ピクシブ百科事典

イェーガー(パシフィック・リム)

いぇーがーぱしふぃっくりむ

イェーガー(パシフィック・リム)とは、SF怪獣映画「パシフィック・リム」に登場する巨大な人型ロボット。
目次[非表示]

解説

怪獣を打倒するために、人類の英知を結集して世界各国で開発、建造した全長約80mという超巨大な人型ロボット。名前の由来はドイツ語狩人を示す Jäger からきている。

イェーガーが格納される基地はシャッタードームと呼ばれる。

これを発明した科学者のジャスパー・ショーンフィールド博士は、シドニーに怪獣が襲来したニュースをテレビで視聴していた時に、傍らで自分の幼い息子が怪獣とロボットのフィギュアで遊んでいるのを見て、この時に対怪獣用の革新的なカウンターとして「巨大ロボット兵器」の構想が閃いた。あまりにも突飛なアイディアであったものの、核兵器を使わずには倒せない&出現頻度が上がっている怪獣たちの侵攻を考慮すると、他に有効打がなかったのも事実であり、「核兵器を使わず&怪獣ブルーの流出を最小限に抑えながら倒せる」手段として開発が検討された。

マークは製造年の違いを表していて、皆一年違い。
姿や性能が大幅に違うのは、同じく大幅に違う怪獣に対するカウンター。

サイズも、主要な迎撃作戦の展開位置である、沖合い 2マイル程度の海上でも、風波や水の質量などにも左右されない&自壊しないで接合部が耐えられるレベルになっている。また、初期に出現した怪獣の大きさやパイロットへの負荷、運搬能力の限界、生産性や経済的な理由なども考えられる。機体に使用されている合金も特注であり、機体の表面のコーティングや形状も、機能性に優れた生物的な滑らかさ&怪獣の攻撃の滑りやすさを重視している。

説明不要だが、接近戦それも人間的で切断や穿ちなどを伴わない肉弾戦法に特化した形態でデザインされていて、操作性とリンク性を考慮して、極力人間的な装備・プロポーションになった。故に、飛び道具や武器は装備していても、ハッタリが利く、少弾数かつ一撃で抜群の破壊力を持つ、プラズマや液体窒素や麻痺弾頭など Kaiju Blue の流出を防止可能な性質、肉弾戦に支障がなく破壊されないために胸や腕など身体部に内臓、役に立たないような小型兵装はない、管理面からも武装の限定は利点がある、万が一何らかの理由で暴走したり悪用されても被害が最小限に済むために兵器の数自体を抑え弾数が少ない、ハッキング対策としてデジタル管理化、などの特徴がある。

ロボットというよりは特大のパワードスーツ」だという意見もある。

また、国家予算レベルのバジェットが注ぎ込まれているため、戦闘以外の用途もないと割には合わないので、一部の戦闘特化型を除き、細かな作業ができるマニュピレーターを装備している。また、咄嗟の際に建造物を利用したり、怪獣の身体の部位を狙って引きちぎるなど戦闘にも有用。

プラズマ砲や液体窒素砲、エア・ミサイルなどの小型化&量産化&移動可能化を推し進めて港や航空機、「命の壁」や「裂け目」の付近などに装備すればよかったのでは・・・と思ってはいけない

  • プラズマ砲やエア・ミサイルはイエーガーよりも後年に開発されており、初期の時点では現在よりも有用な兵器が限られていたのも無関係ではないだろうか。さらに、これらの装備を下手に量産してテロにでもされたら堪ったもんじゃない。

GIPSY DANGER
出击!


PPDCのシャッター・ドームで管理されている。
操縦には戦闘機の操縦システムとして開発されていた神経とマシンを接続する「ドリフト」という方法を行い、パイロットスーツに組み込まれた伝達回路と内部に注入される特殊なジェルによってパイロットの動作をイェーガーに伝達させるが、イェーガーはパイロットの動きをそのままトレースするため、パイロットの持つ格闘技術などがイェーガーの戦闘力を大きく左右する。
開発当初はパイロット1名だけで操縦を行う構成だったが脳神経への負荷が大きすぎた為、パイロット2名がそれぞれ右脳と左脳と役割を分担する構成となった。イェーガーの起動の際、パイロット2名の意識を同調させる「ニューラル・ハンドシェイク」という工程が必要であり、これによってパイロット2名はお互いの意識と記憶を共有するが、この際、不慣れなパイロットは、相方または自身の過去の記憶を無意識のうちに追体験してしまう「ウサギ追い」というトラブルを引き起こしがちである。これによって動作不良や暴走を引き起こすことがあるため、パイロット同士はそれを互いにフォローしあうことが求められる。このことからパイロット候補となる2名は、戦闘技術はもちろんのことだが、互いの親密度が重要視されるため、パイロット2名が兄弟、親子、夫婦など親族であることが多いのはこれが理由である。

動力は原子力を応用した専用のエネルギーコアを使用するが、初期のイェーガーはこのエネルギーコアの放射線対策が完璧とは言えず、長期の戦闘によって被爆し、重病を患うパイロットも出ている。

動力は胸部、コックピットは頭部という基本構成だが、チェルノ・アルファのような例外も存在する。

ちなみに、欧米の計算形式を用いているため、全機女性である
    

俺達の浪漫
デレレレー デレレー


最盛期には少なくとも30機以上が存在したが、2019年までは舐めプもOKな空気があったもののその年のマニラのカテゴリー4の襲撃を皮切りに怪獣側の猛攻があり、2024年には8機も失った。劇中の時点では最強の4機を残すのみになってしまっている。

また、国家予算レベルの金額が余裕でぶっ飛んでいってしまう程の建造費がかかるので、近年はイェーガー計画の存続に難色を示す国家が非常に多い。また、一応は国連やEUROなど他圏の支援もあるが環太平洋国家への負担が半端ないのも考え物だとされる。パイロットの適性が非常に厳しいのも欠点であり、プライバシーの観点からしても適性を持つ者々は限られている。

パシフィック・リム:アップライジング』にはマーク6も登場する。


余談

この機体を含め、「運んでるヘリの方がすごい」と言われているが、裏設定ではKAIJUを解剖したことによって得られた「反重力システム」を搭載しているので問題ないらしい。怪獣やイェーガーがあれだけの大きさと重量を持ちながらも崩壊しないのもこのためだとされ、怪獣の体重が少なくて済んでいるのもこのおかげである(環境調整用のための怪獣たちなので、重すぎて地盤などに影響を与えてしまったり強すぎて過破壊をしてしまっても困る)。また、初期の機体と後の機体では、機体重量に大きな差があるのはそのため。

また、当初は100m~120m程度に大きさがなる予定だったのだが、後に80m程度になっていたのでガッカリするファンが多かったとか。

なお、例えば「チェルノ・アルファのモデルはザク」などのアレがあったが、アレは所詮リップサービスであり、基本的には「モデルを用いてはいけない」という制作体制であったことが後に明かされている。

ちなみに、オブリビオン・ベイに破棄された、映画未公開機を含めたイェーガーのいくつかはこちら。ただし、左の機体はロミオ・ブルーではなく、真ん中の「Mirida Robot」についても監督が否定したという話もある。

また、何と動物型のイェーガーも考案されていたらしい

最近、タシット・ローニンの活躍を描いたコミックスにて、マーク不明の日本製イェーガー「ビクトリー・アルファ」の存在が明かされた。エネルギー性の格闘武器を得物としている。

地球防衛軍』シリーズの歩行要塞バラムは、おそらくイェーガーに対するオマージュである。

関連イラスト

Pacific Rim
パシフィック・リム
『パシフィック・リム』飛び出せ!正義のイェーガー大集合!
SD イェーガー
イェーガー


関連タグ

パシフィック・リム/ジプシー・デンジャー/チェルノ・アルファ/ストライカー・エウレカ/クリムゾン・タイフーン/ロミオ・ブルー/コヨーテ・タンゴ/タシット・ローニン
巨大ロボット
巨大兵器
原子怪獣現わる』- リドサウルスが、危険な物質を含んだ体液のために攻撃の手段を限定されるという設定が共通。
ゴジュラスギガ - ガミーの個体は理念がイェーガーに近いと言える。より「怪物」的な見た目もポイント。

pixivに投稿された作品 pixivで「イェーガー(パシフィック・リム)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 637213

コメント