ピクシブ百科事典

ジェイク・ペントコスト

じぇいくぺんとこすと

ジェイク・ペントコストとは2018年公開のSF映画・パシフィック・リム:アップライジングの登場人物であり、本作における主人公である。
目次[非表示]

演者

ジョン・ボイエガ / 中村悠一(吹替版)

概要

前作の戦いで殉職したPPDCの司令官・スタッカー・ペントコストの実子であり、森マコとは義姉弟の関係である。

かつては父や義姉と共にPPDCのイェーガー乗りとして所属していたが現在はPPDCを離れ、スクラップや「非合法な手段で手に入れた物品」を売り捌くなどして生計を立てていた。実は、この時代に彼のような存在は珍しくなく、裏世界に入った元レンジャーもいる。

ある日、民間所有が禁じられている未登録のイェーガーに乗り込んだことによりPPDCに連行され、マコから「釈放の代わりにPPDCの指導教官として復帰すること」の条件を飲み、未登録のイェーガーを制作したアマーラ・ナマーニと共にPPDCの訓練基地へと移送される。


人物像

自らを「魅力的だから」と言ってはばからず、若干ナルシストな印象を受けるが、雰囲気を和らげる際のきっかけ作りにも使っているため単なる自己顕示ではない模様。
途中で「パパっ子」であることが明かされる(PPDCに参加した理由もスタッカーの影響が強い)。
また自分より要職に充てられたマコに対しても「血縁はないが大事な家族」とも語っており、家族思いな性格でもある。
同じく指導教官であるネイサン・ランバートとはPPDCに所属した頃からの付き合いだが、彼とケンカをしたことが原因で自らPPDCを離れてしまっている。

余談

演者のジョン・ボイエガは「日本のアニメオタク」であることを公言しており、特にアクションシーンは機動戦士ガンダムUCを参考にしたことも明かしている。
監督であるスティーブン・S・デナイトと共に受けたインタビューでも「今回の来日でネオ・ジオングのプラモデルを買った」り、デナイトのコメント中や自身のコメントにも至る所で「ガンダム」「ガンダム」と呟くなど筋金入りのガンダム好きであることを伺わせる。

お手本はガンダム!『パシフィック・リム:アップライジング』ジョン・ボイエガ&スティーヴン監督と激アツ来日トーク

そして何の因果か、吹替版声優は「ガンダム愛に溢れ宿命となった男」と同じであり、前作の主人公を担当した声優と交友関係が深い事でも知られる中村悠一氏である。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェイク・ペントコスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1857

コメント