2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

グレンラガン

ぐれんらがん

「天元突破グレンラガン」に登場する、ロボット「ガンメン」の名称。および、作品そのもののことも指す。
目次[非表示]

概要

カミナたちが獣人からかっぱらった「グレン」(旧名・ギャンザ)とかつて螺旋族が生み出した「ガンメン」の「ラガン」が合体して生まれた巨大ロボット……と書いてはいるが、実際の身長は5m程度とされている。
数あるロボットアニメの中でもかなり小さめの主人公機(※)だが、まさかロボットアニメ史上ぶっちぎり最大の主人公機になろうとは誰が予測できただろうか。

※これより小さい有人主人公機は『忍者戦士飛影』の飛影(3.6m)、『魔神英雄伝ワタル』の魔神龍神丸(3.75m)、『装甲騎兵ボトムズ』のスコープドッグ(3.8m)くらいであろうか。

第1部では主にカミナが操縦しており、第2部ではシモンおよびロシウが操縦を担当している場面があった。第3部以降はヴィラル大グレン団に加入し、グレンの後任パイロットに着任、シモンとブータと共に操縦する。
グレンに搭乗者がいなくてもラガンだけで操縦は可能だが、機体の真価を発揮することは出来ない。
単体ではを飛べないが、獣人軍の空戦用ガンメンを取り込みグレンウィングへと変化させた事で飛行が可能となった。

男のロマン過積載された至極の1機であろう。

このロボットのキモとなっているのは頭部に位置するラガンであり、搭乗者の螺旋力によってエネルギーを引き出し、ドリルを突き刺すことであらゆるガンメンを取り込んで進化することが出来る。
グレンラガンは寄せ集めガンメンであるグレンにラガンが合体することで進化した形態なのである。
機体自体は特別大した能力を持たないが、搭乗者自身の気合いと根性で無限に強くなるという、他に類を見ない珍しいロボットである。

搭乗者であるシモンの螺旋力によって能力が大きく左右されるという特徴があり、シモンの闘志が燃え上がると無敵の強さを誇るが、反面彼の精神が不安定になると能力も下がってしまう。
ちょっとした傷程度なら螺旋力によって自己修復することも可能。
武器や必殺技も螺旋力に応じて変幻自在に変わるため、多種多様な戦闘を可能としている。

武装・必殺技

・火の車キック
・トロイデルバースト
・グラサンカッター
・スカルブレイク
・フルドリライズ
・グレンブーメラン
ギガドリルブレイク

派生機体


アークグレンラガン

超弩級戦艦アークグレンとグレンラガンが合体した形態。

超銀河グレンラガン

月に擬態していたロージェノムの旗艦カテドラル・テラと合体変形したグレンラガン。

天元突破グレンラガン

グレンラガンを核として大グレン団の生き残り達が螺旋力を全開にして合体した形態。

超天元突破グレンラガン

劇場版に登場。
アンチスパイラルが放ったインフィニティビッグバンストームの膨大なエネルギーを丸ごと螺旋力に変換し、その力を全て取り込んだグレンラガンが到達した究極形態。

グラパール

グレンラガンから得られたデータを元に開発された量産型グレンラガン。
螺旋力エンジンを再現出来なかったので、この機体はガンメンではない。

グレンダンラガン

アニメ『天元突破グレンラガン』15周年を記念に作られたグレンラガンがキングキタンDXダヤッカイザーツインボークンソーゾーシンアインザーキッドナックルモーショーグンの7体(キングギタンの武器になっているキヤルンガを含めたら8体)のガンメンと無限合体した形態。

関連タグ

天元突破グレンラガン
Wikipedia

他の記事言語

Gurren Lagann

関連記事

親記事

ガンメン がんめん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38241038

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました