ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール編集

生年月日2003年4月23日
出身地日本 種子島
性別女性
身長167センチ
体重55キロ
髪の色
瞳の色茶色
イェーガー・アカデミー・クラス2017年卒業
隊員番号R・MMAK_204.19・V
軍配置02
搭乗イェーガージプシー・デンジャー(復旧機)
パートナーローリー・ベケット
所属部隊香港シャッター・ドーム
上官スタッカー・ペントコスト
階級と徽章イェーガー隊員
演者菊地凛子 / 芦田愛菜(幼少期) / 林原めぐみ(日本語吹き替え)

(パンフレットより)


概要編集

今作のヒロイン主人公ローリー・ベケットとともにジプシー・デンジャーに搭乗し、怪獣と戦う。戦闘能力は申し分ない漢女である。

名前の表記について、事前に雑誌などで公開された情報では「マコ・モリ」が多数であったが、公開後の日本語字幕や資料では「森マコ」に統一されている。


来歴編集

13歳の時に東京で怪獣オニババの襲撃を受け、両親を亡くし、自らも絶望の淵に立たされたが、スタッカー・ペントコストが操るコヨーテ・タンゴの激闘により救われる。

それ以来、マコにとってペントコストはヒーローであり、先生であり、父親となった。実際アメリカ合衆国に渡り、ペントコストの養子として育てられたのだ。

その後、ペントコストの後を追いPPDC(環太平洋防衛軍)に所属。怪獣と戦う道を選ぶ。

戦後から10年後に当たる続編・アップライジングではPPDCの事務局長として籍を置く彼女の姿が見られる。



人物編集

テレレッテレレ~

イェーガー技術者としてはトップクラスであり、2020年に大破したジプシー・デンジャーの復帰を担当した。その際、新設された装備《チェーン・ソード》はマコが開発したもの。

戦闘力も十分で、棒術の訓練で(長いブランクがあったとはいえ、かつては前線で活躍していた)ローリーと互角に渡り合うほど。

本人はイェーガーのパイロットになることを望んでいるが、ペントコストの判断により止められている。その理由は、親子の情もあるだろうが、怪獣への復讐心により前が見えなくなってしまう精神面の未熟にある。一度ローリーと操縦のテストを行ったところ、過去のトラウマを深追いしてしまい(俗に"ウサギを追う"という)、ジプシーを暴走させてしまった。

Rinko Kikuchi

台詞の中に時節、日本語が混じる。主にペントコストと内緒話をするときや感情が高ぶったときである。しかしアメリカに渡ってからもっぱら英語ばかり使ってきたため、日本語の発音はたどたどしくなっている。


対人関係編集

Legacies

  • 先述したように、ペントコストとは師弟関係であると同時に親子でもあり、情は深い。PPDCでは上官と部下の関係だが、信頼を置き、忠誠を誓っている。
  • ジェイク・ペントコストは一緒に育った義兄弟である。
  • ローリー・ベケットに対しては、かつて上官であったペントコストからよく話を聞かされていたが、実際に会った第一印象は「イメージと違う」だった。優秀なイェーガーパイロットとして、何かとローリーのことを気にかけている。そして棒術の訓練で手合わせをした際、お互いにベストパートナーとなれると確信したことで、二人でジプシー・デンジャーを動かすパイロットになる。
  • 蛇腹剣でオオタチを下す時の「これは私の家族のために」という発言の「家族」には、共にオオタチに敗れ、無念の死を遂げたタン兄弟カイダノフスキー夫妻等も含まれている事をデル・トロ監督が明かしている。
  • イェーガー乗りとしての先輩にあたるストライカー・エウレカのパイロットのチャック・ハンセンからは、操縦テストでジプシーを暴走させかけた為に「素人」呼ばわりされてしまう(これに対してローリーが激怒し、2人は殴り合いの喧嘩にもつれ込んだ)。

関連タグ編集

パシフィック・リム

ローリー・ベケット / スタッカー・ペントコスト / ジプシー・デンジャー

森マコ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 640288

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました