ピクシブ百科事典

仙界伝封神演義

せんかいでんほうしんえんぎ

藤崎竜の漫画「封神演義」を元にした、1999年にテレビ東京系列で放送されたTVアニメ。
目次[非表示]

概要

スタジオディーン製作、全26話。

藤崎竜漫画封神演義」をベースにしてはいるが、漫画が連載中だったために漫画版での結末よりも先に王朝は滅亡しており、趙公明十天君との戦いは描かれていない。その為、本作における主人公太公望はあくまで案能版をモデルに書かれているため、原作最終巻の大どんでん返しは一切描かれていない。が後にゲームとして補完される。

作者いわく「メタメタ封神演義」

再アニメ化として2018年に覇穹封神演義が放送された。

スタッフ

原作:藤崎竜
監督・シリーズ構成:西村純二
キャラクターデザイン:小島正士
インダストリアルデザイン:佐藤和巳
美術監督:宮前光春
色彩設計:松本真司
撮影監督:青木孝司
編集:坂本雅紀
音響監督:千葉繁
音楽:酒井良
プロデューサー:小林教子、豊住政弘
製作:テレビ東京スタジオディーン

キャスト

メインキャスト
太公望 CV:結城比呂 → 現:優希比呂
四不象 CV:増川洋一
哪吒 CV:宮田幸季
楊戩 CV:千葉進歩
黄飛虎 CV:田中一成
黄天化 CV:山岸功
雷震子 CV:松本梨香
元始天尊 CV:大木民夫
太乙真人 CV:阪口大助
普賢真人 CV:緒方恵美
雲中子 CV:石川大介
申公豹 CV:石田彰
黒点虎 CV:こおろぎさとみ

妲己 CV:かかずゆみ
胡喜媚 CV:千葉千恵巳
王貴人 CV:柚木涼香
紂王 CV:松田佑貴
聞仲 CV:松山鷹志
黒麒麟 CV:土屋利秀
姫昌 CV:麦人
姫発白鶴童子 CV:小林和矢
崇黒虎 CV:石塚堅
神鷹 CV:川澄綾子

追加キャスト(ゲーム版にて)
武吉 CV:永澤菜教
黄天祥 CV:松本さち
土行孫 CV:山口勝平
竜吉公主 CV:加藤優子
燃燈道人 CV:うえだゆうじ
玉鼎真人 CV:檜山修之
清虚道徳真君 CV:菊池仁
趙公明 CV:子安武人
雲霄(ビーナス) CV:くじら
張奎 CV:川島得愛
王天君 CV:笹本優子
太上老君 CV:高山みなみ
邑姜 CV:池澤春菜
女媧 CV:百々麻子
伏羲 CV:結城比呂

タイトル

話数タイトル話数タイトル
一話封神計画を授かる二話太公望、最初の封神す
三話陳塘関に宝貝人間出現す四話陳塘関の蓮桃大戦
五話西伯侯姫昌朝歌を脱出す六話雷震子、起風発雷す
七話皇后姜妃、逆賊として囚われる八話太公望、楊戩に試される
九話黄飛虎、造反を決意す十話臨潼関に快男児あらわる
十一話太公望、黄飛虎と出会う事十二話黄飛虎、聞仲、街道に対決す
十三話太公望、西伯侯姫昌と邂逅す十四話西岐軍、北へ出陣す
十五話四聖猛攻十六話四聖封神
十七話弦、崇城に流るる事十八話兄弟、荒野に帰還す
十九話朝歌炎上二十話殷王朝滅亡す
二十一話妲己封神二十二話崑崙山攻防戦
二十三話太公望、玉虚宮に進退窮まる二十四話元始天尊、太公望に未来を見せる事
二十五話太公望、追憶の川に釣り針を降ろす事二十六話太公望、道を示す事


改変

概要にあるように漫画が連載中の時に放送した為や放送時間帯の規制もありストーリーやキャラ設定が変更された点が多々あった。沢山あるので主な点だけまとめる。

太公望→性格がより少年漫画チックになる。
雷震子→漫画では不遇だったが主要キャラ入りしメインエピソードに参加している。
楊戩→黒幕のスパイで太公望の監視役。
黄天化→煙草に規制が入り木の枝になる。突然、謎の弾き語りを始める
黄飛虎→黄氏が自害する時、禁城へ入りそれを目撃する。
聞仲→最終決戦で太公望と共闘。
妲己→黒幕の傀儡になる。

等々があげられる。
他には序盤からその存在のみが示唆されていた、漫画最大の独自要素である「歴史の道標」も謎の三人組という形でアニメ独自解釈で描かれているが、尺の都合からか思いっきりブン投げられた。視聴者的に解釈するなら伏羲神農女媧ではないかと考察もあるが、前途の通り詳細は語られていないため不明。

ゲーム版

いずれもアニメのゲーム作品という名目で出されており、パッケージもアニメイラストで描かれているが、中身は完全に漫画準拠という全体的に大人の事情が垣間見える形になっている。
ジャンルはRPG多めで、評価は大体ハードごとで分かれているが全作品に渡って趙公明が全く自重していないという共通点がある。スタッフに愛されすぎだ。

仙界伝 封神演義
ワンダースワンで発売されたRPG。時系列は漫画開始前。主人公は原典の人物を元ネタとしない完全にオリジナルキャラクターな作品である。若干時間軸に矛盾が生じるものの、キャラの再現度およびキャラゲーとしての評価は非常に高い。

仙界伝弍 〜TVアニメ仙界伝封神演義より〜
ワンダースワンカラーで発売されたPRG。時系列は漫画終了より数年後。
成長した黄天祥が主人公であり、再び暗躍し始めた妲己たちを追っていく物語となっている。こちらも前作同様キャラゲーとしての評価は高いが、妲己の扱いには賛否が別れている(というか妲己は元々漫画の時点でそのラストを是とするか否とするかが人によって別れる扱いであったため、その逆を行った本作もまた賛否が別れるのもやむなしといったところか)。漫画において太公望が作り上げたシステムを信じるか疑念を呈すかの選択肢がいくつか発生し、それによりEDが二つに分岐する。太公望は隠しキャラ。

仙界異聞録 準提大戦 〜TVアニメ-ション「仙界伝封神演義」より〜
GBCで発売されたSRPG。物語は漫画の仙界大戦決着直後からスタートし、謎の陣「蒼州列島」からの脱出を目的として戦い進めていくこととなる。
タイトルが示す通り、漫画未登場だった原典の人物である準提道人をキーパーソンとし、彼を取り巻く本作の完全オリジナルキャラクターと関わりを持っていく。評価の極端なWSソフト系列とPSソフト系列に挟まれて空気気味だが、作品としては手堅い作りとなっている。シナリオ分岐やキャラの取捨選択、会話差異などが多い周回プレイを前提とした作品。あと攻略本にないアンニュイ学園EDが存在する。

仙界大戦 〜TVアニメーション仙界伝封神演義より〜
PSで発売されたRPG。漫画の仙界大戦までのストーリーをアニメとはまた異なる運びで再構築した作品。各キャラを主人公とした章分けシナリオの後、一つのストーリーへとつながる形となっている。妲己最終形態がアニメからさらに(エグい方向へ)グレードアップした。キャラ崩壊やスタッ腐の暴走が散見される点などからキャラゲーとしての評価は微妙なところ。テラ子安

仙界通録正史 〜TVアニメーション仙界伝封神演義より〜
PSで発売されたサウンドノベル形式のソフト。その評価は迷作の一言に尽きる。各キャラのセリフや演出などを自由に組み合わせて独自の物語を作っていくゲームであるのだが、ギャグ台詞も充実しておりプレイ次第ではとにかくカオスな事態が出来上がる。テラ子安

評価

前半は漫画版に沿っていたが後半からは完全にオリジナル展開になり物語の締めを姫昌の死と周としての再出発を持ってきており、限られた時間の中でキャラと世界観を見せる基本構成の発想や米倉千尋氏が歌うOPやED、BGMの評価は高い。

ただキャラやストーリー改変が強く、漫画版とは別物になっており放送当時から今に至っても賛否両論で原作通りのストーリーを期待していた人達からは黒歴史にしている人もいるが、漫画とは切り離しアニメ単体で見ると(色々粗とかはあるが)決して悪いものではない。それでも人によって評価は異なる。しかし皮肉なことに再アニメ化として制作された『覇穹封神演義』がになっているので、再評価する人も出てきている。

配信

覇穹封神演義の放送終了後にあにてれやdアニメストア等で有料配信が開始された。

テレビ東京公式アニメサイト:あにてれ
dアニメストア ニコニコ支店:dアニメストア 

関連イラスト

【腐】封神つめ01
封神演義キャラソン『鋼魂・大望』


未・来・励・激.



関連動画



関連項目

週刊少年ジャンプ 封神演義 覇穹封神演義
伝奇 中華 SF 仙人
鋼の錬金術師 ハーメルンのバイオリン弾き 同じく連載中にアニメ化され改変が賛否を呼んだ。後者は監督が同じ。

pixivに投稿された作品 pixivで「仙界伝封神演義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145057

コメント