉄に宿るは、神か悪魔か

概要

Nintendo Switch用ゲームで、ジャンルはメカアクション。『アーマード・コア』シリーズを製作したスタッフが送る。
プレイヤーは戦闘用外部装甲アーセナルに搭乗する傭兵となり、月の落ちた地・オーヴァルで攻性AI・イモータルとの戦闘や権力者達の代理戦争、そしてその裏で密かに進む世界の真実に迫る戦いへと巻き込まれていく。

本作の特徴として、倒した敵の武器やパーツをその場で装備し、使用する事が可能。部位破壊によって破損したとしても、敵のパーツを装備すれば戦闘を継続する事ができる。
また、機体から降りて生身の状態でフィールドを探索する事も可能で、一部のオーダー(ミッション)はこの状態を利用しないと攻略出来ないようになっている。

ローカル通信とオンラインの両方でマルチプレイに対応しており、協力プレイ(イモータル討伐・探査)や対戦プレイ(ランクマッチ・カスタムマッチ)が可能である。

スタッフ


用語

  • 目覚めの日/THE FIRST DAY

月が崩壊し、その半分が地球へと落下した大災害。
後にこの名で呼ばれるようになる。

  • フェムト
月の欠片と共に地球へ齎された粒子物質。
その希少性と利用価値から、新たな戦争を生むことになる。

  • アウター
フェムトの影響によって特殊な力に目覚めた者。
戦闘用外部装甲アーセナルを起動できる希少な存在で、多くは傭兵として生きている。

デフォルメオルサ


フェムトによって稼働する、戦闘用外部装甲/アウターフレームの総称。
アウターの持つ特殊な力によってのみ、その性能を引き出す事ができる。
手術や投薬によりアウターでなくても操縦することは可能。

  • オーヴァル
月の欠片による変化を防ぐと共に、フェムトを巡る戦争から世界の崩壊を避けるため軍事行動が許可されている領域。
この領域内では権力者達の代理戦争として、アーセナルによる戦闘が繰り広げられている。

でっかいの!


AIの操る自己進化した攻性兵器。
かつては世界の復興に使われていたが、ある時を境に人間を攻撃する様になった。
中には「ギガントクラス」と呼ばれる大型の個体も存在する。

キャラクター

デモンエクスマキナ全員描いた


キャラクターはそれぞれ解放旅団と呼ばれる傭兵組織に所属している。
目的や意志は様々で、時に背中を預け、時に銃口を向け合う事となる。

主人公

傭兵になって間もないため、他のキャラクター達からはルーキーと呼ばれる事が多い。
その存在の登場によって、オーヴァル内は急速に変化を始めてゆく。

フォー

アウター達を支援するAI。ミッションの受注と詳細の確認、戦闘中の通信など非常に高いレベルで完成されており、ジョークが通じない点を除けば人間と遜色ない程である。

バレットワークス

歴戦の猛者である准将率いる旅団。
元兵隊など戦闘のプロが多数所属しており、団員それぞれに階級がある。

バレットワークス団長。
顎髭を蓄えた初老の男性で、部下や他の旅団からの信頼も厚い。

バレットワークス副団長で、階級は少佐。
真紅に染められたアーセナルに搭乗する。
バレットワークスのエースで、憧れる者も多い。

マスクが特徴の男性で、階級は少尉。
殺したい程にクリムゾン・ロードへ執着している。
バレットワークスのもう一人のエース。

無題


ブルーのゴーグルが特徴の男性で、階級は上等兵。
コールサインが唯一本名となっている。
ルーキーとは何かと縁がある。

DXM


両サイドにアイペイントが施されたヘルメットが特徴の男性。
情報戦に秀でており、参謀的ポジションをこなす。

ボックスヘアーが特徴の男性。
子供の扱いが上手い。

バレットワークス唯一の女性。階級は軍曹。
男顔負けの度胸と信念を持つ女傑。

スキンヘッドが特徴の男性。

ネイティブアメリカンの様な男性。
五感が優れているのか、風や匂いで戦況の変化を感じ取る。

ドレッドヘアーが特徴の男性。
グラフティアートが趣味で、戦闘中でもお気に入りのナンバーを爆音で響かせる。

テラーズ

最高クラスの実力と最古参の活動実績を持つ、オービタルの親衛隊と呼ぶべき解放旅団。

テラーズ団長。若く見えるが准将と同期だという男性。
あらゆる任務での独自判断権「自由」を許された"ランクEX"を唯一持つ伝説の傭兵。

イエローの大型ゴーグルが特徴的な女性。
傭兵になる前からのグリーフの同僚で、複雑な計算を瞬時にこなす超頭脳を持つ。

眼光鋭い老境の男。傭兵になる前はグリーフの教え子だった。
特別な能力は持たないが、肉体も頭脳も並のアウターを軽く凌駕する。

装甲の王冠(パンツァークラウン)

ガンズ・エンプレス率いる旅団。全員女性で構成されている。

みんなのアイドル!ガンズちゃん!


パンツァークラウン団長。
アウターの中でも驚異的な身体能力と電子戦能力を持っている。

蝶を模したメイクが特徴的な女性。沸点が非常に低い。
過去の生き地獄の原因を作ったエンプレスへの復讐の機会を伺っているが、目下全敗中。

ピンクのメッシュ入りの黒いストレートが特徴の少女。
記憶喪失で、エンプレスとクイーンの両名から溺愛されている。

西の七人(ウエストセブン)

でふぉるめ西の七人


リーパー率いる旅団。全員が受刑者という極めて危険な旅団。

西の七人団長。右目を塞ぐアイパッチと屈強な体が目印。
「犯罪者を使い捨てる」旅団の長だが現メンバーになってから欠員を出していない実力者。

西の七人副団長。一目で東洋人と分かる黒髪黒眼の男。
実家を陥れた商売敵と要人を殺し、入団する事になった。聡明で温和な人格者。

紫のメッシュの入った黒い艶髪とそばかすが特徴の女性。
職業暗殺者でコードネームも「仕事」の結果に因む。面倒見が良く仲間に慕われている。

リーゼントと顔の刺青が特徴の男。レッドドッグの兄。
浮世に飽いており、入団前は犯罪を、入団後は任務を「ゲーム」として楽しむ。

顔の赤い刺青とスキンヘッドが特徴の男。クロンダイクの弟。
兄を盲目的に慕っており、入団前から兄の「ゲーム」に喜んで加担していた。

顎髭を湛えゴーグルで目を隠した、刺青入りスキンヘッドの巨漢。この見た目で24歳。
入団する前は裏社会で生きることを余儀なくされており、クイーンとも因縁がある。

どっしりした体格とモヒカンヘアーが特徴の女性。家庭環境が原因の二重人格者。
専用のアーセナルもそれぞれの特性にちなみ、至近と極遠の戦闘に特化している。

SHELL

セイヴィアー率いる旅団。貴族であるヴァランタイン家によって運営されている。
彼らが関わった任務は泥沼化しやすく「地獄の5人」とも称されている。

SHELL団長、兼ヴァランタイン家当主。褐色の肌と癖のある黒髪が特徴の男性。
貴族の責務と人命を重んじる、大義のためなら任務違反も厭わない正義の執行者。
ルーキーと何かと縁がある。

セイヴィアーの姉で、ヴァランタイン家の真の実力者。仮面と独特のヘッドギアが特徴。
ヴァランタイン家のためならセイヴィアーを殺す事をも躊躇わない要注意人物。

我が生涯を戦友と共に過ごし、我が任務を忠実に尽くさんことを


SHELLに所属する双子の姉妹。
人体実験時の事故が原因でアビスは感情の幾つかを失い、ヘヴンは精神年齢が10歳で止まっている。

ヴァランタイン家筆頭執事。老執事を絵に描いたようなオールバックと口髭が特徴。
非アウターでありながら肉体強化と鋼の精神でアウター以上にアーセナルを操る剛の者。

鋼鉄の騎士(スティールナイツ)

デヴァとゾアの二人組の旅団。
正義の味方を公言し、弱者が泣くなら利益も任務も度外視して駆けつける。

鋼鉄の騎士団長で近接戦闘担当の茶髪の男。ゾアの兄。自信過剰で女好き。
ある目的のために「正義の味方」を率先して実践している。

遠距離戦闘担当。デヴァの弟。兄の目的に協力すべく傭兵に身を投じる。
実戦以外はあらゆる意味でだらしない兄のフォローに常々回る「超できる弟」。

不死隊(イノセンス)

ジャック率いる旅団。腕前は並だがいかなる任務でも100%の生還率を誇る。

不死隊団長の少年で、兄妹の三男。熱さと優しさと覚悟を併せ持つ、愛すべき熱血バカ。

不死隊最年長の青年で、兄妹の長男。前・団長であり、今でも実質的なリーダー。
家族以外の全てに対して斜に構えた態度を取っている。

不死隊の姉役にして母役の女性で、兄弟の長女。家族の幸せのために全てを敵に回せる。
何かとストレスを溜めており、家族には小言を、戦場では弾丸を撒き散らしている。

不死隊のブレインかつ対外交渉役で、兄妹の次男。
自分の記録を徹底的に残す事を習慣にしており、コードネームもそこから。

不死隊の遠距離攻撃担当の少女で、兄妹の末っ子。
現状の生活に不満はなく、それ故に誰か・何かを失う事を恐れている。

関連動画

E3 2018ニンテンドーダイレクト出展映像


E3 2018ツリーハウス プレイ動画


関連タグ

SF 巨大ロボット デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの
ニンテンドースイッチ
河森正治 柳瀬敬之 三木真宏 中村浩 稲田航 小林誠 宮武一貴 氷樹一世

関連記事

親記事

マーベラス(企業) まーべらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デモンエクスマキナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 171698

コメント