ピクシブ百科事典

オブシディアン・フューリー

おぶしでぃあんふゅーりー

オブシディアン・フューリーとは、2018年のSF映画『パシフィック・リム:アップライジング』に登場するイェーガーである。
目次[非表示]

※この記事には、『パシフィック・リム:アップライジング』のネタバレが含まれます











概要

中国の天才美女科学者リーウェン・シャオ率いるシャオ産業が開発した無人機イェーガー「ドローン・イェーガー」の採用可決を決める会議が開かれたシドニーを襲撃した謎のイェーガー。
かなりの重武装であり、単純な武装の数ではジプシー・アベンジャーのように全イェーガーでも多い方である。また、武装の組み合わせや見た目は、ジプシー・デンジャーを核にストライカー・エウレカクリムゾン・タイフーンチェルノ・アルファの意匠が入ったような部分もある。

装備は、クリムゾン・タイフーンのような旋回可能な下半身、背中の電波妨害装置、腕部の粒子砲、胸部からの粒子砲、二刀流のプラズマチェーンソー、ガントレットのクロー、フィンガークロー、6門のエア・ミサイル・「サルボ・ランチャー」を両肩に装備。サルボ・ランチャーはプラズマミサイルでもある。

PacificRim: Uprising


シドニーでは、護衛として配備されたジプシー・アベンジャーが人命や街への被害を考慮した上での戦闘をすることもあり、互角以上の戦いを繰り広げた。そして、会議のために訪れていたマコ・モリをはじめ多くの人々を殺害して逃亡、この騒動によりドローン・イェーガー採用が決定した。
その後、マコが死の間際に残したメッセージから、アラスカまたはシベリアの廃止されたイェーガーの燃料工場にオブシディアン・フューリーに関する秘密が隠されていると突き止めたPPDCはジプシー・アベンジャーを出動させ、そこで証拠隠滅および待ち構えていたオブシディアン・フューリーを死闘の末に撃破することに成功する。









だが、開かれたコックピット内部に人間のパイロットはおらず、代わりに怪獣の第二の脳が詰まっており、ジプシー・アベンジャーのパイロットであるジェイク・ペントコスト達を驚愕させた。基地に回収された機体をハーマン・ゴットリーブらが調べた結果、内部は怪獣の細胞や神経で埋め尽くされており、「イェーガーと怪獣のハイブリッド」か「サイボーグ怪獣」とでも形容すべき存在だったことが判明する。

さらに、機体内部に無断で侵入した訓練生アマーラ・ナマーニが、機体のパーツや造りがシャオ産業のものであることを見抜いたことで、リーウェンらが何らかの事情を知っていると判断したPPDCはハーマンをシャオ産業本社へ向かわせる。しかし、真犯人は全く別の人物であった

関連イラスト

オブシディアン・フューリー
Gipsy Avenger



関連タグ

パシフィック・リム:アップライジング イェーガー(パシフィック・リム)
ドローン・イェーガー:オブシディアン・フューリーと同じくシャオ産業製の量産型イェーガー。ただしこちらは「正規品」としての偽装を施されており、同社のシャオ社長すら見抜けなかったフューリー以上のブービートラップが仕込まれていた。

KAIJU サイボーグ ロボット怪獣

ブラックオックス

pixivに投稿された作品 pixivで「オブシディアン・フューリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13949

コメント