ピクシブ百科事典

EAT-MAN

いーとまん

『EAT-MAN』とは、吉富昭仁の漫画作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

世界一の冒険屋(報酬を受けて殺し以外の依頼を引き受ける特殊職)として知られる男ボルト・クランクを狂言回しとした一話から数話完結の連作ストーリーからなる一連の作品。
ボルト自身は寡黙で何を考えているのかをほとんど明らかにしないため、実際の物語でストーリーを進める主人公は、各話ごとに別のキャラクターが受け持つことが多い。
物語が進むにつれて、何名か準レギュラーとも呼べるキャラクターが出てくるようになった。

登場キャラクター


原作準レギュラー


アニメ

原作にはない全編オリジナルストーリーのみの構成の『EAT-MAN』が1997年1月から3月に全12話、より原作に忠実に作成されている『EAT-MAN'98』が1998年に全12話放送された。

主題歌

EAT-MAN
オープニングテーマ
「小さな恋のメロディ」
作詞 - 大槻ケンヂ / 作曲 - 橘高文彦&King-Show / 編曲 - King-Show / 歌 - 筋肉少女帯

エンディングテーマ
「WALK THIS WAY」
作詞 - 岡本早由 / 作曲・編曲 - 小泉洋 / 歌 - FIELDS

EAT-MAN'98
オープニングテーマ
「バーニング・ブルー」
作詞・作曲 - 上澤津孝 / 編曲 - 今井裕、MAGIC / 歌 - MAGIC

エンディングテーマ
「旅人」
作詞・作曲 - 上澤津孝 / 編曲 - 今井裕、MAGIC / 歌 - MAGIC

挿入歌
「BLACK CATS」
作詞・作曲 - 魚海洋司 / 編曲 - GUITAR FISH / 歌 - BLACK CATS

各話リスト

EAT-MAN

話数サブタイトル
第1話ガラスの壁
第2話滅びゆく者
第3話約束の部屋
第4話同業のよしみ
第5話雨、そのあと
第6話遺伝子の窓
第7話誘惑の墓場
第8話氷柱の沈黙
第9話孤高の空
第10話夢のかけら
第11話楽園
第12話無限の翌日

EAT-MAN'98
話数サブタイトル
第1話BYE BYE AIMIE(前編)
第2話BYE BYE AIMIE(後編)
第3話世界一の冒険屋
第4話BODY GUARD
第5話AMBROSIAN DAYS Part One
第6話AMBROSIAN DAYS Part Two
第7話AMBROSIAN DAYS Part three
第8話AMBROSIAN DAYS the FINAL
第9話MEGA MIX(前編)
第10話MEGA MIX(後編)
第11話道化の夢(前編)
第12話道化の夢(後編)

pixivに投稿された作品 pixivで「EAT-MAN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74337

コメント