ピクシブ百科事典

ジプシー・アベンジャー

じぷしーあべんじゃー

ジプシー・アベンジャーは2018年のSF映画『パシフィック・リム:アップライジング』に登場する、主役イェーガーである。
目次[非表示]

概要

パシフィック・リム:アップライジング』に登場するマーク6のイェーガーで、本作の主人公ジェイク・ペントコスト&副主人公のネイトの乗り込む機体で、本作のイェーガーでは、オブシディアン・フューリーに次ぐ全高を持つ。

前作で活躍したジプシー・デンジャーを基に開発された「人類の希望の象徴」とされるリーダー機で、ジプシー・デンジャーよりも若干大型・重量化している。ジプシー・デンジャーだけでなく、同じく米国機であるロミオ・ブルーや、前作の主役機候補でもあったストライカー・エウレカ等の意匠も入っているかのような外見をしている。プラズマ・リアクターは二機に増設され、ジプシー・アベンジャー単機でシカゴの電力を一年間支えられる。

武装の数はかなり多く、オブシディアン・フューリーよりも多い。
プラズマキャスター(当初はオレンジ色の予定だった)とプラズマブレード、エルボーロケットをそれぞれ両腕に装備し、両脚のジェット、少なくとも右腕には「世界そのものが武器となる」グラビティースリング(重力投石機)、グレネード、可動式のウィングにはミサイルも装備している (小説ではプラズマ・ミサイル)。後に、オブシディアン・フューリーのエナジー・チェーンソーのような武器を装備している。ジプシー・デンジャーのように、プラズマ・リアクターが武器として使用できるのかは不明。また、拳に何らかの武器を装備している可能性もある。()。

グラビティースリングは、一見すると異なるように見えるが、「周囲の物体を利用して叩きつける」という点で、実は米国機の伝統をしっかりと受け継いでいるのだ。

なお、当初に発表されたコンポッドのデザインは、後にヴァロー・オメガに受け継がれた可能性がある。

外部リンク

海外版wiki

関連イラスト

Gipsy Avenger
パシリム応援し隊



関連タグ

パシフィック・リム:アップライジング イェーガー(パシフィック・リム) 
ジプシー・デンジャー ロミオ・ブルー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジプシー・アベンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49805

コメント