ピクシブ百科事典

朔氷姫

さくひひめ

「朔氷姫」とは藤崎竜版「封神演義」及びそのアニメ版「仙界伝封神演義」を基にしたGBC版ゲーム「仙界異聞録 準提大戦」に登場するオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

概要

ゲーム版のオリジナルヒロイン。言動に幼さを残しているが、あのナタクに目をつけられるほどの強い能力を持っている。しかし本人は争いを好まない優しい心を持った少女である。
幼い頃、独りぼっちだった自分を育ててくれた準提道人には実の父親のように慕っており、準提道人も部下から過保護と呼ばれるほど彼女を大切にしている。尚、彼からは「」と呼ばれ、「姫」と呼んでいるのは彼の仲間2人のみ。

倒れていた竜吉公主を助け、彼女を通して太公望四不像とも仲良くなる。
太公望達も朔氷姫を仲間として受け入れ、彼女の事を「朔氷」と呼んでいる。
特に公主からは妹のような親近感を抱かれており、朔氷姫も彼女を「竜吉」と呼び慕っている。

ちなみにナタクから「強いにおいがする」と言われた際、「毎日お風呂入ってるもん!」と言い返しているが、意味が違う。(勿論、太公望からもつっこまれた。)

外見

ショートボブの桃色の髪と赤い瞳をした可愛らしい少女。
緑を基調とした服装で、ガスマスクと大きな手袋(グローブ)が特徴。妲己や蝉玉と違い、上半身の露出は控えめだが、下はミニスカートで更にガーターストッキングのようなニーソックスを穿いている。
頭の両端に付けている髪飾りのようなものは、実は「九天爆珠」と言う毒ガス宝貝であり、朔氷姫の性格とは裏腹にかなり物騒な代物である。技名は「ブレイクスルー」。
・・・・・・準提道人が護身用に彼女に与えたのだろうか?
ちなみにガスマスクのようなものも「八卦仙衣」と言うにおいを防ぐ宝貝である。











関連タグ

封神演義

pixivに投稿された作品 pixivで「朔氷姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11

コメント