ピクシブ百科事典

普賢真人

ふげんしんじん

「封神演義」の登場人物。
目次[非表示]

注意

一般的には普賢延命菩薩を指すが、pixiv内では藤崎竜版封神演義に登場するキャラクター、普賢こと普賢真人を指すことが多い。本項ではこのキャラクターについて説明する。

人物

CV:緒方恵美 / 島﨑信長(覇穹 封神演義)
物理学を得意とする十二仙で、木吒の師。太公望とは同期のため、仲がいい。知識は豊富なのだが外見はひ弱。性格も争いを好まない平和主義者、自己犠牲的な側面も。敵とは話し合いで解決しようとする。しかし3回説得してダメなら容赦はしない。崑崙を守る責任感で非情になるのだ。(封神大全より)
作中で太公望が使っている鉤のない釣り針(縫い針?)は、釣りをしながら考え事をする癖のある太公望に、食べられもしないのに無闇に釣るのはかわいそうだから、と彼が贈ってたもの。

アニメについての余談

アニメに登場し、尚且つセリフのある十二仙は彼と太乙のみで、後は姿もしくは黒い影で背景扱い。天晴れな投げやりっぷりである。
登場はアニメ終盤であり唐突な感が否めない。これはファンによる普賢登場嘆願署名の結果と囁かれているが、DVD版のスタッフインタビューによれば太公望を掘り下げるために不可欠なキャラクターであるとの見解が記されている。
しかし、あれだけの登場で太公望の掘り下げを出来たかというと……。
なお、原作でも割と唐突に出てくるので判定は微妙なところである。

容姿

頭の上に天使の輪がのっている。衣装は肩出しの長袖シャツと白のズボン。帯下にトリコロール模様のエプロンを前と後ろに付けている。背中には翼を模したような2枚1対の布がついている。一説によると羽衣ではないかと言われている。エプロンと布には通称鉄琴と呼ばれる飾りがついている。なお、右耳だけにピアスをつけていたが、途中から無くなっている。どういうことなの・・・

宝貝『太極符印』

ぱおぺえ・たいきょくふいんと読む。宝貝とは簡単に言うと仙人専用の武器みたいなもんである。威力は使用者の能力に左右されるが機転によって真価を発揮することも。
『太極符印』は自然操作系に分類され、主機能は元素の操作。極めて汎用性の高い能力で、防御(水分子を電気分解して吹雪による攻撃を防御したり、斥力を発生させて物理的な攻撃を弾いたり)から攻撃(任意の規模の核融合を引き起こせる)まで可能で幅広い相手に対応できる。他にもレーダー機能や、敵の攻撃パターンを解析・演算して味方の攻撃にフィードバックさせたり、特定の相手の鼓膜を振動させて音声を伝達する(テレパシーのごとく秘密裏に情報伝達が可能)など、その能力は多岐にわたる。
外見はバスケットボールを一回り大きくしたくらいの球形で、コンピュータ画面のようなものが表面に映し出されており、タッチパネルのように操作する。自爆機能もついている。

pixivでの普賢

人気のわりに登場期間が短いためか、描き手によって多様な解釈がされている。主に太公望とからめて描かれており、衣装がややこs…鉄琴やパルックをおうちに忘れてきたらしき描写も多いが、いつもあんなにつけてると肩がこるに違いないとの配慮かもしれない。
色合いが異なる場合があるが、これは公式に準拠したものである。カラーパターンは連載時カラーページ(黄が基調)、単行本15巻カバー(紫が基調)、完全版11巻カバー(水色が基調)の3種がある。フジリュー的には完全版カラーが最もイメージに近いのだがコミックスの白背景に映えなかったので変えた、らしい(公式サイトインタビューより)。アニメ版は単行本15巻カバーが基準となっており、シャツが紫。

二次創作上での扱い

上記のとおり、穏やかで優しく自己犠牲を厭わず徹底して争いごとを好まない平和主義者だが、その一方で道士時代には太公望とともに師匠である元始天尊の食事に一服盛り、修行をさぼって人間界に遊びに降りたこともある。
また、三回までは敵である袁天君を説得しようとしながら、危害を加えない証として手放した自身の宝貝にそれでも相手が攻撃してきた時を予想して事前に細工をしておなど、わりと抜け目がなくシビアな性格の模様。
そんな彼を幼馴染で友人の太公望は「エセ聖人」と呼んだことがある。
このように一筋縄ではいかない人物像のためか、二次創作では腹黒化して描かれる事がある。

関連イラスト

平和主義者。
君、そこに居るの?


──── さよなら
封神演義



関連タグ

封神演義 崑崙十二仙 普賢 木吒 ドドメチーム

pixivに投稿された作品 pixivで「普賢真人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 801647

コメント